2019年 買って良かった犬のグッズ 10選

オリジン ドッグフード(オリジナル)|評価や、最安値での入手法

オリジン ドッグフードとは?
  • 肉と魚の割合が85%。
  • 穀物不採用(グレインフリー)。
  • 太りやすい炭水化物を制限(20%)。
評価ランクAランク(4.4点)
主原材料鶏肉、七面鳥など
栄養基準
(AAFCO)
クリア
好ましくない素材なし
危険な素材なし
公式価格(税抜)

340g=1,300円

2kg=6,000円

6kg=14,500円

11.3kg=21,000円

適応犬種全犬種・子犬から高齢犬まで

【ORIJEN オリジン】

こんにちわ、藤ト(@fujikennel)です。

愛犬に、動物性タンパクが豊富なドッグフードを与えたいと思っている人は、多いのではないでしょうか?

また、原材料の安全性などを、気にしている人も多いと思います。

飼い主

美味しいお肉をしっかり含んだ、安全なドッグフードで、おすすめな商品を知りたいな!

もう答えから言うと、お肉がたっぷりで、安全性が高いドッグフードといえば、僕の中では「オリジン」がダントツで一番です。

理由は、オリジンのドッグフードは、肉や魚を85%も使用しており、犬の安全をしっかり考慮した商品だからです。

MEMO
オリジンを製造&販売しているチャンピオンペットフーズ社は、歴史のあるメーカーです。

数々の賞(人気や栄養学に関する)を獲得しており、信頼性の高いメーカーだと思います。

オリジンのドッグフードは、僕も愛用している餌なので、選んでいる根拠などを含め、レビュー&評価していきます!

記事の内容
  • オリジン ドッグフードの成分/安全性/価格(コスパ)など。
  • 実際の商品レビューや、選んだ理由など。

藤犬舎ブログでは、有名なドッグフードの調査を行っており、現在は約80種類いじょうの商品を評価しています。

オリジンのドッグフードは、僕も愛用しているので、飼い主目線での意見なども踏まえ、徹底評価していきます!

オリジン ドッグフードとは?

冒頭でもすこし紹介しましたが、オリジンのドッグフードには、以下のような特徴があります。

  • 肉と魚の割合が85%と、かなり豊富。
  • 穀物を一切含まない。
  • 高GI値(血糖値が上がりやすい)炭水化物を20%に制限。
  • 商品のバリエーションが豊か。

オリジンの良さは、なんと言っても動物性タンパクの豊富さと、安全性の高さにあります!

愛犬の筋肉や元気をしっかり維持しつつ、穀物アレルギー&消化不良を起こす心配がありません。

また、血糖値が上がりやすい炭水化物を制限しているので、肥満のリスクを下げることも出来ます。

愛犬

商品のバリエーションが豊富なので、愛犬に適した餌を選べるね♪

オリジンの商品の選び方

オリジンには、全8種類の商品があり、それぞれ選び方が違います。

適応犬種や、使用している肉などが全然ちがうので、選ぶのは簡単です!

オリジン ドッグフード|全8種類ある商品の比較や、選び方
※商品の選び方は、こちらの記事で解説しています。

よく分からない場合は、スタンダードな「オリジン オリジナル」を選ぶのが良いと思います。

オリジンの成分や原材料

今回は、全商品を代表して「オリジン オリジナル」の評価をしていきます。

成分成分率乾燥重量比
粗タンパク38%以上約42.5%
粗脂肪18%以上約20%
粗繊維4%以下約4.5%
オメガ6脂肪酸3.3%以上
オメガ3脂肪酸0.8%以上
水分12%以下
原材料リスト
新鮮鶏肉, 新鮮七面鳥肉, 新鮮イエローテイルカレイ, 新鮮全卵, 新鮮丸ごと大西洋サバ, 新鮮鶏レバー, 新鮮七面鳥レバー, 新鮮鶏心臓, 新鮮七面鳥心臓新, 新鮮丸ごと大西洋ニシン, ディハイドレート鶏肉,ディハイドレート七面鳥肉, ディハイドレート丸ごとサバ, ディハイドレート鶏レバー, ディハイドレート七面鳥レバー, 丸ごとグリーンピース, 丸ごとシロインゲン豆, 赤レンズ豆,新鮮チキンネック,新鮮鶏腎臓, ピント豆, ヒヨコ豆, グリーンレンズ豆, 鶏肉脂肪, 天然鶏肉風味, ニシン油, 粉砕鶏骨, 鶏軟骨, 七面鳥軟骨, ドライケルプフリーズドライ 鶏レバーフリーズドライ 鶏レバー, フリーズドライ七面鳥レバー新鮮丸ごとカボチャ, 新鮮丸ごとバターナッツスクワッシュ, 新鮮ケール, 新鮮ホウレン草, 新鮮カラシ菜, 新鮮コラードグリーン, 新鮮カブラ菜, 新鮮丸ごとニンジン, 新鮮丸ごとリンゴ, 新鮮丸ごと梨, カボチャの種, ヒマワリの種, 亜鉛タンパク化合物, ミックストコフェロール(天然酸化防止剤),チコリー根, ターメリック, サルサ根, アルテア根, ローズヒップ, ジュニパーベリー, 乾燥 ラクトバチルスアシドフィルス菌発酵生成物, 乾燥 プロバイオティクス発酵生成物, 乾燥 ラクトバチルスカゼイ発酵生成物.

驚異の粗タンパク38%越えで、粗脂肪も18%とやや高めです。

ドッグフードの栄養基準も、ばっちりクリアしています!

ドッグフード栄養基準(AAFCO)
 粗タンパク粗脂肪
子犬22.5%以上18%以上
成犬8.5%以上5%以上

アクティブで、運動が大好きな犬に与えるのに、最高に適したドッグフードだと思います。

愛犬

ただ、あまり運動しない犬に、この栄養価はオーバースペックかもしれません!

オリジンは、ある程度の運動量がない犬には、不向きだと思います。

日本はせまい住宅環境で、小型犬を飼うのがメジャーな国なので、オリジン以外の餌を選んだほうが良いケースも多そうです。

ぼくの愛犬は運動量の多いボーダーコリーだから、オリジンが適しているんです!

藤ト

MEMO
皮膚や被毛を美しく保つのに役立つ「オメガ6脂肪酸」や、抗炎症作用などがある「オメガ3脂肪酸」などの、必須脂肪酸も適量ふくんでいます。

また、原材料には、さまざまな素材を含みますが、不適切な材料などはありません。

穀物不採用で、天然由来の酸化防止剤を採用しているなど、安全性には問題がありません!

オリジンの維持コスト(1ヶ月)

商品価格と、推奨給与量をもとに、1ヶ月あたりの餌代を計算しました。

超小型
5kg以下
小型犬
5〜10kg
中型犬
10〜25kg
大型犬
25kg以上
3,300〜8,000円5,300〜14,000円8,000〜20,000円15,000円〜

大きな犬には、割安の大容量商品がおすすめです!

最安(激安)で購入するには?

オリジンは、Amazonなどのネットショップでも、正規品を購入することが出来ます。

ただし、ネットで販売されている商品には、いろんな噂も存在します。

  • アウトレット品。
  • パッケージ不良品。
  • とくに害はない。

いろんな噂がありますが、個人的にはだいたい、これらは真実だと思っています。

実際にアウトレット品だったり、パッケージに傷があるなどの理由で、割安で売っているサイトも存在します。

ただ、密封されていて、賞味期限も切れていないので、そこまで神経質にならなくても良いと判断しました。

※僕の場合は、一番信頼できそうなAmazonを選んでいます。

藤ト

僕もかなり悩みましたが、いろんな可能性を考慮した上で、大丈夫と判断しました。

例えば、Amazonだと、以下のような価格でオリジン オリジナルが購入出来ます。

容量Amazon価格
(変動あり)
公式価格
(税込/10%の場合)
340g1,144円(-286円)1,430円
2kg5,280円(-1,320円)6,600円
6kg14,355円(-1,595円)15,950円
11.3kg20.790円(-2,310円)23,100円

結構、おてごろな価格で購入できます。

ドッグフードは、消耗品なので、少し安くなるだけで、かなりコストの良し悪しが変わってきます。

created by Rinker
Orijen(オリジン)
¥5,280 (2020/04/01 07:02:34時点 Amazon調べ-詳細)

オリジン ドッグフードのレビューや評価

オリジン ドッグフードは、僕が実際に選んでいる商品なので、飼い主の目線でレビューしていきます。

愛犬

食いつきや、便の調子などは、どうなのかな?

オリジンのレビュー

愛犬にオリジンのドッグフードを与える際に、実際に感じたことをまとめました。

  • 食いつきが良い。
  • ご褒美としても喜ぶ。
  • ウンチ(便)はバナナ状で、ややこげ茶色。
  • ふやかして与える方が良い。
  • 商品をローテーションしても良いかも。

犬が大好きな肉が多めなので、食いつきはとても良く、ご褒美としても十分です!

ただ粒が大きめで、原材料の種類も多いので、消化&吸収の負荷を減らすために、ふやかして与えています。

オリジン ドッグフードの粒の大きさ

※実際の粒の大きさ。

そして、便の形状はバナナみたいな感じで、ややこげ茶色くらいなので、特に問題ありません。

お肉が多めのドッグフードですが、しっかり適量の便がでるので、腸内環境なども良好だと思われます。

注意
ウンチは、黒すぎると出血や、腸内環境の乱れの可能性が考えられます。

動物病院での健康診断の結果も、もちろん良好です!

目やになどもあまり出なく、皮膚や被毛も艶があって綺麗です。

オリジンのドッグフードを食べている犬の被毛や目の状態

MEMO
オリジンは、皮膚や被毛を美しく保つのに役立つ、タンパク質や必須脂肪酸を、しっかり含むからです。

オリジン ドッグフードの総合評価

オリジンの評価
栄養価(4.5点)
(4.5)
安全性(5点)
(5.0)
コスパ(3.4点)
(3.5)
総合評価(Aランク=4.4点)
(4.5)

かなり栄養たっぷりなドッグフードですが、適している犬を選ぶので、満点にはしませんでした。

しかし、安全性は文句なしだったので、5点満点です!

ややコストが高いのが気になりますが、予算さえ許せば、アクティブ犬にぜひおすすめしたい商品です。

愛犬の元気のみなもとになるので、ぜひチェックしてみて下さいね!

【ORIJEN オリジン】

それでは以上になります。
何か質問などありましたらTwitter(藤ト@fujikennel)までどうぞ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です