2019年 買って良かった犬のグッズ 10選

犬のしつけ|正しい叱り方と、間違った怒り方

こんにちわ、藤ト(@fujikennel)です。

犬のしつけにおいて、叱り方はとても重要です。

なぜなら、正しい叱り方をしないと、犬が理解してくれなかったり、思わぬ解釈をしてしまうこともあるからです。

飼い主

犬が全然いうことを聞かないんだけど、叱り方が悪いのかな?
そもそも犬の叱り方って、どうするのが正しいんだろう?

飼い主

結論からいえば、犬に正しく理解させるには、分かりやすい叱り方をしなければなりません!

犬たちは別に悪いことをしようと思って行動していないので、ちゃんと伝えてあげないと分からないからです。

今回は、犬のただしい叱り方について、分かりやすく解説していきます。

記事の内容
  • 犬を叱ることの大切さ。
  • 正しい叱り方と、間違った怒り方。

筆者の藤トも犬を多頭飼いしており、しつけや訓練の勉強をしながら、トレーニングに励んでいます。

たくさんの犬たちと一緒に生活をしているので、叱らなければいけない場面も多く、理解してもらいやすい叱り方を意識しています。

誰でも真似できる簡単なことなので、ぜひトライしてみて下さいね!

犬を叱るしつけの大切さ

犬をしつける上で、叱ることはとても大切です。

理由は、良いこと悪いことを人間が教えない限りは、犬たちは何がイケないことなのか理解することが出来ないからです!

例えば
犬はソファーなどを壊したりすることがありますが、それは狩猟本能によるものなので仕方がありません。

しかし、普段から物を壊してはいけないルールを教えることで、それらの行動を抑制することが可能になります!

人間と犬という異文化をもつ生き物たちが、楽しく共同生活していくには、お互いの性質を理解するのが大切です。

ですが犬たちに、人間の習性を理解させるのは不可能です。

なので、時に叱りながらも、お互いが共生していけるように、飼い主が愛犬を導いてあげましょう!

愛犬

例え叱られても、しっかり導いてくれる飼い主さんに付いていくよ♪

正しい犬の叱り方

犬をしつけるのに、叱ることも大事と説明しましたが、叱り方には気をつけないといけません。

犬の正しい叱り方は、「短く一言で伝える」ことです!

理由は、悪いことをしたとさえ理解させれば、オペラント条件付けにより、しっかり学習してくれるからです。

あらかじめ飼い主さんのなかで、良いこと&悪いことのルールを決めておいて、それに反したときだけ、短く叱ればOKです。

愛犬

悪いことをしたってことさえ伝えれれば、それでOKなんだよ!

犬にしてはいけない叱り方

犬にしてはいけない叱り方も、知っておいた方が良いと思います。

  • 長々と説教しない。
  • 済んだことを怒らない。
  • 中途半端な叱り方をしない。
  • 痛みや恐怖をあたえるのはNG。
  • 感情まかせで怒ってはいけない。

要するに、一貫性がなかったり、体罰のような叱り方は意味がないということです。

ただの感情まかせや、無茶苦茶な叱られ方をしても、犬は理解できないからです。

注意
しかし、撫でたりニコニコしながら叱っても、犬たちは褒められていると捉えるでしょう。

さじ加減が難しいですが、中途半端は叱り方は逆効果になる場合があると知っておいて下さい。

また、犬が悪いことをしたら、その瞬間に叱らないと意味はありません

なぜなら、済んだことなんて犬たちは覚えていないので、反省のしようがないからです!

愛犬

まとめると、悪いことをした瞬間に、一言で伝えるのが効果的ってことだね!

少しきつめの叱り方

犬によっては、性格や興奮状況などによって、言葉だけでは叱り方として不十分なときがあります

具体的には、叱っても言うことを聞かずに、好き勝手しているような状態です。

そのまま放置してしまうと、叱られても無視していれば怒られないと犬が学習するので、キツめの叱り方をする必要があります

①マズルコントロール

一般家庭が飼っているわんちゃんに対しては、このマズルコントロールがおすすめです。

理由は、犬に痛みや恐怖を与えずに、悪いことをしたと伝えやすい叱り方だからです!

マズルコントロールのやり方
  • 犬のマズルを少しキツめに握る。
  • 同時に、反対の手で首を支える。
  • 「ダメ!」と一言伝える。

愛犬が暴れるようだったら、そのまま無言でマズルを掴んでいて下さい。

大人しくなったら開放し、悪いことをしたからマズルを掴まれたと理解させましょう!

ただし、痛がるほどマズルを握る必要はないので、犬が自由に動けないていどの力でOKです。

②犬の自由を奪うやり方

こちらの方法は、訓練士の人たちが使うような方法なので、あまり一般家庭むけではありません。

ただ、大型犬などの力強い犬でも、コントロールしやすいので知っておくと便利です!

犬を自由を奪う叱り方
  1. 犬の首の皮を握る。
  2. 腰からお尻あたりの皮を握る。
  3. そのまま下に押し倒す。

キツイやり方なので、僕自身は愛犬たちに行ったことがありません。

しかし、大きな犬を正しく育てるには、有効な叱り方なのは間違いないです。

理由は、首とお尻の皮を持たれて地面に押し付けられると、犬たちはなかなか抵抗できないからです!

例えば、女性の訓練士さんたちなどでも、シェパードなどの大きな犬を押さえつけれる方法なんです。

愛犬

まあ、なかなか実践することはない方法だと思うけどね!

犬のしつけ(叱り方)まとめ

いかがだったでしょうか?

今回は犬を叱る大切さや、ただしい叱り方についての解説でした。

犬と楽しく暮らすために、ただしく叱ることってすごく大切なんです!

褒めるしつけを重点的におこないのが基本なのは間違いないですが、犬が悪いことをしたときは、ただしく叱るのも愛情だと思います。

それでは以上になります。
何か質問などあればTwitter(藤ト@fujikennel)までどうぞ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です