2019年 買って良かった犬のグッズ 10選

人を噛む犬に人間社会のルールを教えるしつけ法

こんにちわ、藤トです。

犬の噛み癖ってしつけるのが難しくて大変ですよね。
中でも一番怖いのは人に怪我をさせてしまうことですね!
人間を噛んだ犬はすぐに処分される訳ではないですが、保健所の調査や指導が行われます。

自分や愛犬の幸せを守るためにも「人は噛んではイケない」というルールを教えるのは飼い主の義務だと思います。

この記事でわかること
・犬に人間を噛むのはイケないというルールを教える方法。

人間を噛んではいけないことを犬へ教える

子犬の甘噛みって可愛いし、あまり痛くないので許してそのまま一緒に遊んでしまう気持ちはよく分かります。
しかし、可愛いからといって気楽に構えていると、のちのち仔犬が大きくなったときに大変な事になってしまうんです。

基本的に犬のしつけを始める時期は、吸収力がある仔犬の頃が理想です、
噛み癖を治すしつけも、子犬のころから始めることで人を噛んではいけないという人間社会のルールを簡単に教えることが出来ます。
※特に柴犬は噛む犬になりやすいのでパピー期のうちにしつけましょう!

逆に甘噛みを許して一緒に遊んでしまうと”人間に噛みついて遊ぶと楽しい”という解釈をしかねません。
遊んでやりたい気持ちをグッとこらえ、心を鬼にして仔犬の将来を想ったしつけをしましょう!

遊びの中で噛まないルールを教える

犬の個性を抑えつけるしつけ(怒ったり、強制的に行動させる)は、飼い主と愛犬の信頼関係を壊します。
結果的に噛まないことを強要するのに成功しても、信頼関係が壊れた愛犬と人間とでは、互いに楽しく遊ぶということは不可能に近いです。

今回は遊びの中で人間を噛まないルールを教える方法を紹介していきます。

楽しく学べる引っ張りっこ遊び

みなさんは愛犬と引っ張りっこ遊びをしたことがありますか?
簡単に説明すると、人間と犬がおもちゃを取り合って遊ぶことです。

この引っ張りっこは犬(特に子犬)に人間を噛んではイケないルールを教えるのに適した遊びなので解説します。

<引っ張りっこ遊びの4ステップ>

  1. 犬におもちゃを見せ、興味を持って噛み付いたら褒める。
  2. 犬が噛み付いてきたら、おもちゃをゆっくり左右に揺らしながら引っ張る。
  3. それに合わせて犬が引っ張り返して来たら、互いに引っ張って遊ぶ。
  4. 1〜3中で少しでも犬の歯が手に当たったら遊ぶのを止め、放置する。

5分くらい完全に犬に構わないで無視をしてください。
時間が経てばまた遊びを再開し、また手に歯が当たったら放置を繰り返しましょう!

犬は人間との楽しい遊びの中で、歯を当ててしまうと無視されてしまうと学習し始めます。
自分で考えさせて学ばせるということが非常に大切です。
引っ張りっこ遊びは犬の歯が人間に当たりやすい状況を簡単に作れるので、噛んではいけないことを理解させやすいです。

血が出るくらい噛み癖が強い犬の対処

残念ですが、あまりにも強く噛んでしまう成犬は完全に噛み癖を直すのは困難だと思われます。
今後の選択肢として2パターン考えられます。

人を噛んでしまう状況を避ける

基本的に飼い主以外の人には触らせない。
子供が多い時間帯の散歩をなるべく避けて他人を噛んで怪我させてしまう状況を避ける方法。

また、自分も噛まれないように注意を払いながら接していきましょう。

プロトレーナーに預ける

いくらプロでも噛み癖が強い成犬を短期間でしつけるのは難しいので、長期の預かり教室に頼るのも1つの手です。
期間が長いので費用もかかりますし、確実に治る保証もないのでトレーナーの腕が信用できるのであれば預ける価値はあると思います。

まとめ

いかがだったでしょうか?
全てのしつけに言えることですが、飼い始めたその日から将来を見据えて犬にしつけをしてあげることが互いに幸せに生きて行くうえで大切なのではないかと思います。

噛み癖も、仔犬の頃から遊びの中でルールを教えてあげることでしっかり理解してくれるでしょう。
最低限のマナーやルールを教えて、愛犬が人間社会に溶け込めるように導いてあげましょう!

それでは今回の話はこれで終わりになります。
何か質問などありましたらTwitterまで遠慮なくどうぞ
<<藤ト(fujikennel)|Twitter

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です