2019年 買って良かった犬のグッズ 10選

犬のクレート|おすすめの選び方と旅行に便利な商品

こんにちわ、藤ト(@fujikennel)です。

愛犬と一緒にアウトドアや旅行などへ出かける時は、クレートを活用するのがおすすめです。

理由は、愛犬が好き勝手あばれたりする心配もなく、飛行機などの公共の乗り物に同乗することが出来るようになるからです!

飼い主

便利なのは知ってるけど、種類やサイズが多くて、犬のクレートの選び方が分からない。

クレートが役に立つということは知っていても、サイズや種類をえらぶのに、困っている人は、意外とおおいようです。

また、ベッドとして活用するクレートの選び方って、何か違ったりする?

飼い主

結論から言うと、移動に使う時や、寝床としてのクレートの選び方に、とくべつな違いはありません!

ただ、犬種や愛犬のサイズに合わせた選択は、とても重要です。

今回は、サークルのおすすめな選び方や活用法などを紹介します。

記事の信憑性
筆者の藤トも犬を飼っており、いままでいろんなクレートを購入してきました。

僕は、アウトドアやフリスビーの練習などに行くために、よくクレートを活用するのですが、とても役にたってくれています!

当記事では、実際の飼い主の観点から、おすすめのクレートの選び方などを、解説しています。

犬のクレートの使い方

犬のクレートには、以下のような使い方があります。

  • アウトドアなどの移動中に入れる。
  • 寝床(ベッド)として与える。

どちらもシンプルな内容ですが、犬のしつけの観点でも、かなり役に立ちます!

愛犬が、自分の居場所を手に入れ、安心して過ごせる空間になるので、ぜひ「クレートトレーニング」に挑戦してみて下さい。

愛犬

数分でおわる、簡単なトレーニングだけど、効果は絶大だよ♪

旅行などの移動時の使い方

アウトドアや旅行に、愛犬と一緒に行く場合は、クレートがとても役立ちます。

車のなかで、犬をフリーにさせると、万が一の事故が起きた時に、ケガや脱走をするリスクがあります。

また、クレートを活用することで、犬が飛行機や電車などの、公共の乗り物に同乗できるようになります!

愛犬

クレートは、犬との安全な旅に、欠かせないね!

寝床(ベッド)としての使い方

犬は、狭くてくらい場所を、寝床にこのむ性質があるので、クレートはとてもマッチしています!

中に毛布やマットを敷いて、愛犬用のベッドにするのも、良いでしょう。

また、日常生活のなかで、クレートを活用することで、以下のようなメリットがあります。

  • 落ち着いて過ごせる空間になる。
  • トイレトレーニングの成功率UP。
  • 権勢症候群の回避(重要

トレーニングを行えば、クレートは犬が安心して過ごせる空間になります。

また、トイレと居住スペースをはっきり区別できるので、排泄の成功率がかなり向上するでしょう!

犬を自由にさせすぎると、飼い主のいうことを聞かなくなる場合があるから、権勢症候群には注意だよ!

飼い主

【よくある質問】

飼い主

寝る時は、クレートのドアを閉めてもいいの?トイレは我慢させるってこと?
解説
基本的には、寝る時はドアをしめていいと思います。

理由は、夜は犬も寝ているし、数時間ていどなら問題なく我慢できるからです。

ただし、子犬は排泄回数が多いので、中にトイレシートを敷いたり、ドアを開けておくべきでしょう!

サークルとクレートの使い方の例

図のように、サークル内にドアを外したクレートを配置するのも、おすすめです!

犬のクレートの選び方

クレートには、固さや使い勝手が違う、いろんな種類の商品があります。

また、商品によって、サイズも全然ちがうので、愛犬にあったものを選びましょう!

クレートの種類

クレートには2種類あり、柔らかいソフトタイプと、硬いハードタイプが存在します。

それぞれメリット&デメリットがあるので、目的に合ったものを選びましょう。

①ソフトタイプのクレート

ソフトタイプのクレートの特徴を、まとめました。

  • 軽くて、持ち運びがしやすい。
  • 通気性がいい。
  • 収納性が高い。
  • 臭いや、汚れが落ちにくい。
  • 耐久性がない。

とても軽くて、女性などでも簡単に持ち運びできるのが、ソフトタイプのクレートの魅力です。

また、使わないときは、コンパクトに収納できるのも、便利です!

ただ、こびりついた汚れが落ちにくく、耐久性はまったくありません。

愛犬

耐久性がないクレートは、事故などのさいに、犬を守ることが出来ないのが弱点なんだよ。

②ハードタイプのクレート

ハードタイプのクレートの特徴を、まとめました。

  • そこそこ耐久性がある。
  • 汚れを落としやすい。
  • 飛行などにも乗れる。
  • 持ち運びしにくい。

最低限の耐久はあるので、犬への安全性は、そこそこ高いです。

また汚れても、洗い流すことが出来るので、清潔をたもちやすく、臭いなども残りにくいです!

基準を満たせば、飛行機などにも乗れるので、ハードタイプのクレートは、1つは持っておきたいアイテムです。

クレートの適正サイズ

クレートのサイズ選びは、とても重要です!

犬は、暗くてせまい場所を好む習性があるので、やや小さめのサイズを選ぶと良いでしょう。

また、移動時に愛犬より大きなサイズのクレートを使用すると、危険なのでやめましょう!

具体的には、犬がクレート内でギリギリ1周回れる程度のサイズが理想です。

愛犬

クレートが広すぎると、急ブレーキなどで、中の犬へ衝撃をあたえてしまうんだよ!

子犬へクレートを与える場合

クレートは、子犬のころから与えるのがベストですが、成長して体が大きくなれば、使えなくなることもあります。

はじめから買い換えるつもりであれば問題ないですが、1つで済ませたい場合は、将来を見越したサイズ選びをしなければなりません!

購入前には、将来の体重などを調べたりして、計画的にサイズを選びましょう。

藤ト

僕は、中型犬のクレートを1つで済ませていますが、少し狭くても、綺麗に足をたたんで中に入ってくれますよ♪

おすすめのクレート【犬種サイズ別】

愛犬のサイズによって適したクレートが変わるので、それぞれおすすめの商品を紹介していきます!

また、クレートは以下の条件をより多く満たした商品を評価しています。

  • 性能やコスパの高さ。
  • 使い勝手。
  • 高評価のレビューや、口コミ。

ソフトタイプのクレートは、見た目などでも大きく好みが分かれるので、別の記事で解説しています!

犬のクレート |ソフトタイプのおすすめ商品【3選】

今回は、ハードタイプのみの紹介を、行っていきます!

サイズ別にピックアップしているので、愛犬の大きさなどにあわせて、チェックして下さい。

超小型〜小型犬用クレート

「リッチェル キャンピングキャリー S/Mサイズ」

サイズ

Sサイズ=31.5×47×28.5cm
Mサイズ=36.5×57×36.5cm

重さSサイズ=1.8kg
Mサイズ=2.4kg
カラーアイボリー/ダークブラウン/ライトピンク
原産国日本
価格Sサイズ=3,748円
Mサイズ=6,569円
amazon価格

amazonベストセラー1位の商品です。

以下の3つのポイントを高く評価しました。

  • 正面ドアが取り外し可能で、天井も開閉可能。
  • クレート自体を半分に開けれるので掃除がし易い。
  • amazonで約30〜40%割引価格で購入出来る。

操作性、掃除のし易さ、コスパの全てが良いので圧倒的おすすめ商品です!

犬のサイズによって変わりますが、基本的には超小型犬がSサイズ、小型犬がMサイズを選ぶのが良いでしょう!

必ず購入前に、愛犬のサイズを確認してくださいね。

Amazonで購入

愛犬

使いやすくて、色も3種類から選べるのが良いね!

中型犬用クレート

「リッチェル キャンピングキャリー L/XLサイズ」

サイズLサイズ=46.5×66.5×51cm
XLサイズ=62×87×65cm
重さLサイズ=5.2kg
XLサイズ=8.9kg
カラーアイボリー/ダークブラウン/ライトピンク
原産国日本
価格Lサイズ=8.260円
XLサイズ=1,7000円

小型犬用と同じくリッチェルのクレートです。
基本的には同じ性能ですが、3つ違うポイントがあります。

  • 天井ドアがなくなっている。
  • クレート自体は開かない構造になっている。
  • XLサイズのみ割引がない。

ドアがなくなっており、クレート自体も開かないのでやや掃除がしにくくなっています。
しかし、Lサイズは28%割引価格で購入出来るのが強みです!

中型犬はサイズの幅が広く一概にどれを選べばいいという基準はありませんが、XLサイズは大型犬が使用することが出来るくらい大きいです。

Amazonで購入

大型犬用クレート

小型犬や中型犬用のグッズはそこそこ種類があるのですが、大型犬用のものは数が少ないです。

先ほど紹介したリッチェルのクレートのXLサイズでも良いのですが、より大きな犬種になると入らない場合もあります。

数少ないクレートの中でも「バリケンネルシリーズ」の商品はamazonで手軽に購入出来る上に、種類も選べるのが大型犬たちにはオススメです!

「カラーバリケンネル ウルトラL」

サイズ63.5×91.4×68.5cm
重さ約9kg
適応体高22.7~31.7kg/53cm
カラー緑グレー/黒
原産国アメリカ
価格11,280円

大型犬用の大きなクレートの割に値段が安めなのでコスパ良好です。
以下のような犬種に推奨のサイズです。

  • レトリバー系
  • ボクサー
  • ハスキー

その他犬種もサイズによっては適応範囲内です!
安全性が非常に高く、国際航空輸送協会(IATA)の安全基準をクリアしており、耐久性に問題はありません!

Amazonで購入

created by Rinker
ペットライブラリー
¥14,580 (2020/07/09 05:29:07時点 Amazon調べ-詳細)

「バリケンネル ウルトラ NEW XL」

サイズ67×100×76cm
重さ約9.2kg
原産国アメリカ
価格13,300円

基本的な性能はほぼ同じですが、Lサイズより一回り大きいサイズのバリケンネルです。

体重が31.7kgより重い犬におすすめの商品です。

驚きなのが、今ならamazonで68%割引の価格で購入できます!

Amazonで購入

created by Rinker
ペットメイト
¥15,580 (2020/07/09 05:29:08時点 Amazon調べ-詳細)

愛犬

大型犬用のバリケンネルは大幅割引な商品がおおくていいね♪

まとめ

いかがだったでしょうか?

クレートは、日常生活でつかえる上に、アウトドアや旅行などでも、かならず役立ちます!

犬を飼っている人すべてにおすすめしたいので、ぜひチェックしてみて下さいね。

それでは以上になります。
何かありましたらTwitter(藤ト@fujikennel)までどうぞ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です