2019年 買って良かった犬のグッズ 10選

GoProHERO7Black|犬撮影用カメラを購入したのでレビュー

こんにちわ、藤トです。

僕もyoutubeに動画を投稿するために家の外を歩きながら綺麗に撮影出来るカメラを探していました。
いろいろ悩みましたが、候補として3つの機種を検討していました。

  • GoPro HERO7 Black
  • DJI OSMO ACTION
  • DJI OSOMO POCKET

どれも優秀な機材なので、これまでOSMOアクションとゴープロ7の比較記事などを書いてきましたが、ようやく決心がついたのでGoPrpHero7Blackを購入しました。

この記事でわかること
・犬や動物の撮影に適したアクションカメラ。
・優秀なカメラ3台の特徴や違い。

GoProHERO7Blackってどんなカメラ?




今回僕が選択したGoProHEROってどんなカメラなのでしょう?
3つの大きな特徴を持つシリーズです。

  • 手ブレや動きにかなり強い。
  • コンパクトで持ち運びしやすい。
  • 防水性が高いので水中撮影が可能。

また、GoProHEROの中にも種類(グレード)が存在します。

順位機種性能
1位Black手ブレ補正◎
4K撮影可
2位Silver手ブレ能力やや劣る
4K撮影可
3位White手ブレ能力やや劣る
4K撮影不可

値段も判断材料の1つになりますが、手ブレ補正がより強い「HyperSmooth搭載」をしているのはBlackしかないので、SilverとWhiteの選択は無いと個人的には思います。

やはりGoProHEROの魅力は「HyperSmooth」の強力な電子式画像安定化機能によるジンバルを使ったような安定した映像が撮影できる点なので仕方がないですね!

GoProHERO7Blackを選んだ理由

実は今回候補にあがっている3つの機材は、どれを選んでも高性能で値段も近いのでハズレは存在しません。
それではなぜ自信をもってGoProHERO7を選択出来たのでしょうか?

3つのカメラの細かい特徴の違いをまとめました。

 GoProHERO7OSMO ACTIONOSMO POCKET
手ブレ補正強い強いより強い
画角GoProHERO7が一番広い
バッテリー交換不可
適正激しい動き全般
水中撮影
激しい動き全般
水中撮影
自撮り
食べ歩き

表で見れば一目瞭然ですが、OSMO POCKETは耐久性や防水性がないので激しい動きの撮影には不向きです。
対してGoProとOSMO ACTIONは水中撮影や屋外での激しい動きの撮影にも適しているので、犬を撮影するのに便利だと感じました。

最終的な決め手は画角の広さで、より広い画角に愛犬が走り回る姿を収めたかったのでGoProHERO7Blackを購入しました。

GoProHERO7Black

魅力画角の広さ、高い耐久性
価格48,600円

Amazonで購入


DJI OSMO ACTION

魅力タッチパネル操作が滑らか
前画面で撮影の具合を確認出来る
価格42,200円

Amazonで購入


DJI OSMO POCKET

魅力手ブレ補正が最強
コンパクトで扱いやすい
価格41,900円

Amazonで購入

GoProHERO7Blackのレビュー

実際にGoProHERO7Blackが届いたので撮影練習をしてみました。
「率直な使用後レビュー」

  • 走りながら余裕で愛犬を撮れる。
  • 軽いので撮影が苦にならない。
  • 画角が広いのでちゃんと枠内に対象が収まる。
  • 外部マイク併用で音質も気にならない。
  • バッテリーが意外とすぐ無くなった。

とにかく今までのカメラより動きながらの撮影に強い!
圧倒的な手ブレ補正に感動しました。

よくGoPro(OSMO ACTIONやPOCKETも同様)のデメリットとしてマイク性能の低さが指摘されますが、外部マイクを使用することでクリアな音声に変わります。

唯一気になったのがバッテリーが早く無くなる点(約1時間)だったので、旅行にはサブバッテリーや、充電アクセサリーの必要性を強く感じました。

使用後買い足したアクセサリー

GoProは補助アクセサリーの種類の多さがウリなので、デメリットと感じた部分を補う商品を買い足しました。

ハンドグリップ 充電機能付 自撮り棒 三脚マウント

価格2,780円

自撮り棒、三脚マウント、充電機能(5,200mAh)など役立つ機能が盛りだくさんのアクセサリーなので超おすすめです!

Amazonで購入


Ulanzi ミニ三脚

価格700円

ちょっとした高さが欲しい場合や、カメラを安定させたい時に活躍します。
自撮り棒に接続して、リーチを伸ばすことにも使えますし、撮影をするうえで三脚はかなり重要なアイテムなので、持っておいて損はないでしょう!

Amazonで購入


接続用アダプタセット

価格980円

GoPro本体と自撮り棒や三脚を接続するのに使用します。

Amazonで購入


GoPro本体のみだと持つ場所がないので撮影しにくいです。
自撮り棒があるといろいろな撮影場面でも役立ちますし、自撮りが簡単になるので流行りのVlog撮影にも活躍します!

基本的な撮影はこれだけアイテムがあれば十分なのですが、僕は音質が悪いのが嫌なので、さらに外部マイクを取り付けるためのアクセサリーを購入しました。

GoPro マイクアダプター

価格16,000円

本体と外部マイクを接続するのひ必ず必要になるマイクアダプター。
値段が高いのがネックですが、音質の確保のためと思い購入しました!

Amazonで購入


Ulanzi GoPro本体用カバーケース

価格1,388円

GoPro本体にさきほどのマイクアダプターを接続すると邪魔で持ちにくくなる弱点があります。
Ulanziの本体用カバーケースは、下部にアダプターを収納するスペースがあるので、持ち運びやすさが向上します。

Amazonで購入

まとめ

いかがだったでしょうか?
アクセサリー代を考慮すると結構な買い物になっていまいましたが、撮影能力の高さには大満足の内容でした!

僕の場合は犬の撮影ですが、GoProはスポーツやアウトドア、Vlogなどの撮影にも適したカメラなのでぜひ試してみてくださいね!

それでは以上になります。
何か質問などありましたらTwitter(藤ト@fujikennel)までどうぞ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です