2019年 買って良かった犬のグッズ 10選

犬用トイレシート|愛犬に適した選び方とおすすめ商品【10選】

こんにちわ、藤ト(@fujikennel)です。

犬を室内飼いするうえで、トイレシートは必須アイテムですが、種類がおおすぎて、どれを選ぶか悩みますよね。

飼い主

何かおすすめのトイレシートってないのかな?

犬用トイレシートには、吸収性がたかいものや消臭力が強いものなど、いろんな商品があるので、値段だけで選ぶことは出来ません。

間違った選び方をすると、おしっこを上手く吸収しないことや、愛犬がつかうのを嫌がるケースも珍しくないんです!

記事の内容
  • 犬用トイレシートの失敗しない選び方。
  • よく売られているトイレシートの徹底比較【10選】。

筆者の藤トも犬を飼っており、さまざまなトイレシートを徹底比較しながら、使いやすいものを厳選してきました。

今回は僕の経験をもとに、選んで良かったトイレシートの特徴や、失敗したときのポイントなども、あわせて紹介していきます!

犬用トイレシートの失敗しない選び方

犬用トイレシートを選ぶさいに大切なのは、以下のポイントです。

  • 性能。
  • サイズ。
  • 値段(コスパ)。

理由は、性能を考えずに安さだけで選ぶと、まったくトイレシートとして機能しないこともあるからです。

また、サイズ選びも、使う場面を想定して選んだ方が、使い勝手はよくなるでしょう!

それぞれのポイントを、深掘りして解説していきます。

トイレシートの性能

トイレシートの性能は、以下の3つをチェックしましょう!

  • 吸水性。
  • 耐久性。
  • 消臭力。

吸収力がなければオシッコが吸えず、耐久性がないとシートはビリビリに破かれてしまうからです。

また、犬のおしっこには特有の臭いがあるので、消臭力があるシートを選ぶと快適になります!

①おしっこに対する吸水性

吸水性は、犬のトイレシートのなかで、もっとも重要視するべきポイントです。

なぜならば、吸水性がないトイレシートはおしっこが表面に残るので、犬の足や部屋がよごれる原因になるからです!

さらにいえば、吸水性がよわく湿ったシートの上では排泄をしたがらない犬も多いので、粗相をしてしまう可能性があがるでしょう。

トイレシートの吸水性は、ポリマーと呼ばれる素材に依存し、厚型タイプの商品ほど含有量がおおい傾向にあります!

シートからおしっこが漏れたり、逆戻り防止にもなるので、よほどの理由がない限りは、厚型タイプがおすすめです。

MEMO
具体的には、おしっこを3〜5回(150〜200cc)ほど吸収できるくらいのトイレシートが理想です。

②トイレシートの耐久性

トイレシートの耐久性は、愛犬への安全性をたかめる意味でも、気にかけておいた方がいいでしょう。

理由は、ビリビリに破いたシートの破片を犬が飲み込むと、誤嚥性肺炎や窒息死してしまうリスクがあるからです。

また、トイレシートには、さきほど紹介した吸水ポリマーが含まれているので、体内で膨張してしまうのも恐ろしい要素です。

対策としては、耐久性のあるシートを選ぶか、物理的にやぶけないようにするしかありません!

しかし、あくまでトイレシートは紙なので脆いです、確実な方法はメッシュ付きのトイレトレーを活用することです。
犬用トイレトレー|失敗しない選び方とおすすめ商品【10選】

③おしっこに対する消臭力

犬のおしっこは、猫などに比べて臭わないと言われていますが、実際には特有のにおいがします。

なので、消臭効果がついているトイレシートも、チェックしておいた方がいいでしょう!

例えば、以下のようなタイプの消臭効果がある商品が売られています。

  • 無香料タイプ。
  • 香り付きタイプ。
  • 炭による消臭タイプ。

香りがついているタイプは、逆に悪臭にかわるので嫌という意見もよく聞きます。

必須の機能ではないので、飼い主さんの好みに合わせて、決めてしまって問題ありません!

トイレシートのサイズ

トイレシートのサイズは、愛犬にあったものを選びましょう!

犬種サイズ
小型犬レギュラー
中型犬ワイド
大型犬ダブルワイドorワイド2枚

大きなサイズのトイレシートを使う分には問題ありません!

なぜなら、排泄したあとに、ポタポタ垂れるおしっこまで吸収してくれたり、失敗のリスクが減らせるからです。

愛犬

例えば、リビング用のトイレトレーだけ大きめにするのもアリだと思うよ♪

価格(コストパフォーマンス)

トイレシートは、「性能とコスパのバランス」がとても大切な消耗品です。

犬を室内飼いするのであれば、ずっと必要なアイテムなので、維持費をかんがえないと、膨大なコストがかかってしまうからです!

しかし、トイレシートの性能は妥協しないほうがいいので、場面によって使い分けるのがおすすめな節約方法です。

MEMO
具体的には、留守番には厚型でおしっこを吸収しやすいものを、飼い主がいるときは普通のトイレシートを使うなど。

すぐにシートを交換できる条件なら、無理して吸水性がたかい商品をつかう必要はありません!

犬用トイレシートの10商品の徹底比較

ここまで紹介してきた、失敗しない犬用トイレシートの選び方にそって、10種類の商品をピックアップしました。

すべての商品を実際に用意し、吸水性や耐久などの調査をおこない、徹底比較しています。

STEP.1
吸水性テスト
擬似尿を300cc用意し、シートに流して、吸水力をチェックします。

同時に、シートの端にも擬似尿をながし、縁漏れチェックも行います!

トイレシートの吸収力テスト

STEP.2
耐久テスト
犬が爪に見立てて、ドライバーで表面を引っ掻きます。

トイレシートの耐久テスト

STEP.3
消臭力テスト
実際にトイレシートを使用し、10分後の臭いを確認します。

また、留守番をさせることを想定して、5時間放置したあとの臭いもチェックします。

それぞれ性能や安さなど、さまざまな強みを持ったトイレシートなので、順番に解説していきます!

デオシート しっかり超吸収 無香消臭タイプ レギュラー

価格1,590円(112枚)
1枚あたりのコスト約14.2円

「トイレシートは無香料が良い!」って人には、デオシートがおすすめです。

理由は、ポリマーをおおく含むので、おしっこ(150cc)を安定して吸収してくれるからです。

吸水性テストでも、トップクラスで水分を吸い、フチもれも全くしませんでした。

耐久性やコスパも非常にたかく、どんな犬にもおすすめできる商品です!

この商品の評価
吸水性
(5.0)
耐久性
(4.0)
消臭力
(3.0)
コスパ
(4.0)
総合評価
(4.0)

※「ワイドタイプ」はこちら

Amazonで購入

ネオ・ルーライフ ネオシーツカーボンセパレート

価格991円(80枚)
1枚あたりのコスト約12.4円

おしっこの臭いが気になる人には、炭(カーボン)を使った商品がおすすめです!

理由は、無香料タイプのシートに比べ、おしっこの嫌な臭いを軽減できるからです!

炭にはにおいを吸着する効果があるので、おしっこ臭を閉じ込めてくれるんです。

耐久テストにもしっかり合格しており、コスパにも優れているので、これといった弱点などはありません。

この商品の評価
吸水性
(5.0)
耐久性
(4.0)
消臭力
(4.0)
コスパ
(4.5)
総合評価
(4.5)

※「ワイドタイプ」はこちら

Amazonで購入

created by Rinker
ネオ・ルーライフ
¥964 (2020/05/23 11:12:16時点 Amazon調べ-詳細)

ネオ・ルーライフ ネオシーツ カーボン DX 犬用 レギュラー

価格6,580円(88枚×4袋)
1枚あたりのコスト約18.7円

おしっこに臭いが気になる&出来るだけ給水量が多いシートを探しているのであれば、この商品がおすすめです。

理由は、さきほど紹介した炭の商品とほぼ同じ性能で、吸収量をさらにアップさせたのがネオシーツ カーボンDXだからです!

テスト結果だけみると、カーボンセパレートと同じですが、おしっこを吸収できる量が1〜2回分ほど多いです。

なので、長時間の留守番をさせないといけない時や、おしっこの量が多いわんちゃんに適したトイレシートなんです!

おしっこの吸収スピードも早く、フチ漏れもしにくいので、おすすめ度はトップクラスで高いです。

※「ワイドタイプ」はこちら

この商品の評価
吸水性
(5.0)
耐久性
(4.0)
消臭力
(4.0)
コスパ
(4.0)
総合評価
(4.0)

Amazonで購入

「山善」1回使い捨て 薄型ペットシーツ

価格2,405円(300枚)
1枚あたりのコスト約7.5円

とにかく安さを意識するのであれば、山善のトイレシーツがダントツです!

300枚入りの大容量商品なので、1枚あたりの値段も安く、約7〜8円で使えるからです。

ただし、吸収性はひくく、小型犬で2回分ほどのおしっこしか受けきれないと思います。

耐久テストでも、数カ所が破れてしまっていたので、イタズラをする犬には不向きかもしれません!

飼い主さんが見守れる環境下でつかうのであれば、活躍する機会はあると思います。

この商品の評価
吸水性
(2.5)
耐久性
(3.0)
消臭力
(3.0)
コスパ
(4.0)
総合評価
(3.0)

※「ワイドタイプ」はこちら

Amazonで購入

アイリスオーヤマ ペットシーツ 超厚型 レギュラー

価格3,091円(200枚)
1枚あたりのコスト約14円(Amazonおトク便)

毎回トイレシートがなくなるたびに、買いに行ったり注文をするのが面倒なら、Amazonのお得便で、この商品をたのむのがおすすめです!

定期的にアマゾンが配送してくれるので、わざわざ毎回注文したりしなくても良い上に、割引価格で購入出来るようになるからです。

テストでは、吸水性には問題がありませんでしたが、耐久性がひくく簡単に破れてしまいました。

1枚あたりの値段も約14円なので、決してやすい訳ではないんですが、手間がかからない点ではおすすめの商品になります。

この商品の評価
吸水性
(3.5)
耐久性
(2.5)
消臭力
(3.0)
コスパ
(3.5)
総合評価
(3.0)

Amazonで購入

created by Rinker
Smart Basic(スマートベーシック)
¥3,091 (2020/05/23 11:12:18時点 Amazon調べ-詳細)

アイリスオーヤマ ペットシーツ 超厚型 お徳用 ワイド

価格2,885円(100枚)
1枚あたりのコスト約26円(Amazonおトク便)

さきほど紹介したトイレシートと全く同じですが、中型犬にもしっかり対応したワイドサイズの商品になります。

もちろん、お得便にも対応しており、1枚あたり約26円で使用可能です!

この商品の評価
吸水性
(3.5)
耐久性
(2.5)
消臭力
(3.0)
コスパ
(3.5)
総合評価
(3.0)

Amazonで購入

created by Rinker
Smart Basic(スマートベーシック)
¥2,885 (2020/05/24 05:18:34時点 Amazon調べ-詳細)

ペティオ (Petio) エアセレブ アロマティック ペットシーツ レギュラー

価格890円(100枚)
1枚あたりのコスト約8.9円

おしっこを消臭効果が気になる人は、アロマが香るトイレシートも選択肢に入ります。

開封前からしっかりアロマの香りがするほど、しっかりトイレシートに香りがついた商品だからです!

消臭力テストでは、数時間放置したあとでも、ほぼおしっこの匂いは感じられない程でした。

ただ、かなりアロマの匂いがするので、香りが強いのが苦手な人には不向きだと思います。

肝心の性能ですが、100mほどしか吸収出来ませんが、フチ漏れはあまりしませんでした。

耐久性もしっかりあるので、アロマな香りが好きな人にはおすすめの商品です!

この商品の評価
吸水性
(3.0)
耐久性
(3.5)
消臭力
(4.0)
コスパ
(3.5)
総合評価
(3.5)

Amazonで購入

JOYPET(ジョイペット) トイレの学習シーツレギュラー

価格1,055円(48枚)
1枚あたりのコスト約21.9円

これからトイレトレーニングをはじめようという人には、この商品がおすすめです!

理由は、シート自体に犬がトイレしやすいような臭いが付けられているからです。
※人間には感知できないほどの匂い。

テストの結果はかなり好成績で、耐久性&吸水性能ともに、とても優れた商品であることが分かりました。

1枚あたり約21.9円とやや高めではありますが、トイレを覚えるまでの間しか使わないので、あまり気にならないと思います。

誰でも簡単にマネできるトイレトレーニング法」を行いながら、活用するのがおすすめです!

この商品の評価
吸水性
(4.0)
耐久性
(4.0)
消臭力
(3.0)
コスパ
(3.0)
総合評価
(3.5)

Amazonで購入

created by Rinker
JOYPET(ジョイペット)
¥1,181 (2020/05/23 11:12:20時点 Amazon調べ-詳細)

サラリ (Salari) 瞬乾ペットシート レギュラー

価格2,578円(50枚)
1枚あたりのコスト約51円

とにかく強力な消臭効果を求めるのであれば、この商品がダントツでおすすめです!

理由は、天然ヒノキの成分を含んでおり、強力な消臭効果があるからです。

実際に行った消臭テストでも、全くおしっこの臭いを感じませんでした。

しかし、やや値段がたかく、1枚あたり約51円するので、コスト面ではやや不安です。

ただ、吸収性や耐久性のテストも問題なく、フチ漏れなども起こしにくいので、かなり高性能なトイレシートと言えるでしょう!

この商品の評価
吸水性
(5.0)
耐久性
(4.0)
消臭力
(4.5)
コスパ
(3.5)
総合評価
(4.0)

Amazonで購入

ANBURT ペットシーツ

価格2,020円(100枚)
1枚あたりのコスト約20.2円

残念ながら、今回の徹底比較でいちばんおすすめ度が低かったのは、この商品です。

理由は、吸水できる量が少なめ(小型犬2回分ほど)で、1枚あたりのコストが約20円と高めだったことです!

決してつかえないような性能ではないのですが、ほかの比較対象に勝てるようなポイントが見つかりませんでした。

どうしても気に入っていて使うのであれば良いですが、特別な理由がなければ、他の商品を選ぶのがいいと思います。

この商品の評価
吸水性
(2.5)
耐久性
(3.0)
消臭力
(3.0)
コスパ
(2.0)
総合評価
(2.5)

Amazonで購入

犬用トイレシートまとめ

いかがだったでしょうか?

犬用トイレシートは、室内飼いをするうえで必須のアイテムですが、安さがすべてではありません。

大事なのは、わんちゃんの生活スタイルにあわせて、吸水性/耐久性/消臭力/コスパなどのバランスを考えることだと思います。

ぜひ、あなたの家庭にあったトイレシート選びをしてみて下さいね!

それでは以上になります。
何か質問などあればTwitter(藤ト@fujikennel)までどうぞ!

犬がトイレを覚えやすいサークルの効果と使いやすい商品の紹介 犬のトイレの配置学|場所を覚える!トイレトレーで寝ない! 犬用トイレのしつけスプレー|選び方やおすすめ商品【10選】 犬がトイレシートを食べる|危険性や対策の紹介 トイレシートを愛犬が破く意外な理由と、その対策法を紹介します。 犬のトイレ|足裏が汚れるのを簡単に防ぐ方法の紹介
トイレのしつけに関するまとめ記事

トイレのしつけは、犬を室内飼いするさいの、基本になります。

犬を楽しく飼うのためには、必須のしつけなので、ぜひマスターして下さいね!

\CHECK NOW/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です