MENU

カデコリー

2019年 買って良かった犬のグッズ 10選

犬の防音ケージじゃないと、無駄吠え対策にならない理由

こんにちわ、藤ト(@fujikennel)です。

犬の防音ケージは、無駄吠えなどの問題を、かんたんに解決できるアイテムです。

ただし、値段が高いので、購入するのを躊躇してしまう人も多いのではないでしょうか?

飼い主

犬がうるさいから、防音対策したいんだけど、どうすれば良いかな?
犬の無駄吠えが原因で、近所からクレームが来て困っている。

飼い主

結論からいえば、素人がDIYなどで防音をするのは、ほぼ不可能です。

理由は、いみのある防音ケージを作ろうと思えば、音の周波数べつの対策や、完璧な密閉空間&空調管理をしなければ効果がないからです!

今回は、犬の無駄吠え問題は、防音ケージを用意しないと対策にならない理由について、詳しく解説していきます。

記事の内容
  • 犬の無駄吠えを防音するための方法。
  • 部屋の外に音が漏れない仕組みなど。
  • おすすめの防音ケージの紹介。

実は、ぼくも昔は犬の無駄吠えに悩み、防音ケージを購入するか悩んだことがあります。

僕の場合は、家を新築するさいに、部屋を防音加工することで対策したのですが、結果的に他人へ気を遣わなくて済むようになりました。

犬の防音ケージも、音をカットする仕組みは同じなので、本当に無駄吠えで苦しんでいる人には、かなりおすすめの商品だと思います!

犬の防音ケージが優れている理由

犬の防音ケージは、以下の点が優れています。

  • 空調管理ができるようになっている。
  • 高音や低音への対策が出来ている。
  • 音漏れがないように作られている。

犬の無駄吠えへの対策をするには、音が漏れないように密閉空間を作れば、一瞬で解決してしまいます。

ですが、ケージを密閉してしまうと、犬がなかで呼吸できないし、出入りも出来ません!

なので、空調管理と音漏れ対策は、万全の状態にしておかないといけないのです。

愛犬

簡単は話に聞こえるかもしれないけど、実はむずかしい話なんだよね。

犬の防音ケージの仕組み(構造)

犬の防音ケージによって構造の違いはありますが、音を遮断する仕組みは、基本的に以下のようになっています。

  • 高音は吸音。
  • 低音は遮音。
  • 厳密にいえば、減音。

周波数が高い音なら、わりと簡単に対策できますが、低い音はカットするのが難しいです。

なので、犬の防音ケージは、低音までしっかり遮断できるように、二層構造や音をカットできる仕組みになっています。

愛犬

ただ、出入口や空調を取り付けると、どうしても完璧な遮音は不可能になるよ!
まあ、それでも近隣住民に迷惑をかけないレベルの対策はバッチリできます。

藤ト

おすすめな犬の防音ケージ

犬の防音ケージは、オーダーメイドで作ってくれる会社もあります。

ただし、特注でつくったケージは、手が出せないほど高額ば場合がおおいので、Amazonなどで購入できる商品がおすすめです!

よく防音カバーなども販売されていますが、理論的に減音できるはずがないので、今回はケージのみを紹介します!

防音ケージカバーⅣ

サイズ幅102cm(+ロスナイ17cm) x 奥71cm x 高74cm(+キャスター7cm)
適応犬種92cm×63cm×68cm以下のケージに入れる犬種
価格約22,4000円
※記事更新時の価格。

※ロスナイとは、換気扇のことです。

犬のケージを、中にいれるタイプの防音カバーです。

カバーといっても、かなりしっかりした構造で、85dBを35dBまでカットできるので、実質8分の1ほどに減音することが可能です!

前面はアクリルなので、中の愛犬の様子をチェックしやすいのもポイント。

※ただ、高価すぎるのがネックになります。

Amazonで購入

ワンだぁルーム(河合楽器製作所)

サイズ幅 743×奥行 582×高さ 787
適応犬種小型犬
※個人的な意見です。
価格13,7000円
※記事更新時の価格。

楽器を制作している会社のケージなだけあって、防音性能はかなり好評です!

理論上では、犬の鳴き声(90dB)を、30dBカットする構造になっているので、騒音は約3分の1にカットさせるようになっています。

これだけ減音してくれるのであれば、寝室に置いていても、ぐっすり眠れるレベルだと思います。

肝心の使い勝手も、暑さの上昇を改善するための換気システムや、臭いを吸収&分解する酸化チタンをコーティングしています。

Amazonで購入

犬の防音ケージ まとめ

いかがだったでしょうか?

犬の防音ケージは高価な買い物ですが、無駄吠えに対して、一番てっとり早い解決策になります。

ただ、コストが高すぎるので、普通のケージを活用し、ただしい躾をして改善しているのも選択肢だと思います。

まだケージを持っていないという人には、失敗しにくい選び方や、おすすめの商品を紹介しているので、参考までにどうぞ!

それでは以上になります。
何か質問などあればTwitter(藤ト@fujikennel)までどうぞ!

犬のケージ|小型犬用の選び方やおすすめ商品(5選) 中型犬のケージ|サイズの選び方や、おすすめの商品 犬のケージ|大型犬に合わせた選び方とおすすめ商品の紹介 飛行機にも乗せられる犬の旅行用ケージの選び方 頑丈な犬のケージ|超耐久で安全性に優れた商品【10選】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です