2019年 買って良かった犬のグッズ 10選

失敗しない犬用サークルの選び方とおすすめ商品の紹介

こんにちわ、藤ト(@fujikennel)です。

昔から犬を飼っており、サークルを買っては気に入らない要素があって、買い替え(失敗)を繰り返していました。

いままで購入したサークルの数は、8個以上で、普通の人では考えられない個数です。

サークル選び失敗の原因は、何も考えず適当に購入していたことでした。

藤ト

犬のサイズや機能性などを、しっかり考えて購入していれば、2個くらいで済んだはずなんだよね。

今回は、僕の豊富な失敗経験を活かして、犬のサークルの正しい選び方を紹介します。

失敗しない犬のサークルの選び方

犬のサークルを購入する前は、どの犬種に、どんな用途で使うのかを、しっかり考えてから選びましょう。

また、サークルの選び方をジャンル分けすると、以下のようになります。

  • 犬種で決める。
  • 好みのデザインで選ぶ。
  • 機能性を重視する。
  • コスパが良いものを買う。
  • 使用用途に合わせる。

どれも大切な要素ですが、もっとも優先したいポイントを決めて、サークルを選びましょう。

愛犬

サイズや機能性も大事だけど、サークルはインテリアにもなるから、選び方が難しいんだよね。

犬種でサークルを決める

犬種でサークルを選ぶ場合は、3つのグループに分かれます。

  • 超小型犬&小型犬(レギュラーサイズ)。
  • 中型犬(ワイドサイズ)。
  • 大型犬(特別な大きさ)。

大きい&広いサークルを選べば良いように感じますが、犬は必要最低限のスペースがあれば、気持ちよく生活出来ます。

もともと犬は、狭いあなぐらを寝床にしていた生き物なので、無駄なスペースは必要ないのです。

また、広すぎると手入れが大変なので、掃除がしやすいって意味でも、最低限のスペースがあれば良いでしょう!

愛犬

犬は寝床が狭い方が、落ち着いて寝れるからね。

デザインでサークルを選ぶ

サークルは結構大きさがあり、存在感があるので、インテリアとしての役割を持ちます。

おしゃれな飼い主さんは、愛犬のグッズなどのデザインにもこだわる人が多いのではないでしょうか?

例えば、白基調の部屋などには、ホワイトカラーのサークルを購入すると、インテリアの雰囲気をさらにおしゃれにしてくれます。

また、白いサークルは種類も多いので、飼い主さんの好みにも合わせやすく、一番おすすめのカラーです!

白は部屋を明るく、清潔なイメージに変えてくれる色なんだよ♪

愛犬

サークルの機能性を重視する

サークルにも、さまざまな機能が付いた商品が存在します。

  • 屋根が付いている(付けられる)。
  • 愛犬の成長に合わせて増設できる。
  • トイレのしつけがしやすくなる。

同じサークルでも、ちょっとした違いで、使い勝手がかなり向上します。

屋根付きのサークルは愛犬の脱走対策として有効ですし、拡張が可能な商品だと成長に合わせて買い替える必要がありません!

愛犬

サークルの機能性は、愛犬の性格を考慮して選ぶのがおすすめ!

サークルのコスパで選ぶ

犬を飼い始めると、たくさんの出費が重なります。

  • 子犬(15〜30万円ほど)。
  • クレート (約1万円)。
  • 消耗品(約1万円/月)。
  • ワクチン摂取(1〜2万/複数回)。
  • 諸費用。

こんなにたくさんの費用が必要なので、追加でサークルまで購入すると、かなりの負担がかかります。

しかし、犬のサークルは、激安の商品でも良質なものは多いので、コスパ重視で選ぶのもアリだと思います!

サークルは、最低限の耐久と、広さがあれば問題ないからね♪

愛犬

サークルを使用用途に合わせる

同じサークルでも、使用用途によって、選ぶべき商品は大きく変わります。

例)サークルの使用用途。

  • 日常的に使う(ハウス)。
  • 急な来客時に待機させる。
  • 外出時に持っていく。
  • 屋外でのみ使用。
  • 気が向いた時。

日常的に使うのであれば、なるべく頑丈で安全性が高いもの。

たまにしか使わないのであれば、軽くて組み立てやすいメッシュタイプや、簡単に組み立てられる、折りたたみ式のサークルがおすすめです!

また、屋外で使用するなら錆につよいサークルを選ぶと良いですよ。

愛犬

使う場面によって、サークルに求められる条件は、大きく変わるんだよ!

おすすめの犬のサークル

ここまで犬のサークルの選び方を紹介してきましたが、用途別におすすめの商品を紹介していきます。

ぜひ、あなたの犬との生活スタイルや、愛犬に合ったサークルをチェックして下さいね!

アイリスオーヤマ ウッディサークル ホワイト

サイズ97.5×66.5×71cm
重量約13.38kg
適応犬種超小型〜小型犬
価格10,500円

木目がおしゃれな、ホワイトカラーのサークルです!

インテリアの雰囲気を壊さず、自然に部屋に馴染みやすいデザインが魅力的な商品です。

サークルも大事だけど、お部屋のイメージを大切にしたい方へ、おすすめの商品です!

created by Rinker
アイリスオーヤマ(IRIS OHYAMA)
¥11,100 (2020/09/22 15:02:21時点 Amazon調べ-詳細)

ペティオ トイレのしつけが出来る サークル レギュラー

サイズ約124×62.5×70cm
重量約16kg
適応犬種小型犬〜小さめの中型犬
価格13,213円

同じサークルのワイドサイズを、僕が実際に使用しているからこそ、どの商品よりも自信を持って紹介しています!

トイレのしつけがしやすいだけでなく、別売りの屋根を設置することで、ちょっとした収納スペースも確保できます。
※重すぎるものは置けません。

実際に見てわかるように、サークルの上に収納トレーを置いて、中にトイレシーツやおもちゃなどを入れています。

機能性が非常に高いサークルなので、誰にでもおすすめの商品です!

ペットフェンス 透明パネル 24枚セット

サイズ1枚35×35cm
価格24枚4,680円

透明パネルを組み合わて、サークルとして使用する商品です。

パネルを使ったサークルは、意外とインテリアとも馴染みやすく、おしゃれを楽しむことも出来ます。

また、サークルを買い換える時がきても、パネルを組み替えれば、収納ボックスに変形させることも可能です。

おしゃれさと機能性を兼ね備えた商品なので、コスパが非常に高いです!

ottostyle.jp 折りたたみ八角形ペットサークル Lサイズ

サイズ組立:114cm×62cm
収納:67cm×50cm
重量2.5kg
素材ポリエステル / スチール
価格5,390円

そこそこ大きいサイズのメッシュサークルなので、小さめの中型犬くらいまでなら、安定して使用可能です。

メッシュサークルの利点は、とにかく軽くて持ち運びがしやすく、組み立てが楽なとこです。

急な来客や、アウトドアなど、いろんな場面で活躍するので、1つは持っておいて損はないでしょう!

アイリスオーヤマ コンビネーションサークル 基本セット

サイズ幅 93×奥行 65×高さ 65cm
価格7,847円

このサークルは、サイズを大きくしたくなったり、トイレだけ別に増設したくなれば、追加商品を買って拡張できます。

子犬が予想以上におおきくなった場合や、サークルを広くしたくなった時に、役に立つ商品です!

犬のサークルの選び方まとめ

いかがだったでしょうか?

犬のサークルは、決して安い買い物ではないので、しっかり使用用途や適応犬種をチェックして買うのが良いでしょう!

各犬種ごとや、機能性が高いサークルは、リンク先の記事でも詳細を解説しているので、チェックしてみて下さいね。

それでは以上になります。
何か質問などありましたらTwitter(藤ト@fujikennel)までどうぞ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です