2019年 買って良かった犬のグッズ 10選

犬のボール遊び|誰でもとってこいが習得できるしつけ法

こんにちわ、藤ト(@fujikennel)です。

愛犬とのボール遊びは、とても楽しいですが、なかなか「取ってこい」が出来ないこともあると思います。

他にも、咥えたおもちゃを離さなかったり、まったく興味を示さなかったり、意外とボール遊びに関する問題は多いです!

飼い主

ボールを投げても、持ってきてくれないんだよね。
うちの子にボール遊びは無理なんだろな・・・。

飼い主

このようなボール遊びの失敗には、実はハッキリとした原因があります。

犬にとって、ボールを追いかけたり、噛み付いたりすることは、狩猟本能に基づいた行動です。

しかし、捕らえた獲物を、飼い主にわたすという本能はないので、上手くボール遊びができない状況が生まれるんです!

今回の記事では、誰でもかんたんに犬とボール遊びが出来るようになるしつけ法を紹介します。

記事の内容
  • 犬とボール遊びをするメリット。
  • 誰でも犬とボール遊びができるようになる方法。

実は、ぼくも昔はボール遊びを、犬に教えるのがすごく苦手でした。

しかし、いろんなしつけ法を試したり、訓練本を読んでいくうちに、犬たちの気持ちに寄り添うことが大切だと知りました。

犬にボール遊びを教えるのは、きびしい躾やトレーニングではなく、犬にとって当たり前のきもちを知ることだったんです!

犬とボール遊びをするメリット

犬とボール遊びをすると、以下のようなメリットがあります。

  • 狩猟本能をみたせる。
  • いろんなしつけが出来る。
  • 限られた範囲で十分あそべる。

犬の狩猟本能をみたしつつ、限られたスペースのなかで、思いっきり遊ばせることが出来るようになります。

また、ボール遊びを通して、いろんなしつけが出来たり、飼い主との良好な関係性をつくる事も出来るんです!

愛犬

ただしい遊びは、効率のいい学びにもなるんだよ♪

ボール遊びで出来るしつけの種類

犬とのボール遊びで、効率よく学べるしつけは以下の通りです。

  • ちょうだい。
  • とってこい。
  • レトリーブ。
  • 物に興味をもたせること。

これらのしつけを行うことで、犬がボールを離さない・持って来ない・興味をもたないといった悩みが解決できます。

すべて今回紹介するしつけ法のなかで、自然に覚えることができるでしょう!

つまり、実際にボールを使いながら、遊び方を教えていくんだね!

愛犬

犬にあったボールの選び方

犬とボール遊びをする際には、しっかり安全面に考慮して、以下のような商品を選ぶ必要があります。

  • 犬専用のボール。
  • しっかり耐久性がある。
  • 誤飲できないサイズを選ぶ。

ボールに限った話じゃないですが、犬と遊ぶさいは必ず安全面を考慮して、おもちゃを選びましょう!

犬種にあったサイズの、犬用ボールを選ぶのが無難だと思います。

犬にボール遊びを教える方法

犬にボール遊びを教えるさいは、さきに「おいで」を教えておくと、スムーズに進みます。

今回は、犬におもちゃへの興味を持たせるところから、ボールを持ってくるようになるまでのしつけ法を、詳しく解説します!

STEP.1
「おいで」を教える
ボールを持ってくるようにしつけるには、呼び戻しができないといけません。

おやつで興味を引いて、犬が戻ってこれたら「おいで」と言いながら、ご褒美を与えましょう!

※繰り返すことで、犬がしっかり戻ってくるようになります。

STEP.2
ボールを好きにさせる

犬のちかくで、ボールを動かしたり、音を鳴らして興味を引きます。

興味をもたない場合は、おもちゃの種類(ロープやコング等)を変えると、うまくいくことが多いです!

犬がおもちゃに噛み付いたり、興味をもてば、褒めてあげましょう!

STEP.3
「ちょうだい」を教える
犬がおもちゃに噛み付くようになったら、「ちょうだい(離せ)」を教えましょう!

色んな方法がありますが、おやつを犬の口に近づけて、ボールと交換してもらう方法がおすすめです!

STEP.4
近くにおもちゃを投げてみる
ここまでの流れがマスターできたら、1mほど前にボールを転がしてみましょう!

犬がボールを咥えて、「おいで」のコマンドで戻っていたら、しつけ完了です!

※これら一連の流れを、レトリーブと言います。

愛犬

もしこの方法が上手く行かないのなら、次章で対策法を紹介してるから、読んでみてね!

犬がボールを持って来ない場合

犬がボールを持って戻ってこないのには、以下のような理由があります。

  • 1人で遊ぶのが好き。
  • ボール遊びが楽しくない。
  • おもちゃを渡したくない。

犬とボール遊びをするには、お互いに楽しんでいる状況を作らなければいけません。

なぜならば、楽しくないのであれば、犬はあなたにボールを渡す意味がないからです!

なので、ボール遊びを成功させるには、愛犬に飼い主と遊ぶ楽しさを教えるのが大切なんです。

犬と飼い主が楽しく遊べる関係をつくる方法

犬と飼い主が、楽しく遊べる関係を作るには、以下のポイントを守りましょう!

  • 遊びの時間は10分ほどに留める。
  • おもちゃを与えっぱなしにしない。
  • 絶対に無理やりおもちゃを奪わない。

犬の集中力は、約10〜15分ほどしかもたないので、あまり長く続けると、飽きてしまう原因になります。

また、おもちゃを与えっぱなしにすると、飽きるだけでなく、1人で遊ぶのが楽しいと思うきっかけになりがちです!

無理やりおもちゃを奪っても、犬はあなたを避けるようになるだけなので、絶対にしてはいけません。

これらのポイントを守ることで、犬にとってあなたと遊べる10分が貴重なものとなるでしょう!

犬とより良好な関係を作るには、このように最低限の「遊びのルール」を設けるのが大切なんです。

あえて盛り上がるタイミング(10分)でやめることで、次にもっと遊びたいと思うようになるよ!

愛犬

犬のボール遊びのしつけまとめ

いかがだったでしょうか?

犬とのボール遊びは、運動になるだけでなく、とても楽しいです!

ただし、飼い主だけが楽しむなのではなく、犬の気持ちまで考えてあげると、遊びの質はどんどん向上していくでしょう。

理想通りにいかないこともあると思いますが、冷静になって犬の心情を考えてみると、意外とすんなり上手くいくものですよ!

【厳選5選+α】初心者でも犬のしつけが上手くなれる本 犬のしつけに役立つグッズ【失敗しない選び方の紹介】 【注意】犬のしつけに便利なコングは、安易に使うと悪影響を与えます 犬のしつけは英語がおすすめ!理由や便利なコマンドの紹介 犬のしつけに最適なご褒美の選び方|おやつや褒め方の解説

それでは以上になります。
何か質問などあればTwitter(藤ト@fujikennel)までどうぞ!

藤犬舎のしつけ法まとめ(動画解説付)

しつけは、犬と人間が楽しく過ごすうえで、絶対に必要なことです。

動画でみた方が圧倒的に分かりやすいので、ぜひチェックしてみて下さいね!

\CHECK NOW/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です