2019年 買って良かった犬のグッズ 10選

ペットショップとブリーダーどっちが良いの?【解説】

こんにちわ、藤ト(@fujikennel)です。

子犬を迎え入れようと思った時って、ペットショップとブリーダーの、どっちを選べば良いのか悩みますよね。

飼い主

どっちから子犬を迎え入れるのが良いんだろう?

ペットショップとブリーダーには、それぞれメリット&デメリットがあるので、分かりやすくまとめて、解説していきます!

記事の内容
  • ペットショップとブリーダーの、メリット&デメリット。
  • 子犬を選ぶ時にチェックするべきポイントなど。

筆者の藤トも、ペットを飼っており、ブリーダーとショップのどちらからも、子犬を迎え入れたことがあります。

それぞれのメリット&デメリットは、実体験などから熟知しているので、すべて紹介します!

ペットショップとブリーダーの違い

ペットショップとブリーダーは、子犬を販売しているのは同じですが、実際にはまったく別物だと思っています。

ペットショップとブリーダーを選ぶ時は、以下のポイントをチェックするのが、良いでしょう。

  • お店や犬舎までの距離。
  • 子犬の生活環境。
  • アフターケアの有無。

子犬の価格に関しては、ばらつきがあるので、一概にどっちが安いとは、断言出来ません。

なので、購入するさいの手軽さや、子犬が過ごしている環境、アフターケアの有無などをチェックするのが良いと思います!

愛犬

とくに子犬の生活環境は、性格形成におおきく影響するので、要チェックだよ!

ペットショップのメリット&デメリット

ペットショップから、子犬を迎え入れるメリットは、以下の通り。

  • 日本中どこにでもあるので、手軽にお店に行ける。
  • 同店舗からの取り寄せシステムがある場合がある。
  • クレジットカードが使えることが多い。

とにかく手軽に子犬を迎え入れたい人には、良いかもしれません。

また、大手チェーン店などは、ネットで欲しい子犬を見つけて、近くの店舗まで取り寄せてくれる場合もあるんです!

愛犬

クレカ支払いできるのは、とっても便利だね♪

逆に、ペットショップのデメリットは、以下の通り。

  • ショーケース内で過ごすので、社会性が損なわれがち。
  • スタッフの知識が乏しい場合が多い。
  • どうしても利益が最優先になってしまう。

ペットショップの子犬は、基本的に小さい頃から、ショーケース内で過ごすので、社会化性にかける傾向にあります。

具体的には、必要以上に人間や、他犬を怖がって、吠えたりしやすいということです。

バイトのスタッフなども多いので、専門知識にかけた人が多いのも、特徴です。

またペットショップは、ビジネス色が強いので、経営者の本音は「利益が最優先」だと思います。

愛犬

お店の経営もビジネスなので、当然の流れかもしれません・・・。

ブリーダーのメリット&デメリット

ブリーダーから、子犬を迎え入れるメリットは、以下の通り。

  • 子犬の飼育環境を見せてもらえる。
  • ブリーダーの人柄が確認しやすい。
  • 専門知識が豊富な人が多い。

一番のメリットは、子犬が母犬や兄弟と、コミュニケーションを取りながら成長できるので、社会性が身につきやすいことです。

またブリーダーは、犬の繁殖を専門にしているので、犬種ごとの特徴や、飼い方なども熟知しています。

もちろん、全員が優良なわけではないですが、犬舎見学をしてブリーダーの人柄を、しっかりチェックしましょう!

愛犬

兄弟犬などと、コミュニケーションをとることで、遊び方やマナーを覚えるんだよ。

逆に、ブリーダーを選ぶデメリットは、以下の通り。

  • 犬舎が、遠くにあることが多い。
  • クレカ対応が少ない。

ショップと違って、ブリーダーはチェーン店などが存在しないので、運がわるいと、他県までいかないと行けません

また、クレジットカードも、おそらく使えないので、支払いがやや不便なのがネックです。

愛犬

まあ、年に数回、子犬を売るだけだから、クレカ対応させる意味がないよね。

ペットショップとブリーダーの選び方

結局のところ、ペットショップとブリーダーは、どちらを選べば良いのでしょうか?

ここまで解説してきた、メリット&デメリットを踏まえ、選び方を紹介します!

ペットショップを選ぶべき人

以下のような人は、ペットショップが向いています。

  • なるべく手軽に子犬を買いたい人。
  • とりあえず可愛い犬が飼えれば問題ない人

良くもわるくも、ペットショップは、子犬に対して、深いこだわりがない人向けだと思います。

ブリーダーを選ぶべき人

以下のような人は、ブリーダーが向いています。

  • 問題行動を起こしくい、お利口な犬に育てたい人。
  • コミュニケーション能力を求める人。
  • 育ての親の質が気になる人。

子犬がどんな環境で育ったのか、大きくなったら、どのような犬に育つのか、しっかりチェックしたい人はブリーダーを選ぶべきです。

理由は、犬舎見学をすれば、母犬がみれるので、将来の姿などもだいたい分かるからです。

子犬の情報を、おおく入手した状態で迎え入れができることが、ブリーダーを選ぶ最大のメリットだと思います。

藤ト

個人的には、圧倒的にブリーダーがおすすめです!

ブリーダーorペットショップ まとめ

いかがだったでしょうか?

今回は、「子犬はブリーダーから迎え入れる方が良いと思います」という話でした。

みなさんも、いろんな視点でよく考えてから、子犬選びをしてみて下さいね。

それでは以上になります。
何かありましたらTwitter(藤ト@fujikennel)までどうぞ!

犬のブリーダー|正しい選び方と実体験から語る注意点 安い犬を買うのはお得?メリットやデメリットを解説。 犬を飼う前にチェックして欲しいこと ペットショップの子犬や子猫の販売は悪?ブリーダーが正義? なぜ犬のブリーダーを選ぶのがいいの?失敗しない見極め方を紹介

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です