おすすめグッズ ver2020

ベッツプラン ドッグフードの口コミや犬への効果まとめ

ベッツプラン ドッグフードは、ロイヤルカナンが犬用食事療法食として販売している商品です。

いろんな種類があるので、どれを選べばいいのか分かりにくいし、効果の根拠などもよく分かりませんよね。

飼い主

ベッツプラン ドッグフードって、どのような時に、与えれば良いんだろう?
犬用食事療法食って、他のドッグフードと比べて、何が違うのかな?

飼い主

ベッツプランは、他のドッグフードに比べて、選び方や与え方がすこし分かりにくい商品です。

今回は、ベッツプランの食事療法食としての効果の根拠や、失敗しない選び方について解説していきます!

記事の内容
  • ベッツプラン ドッグフードの口コミや評価。
  • 食事療法食としての効果や、その根拠など。
  • 推奨給与量や、1ヶ月あたりの餌代【犬種別】。
記事の内容
筆者の藤ト(@fujikennel)は、犬の栄養学をまなんでおり、約100種類のドッグフードを徹底評価しています。

ベッツプラン ドッグフードも、原材料/成分/価格などを細かくチェックし、食事療法食としての効果や性能を、徹底評価しています!

ベッツプラン ドッグフードとは?

ベッツプランは、以下のような性能のドッグフードです。

主原材料 鳥、七面鳥
(ウエイトケアの場合)
栄養基準
AAFCO
クリア
好ましくない素材 米、大麦、小麦、コーン(とうもろこし)、加水分解物、動物性油脂、魚油、保存料(ソルビン酸カリウム)、(ビートパルプ)
危険な素材 BHA、没食子酸プロピル
1ヶ月あたりの餌代
(目安)
超小型 = 2,300円
小型犬 = 6,000円
中型犬 = 11,000円
大型犬 = 11,000円〜
※価格や給与量での変動あり。
肉類(鶏、七面鳥)、大麦コーンフラワーコーングルテン、植物性繊維、ビートパルプ加水分解動物性タンパク動物性油脂、酵母、魚油、フラクトオリゴ糖、サイリウム、加水分解甲殻類(グルコサミン源)、マリーゴールドエキス(ルテイン源)、加水分解軟骨(コンドロイチン硫酸源)、アミノ酸類(タウリン、L-カルニチン)、ミネラル類(Cl、Na、K、Zn、Mn、Fe、Cu、I、Se)、ビタミン類(コリン、E、C、パントテン酸カルシウム、B6、ナイアシン、葉酸、A、B1、B2、ビオチン、B12、D3)、保存料(ソルビン酸カリウム)酸化防止剤(BHA、没食子酸プロピル)

好ましくない素材や、危険な素材は色を変えています。

ベッツプランは、ネット上でも多くの人が検索している商品なので、有名なドッグフードと言えます。

SNSやショッピングサイトなどでも、多くのレビューが見つかったので、細かい情報まで得ることが出来ました!

ベッツプランの悪い口コミ

飼い主

ベッツプランに変えてから、皮膚を痒がるようになりました。
ベッツプランには、大豆/コーングルテン/米/小麦粉などの穀物が含まれます。

穀物アレルギーを引き起こす可能性があるので、はじめて与える際は注意が必要です!

犬にあまり良くない素材が多すぎると思う・・・。

飼い主

詳細は、ベッツプランのデメリットで解説していますが、好ましくない素材をおおく含むには事実です。

ベッツプランの良い口コミ

飼い主

食いつきも良いし、ウンチの状態も良好です!
ベッツプランには、ビートパルプという便形成をサポートする成分が含まれています。

※ビートパルプが含まれない商品もあります。

うちの犬は皮膚が弱いのですが、ベッツプランに変えてから良くなりました!

飼い主

セレクトスキンケアは、犬の皮膚を健康サポートする目的のドッグフードです。

皮膚の健康を維持するための、オメガ3系&オメガ6系の必須脂肪酸をバランスよく含みます。

飼い主

安く済むので、とても助かっています。
個人によって意見が分かれますが、ベッツプランは比較的やすいドッグフードだと思っています。

上記の性能表に1ヶ月あたりの餌代(目安)を記載してあるので、チェックしてみてくださいね!

小粒なので、チワワでも食べやすいみたいです♪

飼い主

ベッツプランは、ちいさな犬での食べやすいとの評価もそこそこ多かったです!

こういった意見は、実際に購入した人の意見が参考になるので、とてもありがたいですね。

ベッツプラン ドッグフードのメリット

ベッツプラン ドッグフードには、以下のようなメリットが存在します。

  • 犬の健康ケアに繋がる。
  • 目的に合わせて種類を選べる。
  • 必要な栄養はしっかり含まれる。

それぞれ分かりやすく解説していきます!

目的に合わせた犬の健康ケアが出来る理由

ベッツプランは、犬たちの健康に対して、さまざまなケアが出来るドッグフードです。

具体的には、尿路結石や肥満などのリスクをあげる素材が含まれなかったり、割合が少なくなったりしています。

例えば、PHケアにはビートパルプは含まれておらず、似た成分のチコリーパルプが採用されています。

なぜなら、チコリーパルプはビートパルプと似た成分ですが、尿路結石のリスク因子であるシュウ酸Caの割合が少ないからです!

その他の効果
ウエイトケアやエンジングケアは無駄な脂肪をふくまず、筋肉量を維持するタンパクは適度に含まれているなどの特徴があります。

ベッツプランの栄養価の評価

ベッツプランは、それぞれの栄養価はまったく異なりますが、すべての商品はしっかり栄養を含んでいます。

具体的な例として、ウエイトケアの保証成分表をチェックしていきましょう!

成分 ベッツプラン
(ウエイトケア)
AAFCO基準
(成犬)
粗タンパク 約31%以上 18%以上
粗脂肪 約8.8%以上 5.5%以上

AAFCOとは、もっとも権威のあるドッグフードの栄養基準です。

ベッツプランの成分値は、水分をとりのぞいた乾燥重量比としての値を記載しています!

表をみれば分かりますが、ベッツプランの成分値は、AAFCO基準をしっかりクリアしています。

もちろん、量がおおすぎても、肝臓や腎臓などのダメージを与えるだけですが、ベッツプランはほど良いバランスだと思います。

注意
AAFCO基準は、やや低めの値に設定されていると、よく言われています。

例えば、粗脂肪が5.5%ほどのドッグフードだと、エネルギー不足になりがちなので、注意が必要です!

ドライフードは、製造過程で加熱&加圧などによる栄養損失をすることもあるので、やや高い値くらいが丁度いいと思います。

ベッツプラン ドッグフードのデメリット

ベッツプラン ドッグフードには、以下のようなデメリットが存在します。

  • 好ましくない素材を含む。
  • 危険性がある酸化防止剤を含む。

それぞれ分かりやすく解説します!

ベッツプランは好ましくない素材を含む

ベッツプランは、以下のような好ましくない素材を含んでいます。

好ましくない素材リスト
米、大麦、小麦、コーン(とうもろこし)、加水分解物、動物性油脂、魚油、保存料(ソルビン酸カリウム)、(ビートパルプ)

すべて犬が食べて大きな害がある訳ではないですが、体との相性や摂取量によっては、健康を損なう可能性があります。

素材 リスク
穀物(米/麦/コーンなど) 穀物アレルギー
動物性油脂or魚油 ドッグフードの酸化
(下痢&嘔吐)
加水分解物 発ガン性物質をふくむ可能性
(分解法による)
ビートパルプ  残留糖分が肥満のリスク
(メリットもある=便形成)
ソルビン酸カリウム(防腐剤) 健康へのリスクは低い
※添加物なのでリスト入り。

これらの素材は、そこそこの値段で買えるドッグフードには、ほぼ含まれてると言って過言ではありません。

なぜならば、上記の素材を使わないと、安い価格でドッグフードを販売することが出来ないからです!

どうしても安全性を求めるのであれば、コストはあがりますが、高品質な商品を選ぶのがおすすめです。

※安全性がたかいドッグフードはこちら!
ドッグフード ロータス|成分や安全性を徹底評価
モグワン ドッグフードとは?口コミや忖度なしの徹底評価!

ベッツプランは危険性がある素材を含む

ベッツプランは、酸化防止剤(BHA、没食子酸プロピル)を含みます。

素材 リスク
BHA 発ガン性
没食子酸プロピル 急性毒性、変異原性、染色体異常

BHAには、摂取の制限量が設けられていますが、ドッグフードはその値を遥かに下回る量で抑えられているはずです。

なので、摂取したからといって危険がある訳ではないのですが、気になる人にとっては避けたい素材でしょう。

摂取しても害がないからOKと捉えるか、危険性があるものを与えたくないと考えるか、意見が分かれるポイントだと思います。

愛犬

大事な家族に、危険性がある素材を食べさせるのって嫌だよね!

ベッツプラン ドッグフードはこんな犬におすすめ

ここまでベッツプランの徹底評価をしてきた結果、以下のような問題がある犬に適したドッグフードであると結論が出ました。

  • 肥満傾向。
  • 尿路結石対策。
  • シニアor高齢犬。
  • 皮膚の健康を保ちたい。

ベッツプランは、子犬や若い犬にはあまり適していません。

なぜならば、上記に挙げたような問題は、そこそこ年をとった犬に起こりがちな症状ばかりだからです。

皮膚や肥満に関しては、若い犬にも与えることはあるかもしれませんが、基本的には、ある程度歳をとった犬に向いていると思います。

ベッツプラン ドッグフードの与え方

ベッツプラン ドッグフードが推奨する給与量は、以下の通りです。

体重 推奨給与量
2 50
4 80
6 110
8 140
10 165
12 185
14 210
16 230
18 255
20 275
30 370
40 460

※ウエイトケアの推奨給与量です、他商品を選んだ場合は、商品に記載されてある値を参考にしてください。

ドッグフードに給与量は、愛犬の体型に合わせて調整(10gほどの増減)してください。

また、ベッツプランはドライフードなので、つねに新鮮な水を飲める状況を作ったり、食事に混ぜて意図的に水分摂取させてあげてください!

理由は、犬は必要水分量の7割くらい保てていれば、喉の渇きを覚えない生き物だからです。

注意
ドッグフードの給与量と同じくらい、水分摂取量にも気を配ってあげてください!

※犬は10%ほどの脱水でも、死に至ることもあります。

ベッツプランをはじめて与える場合

ベッツプランをはじめて愛犬に与える場合は、いままで与えていたドッグフードに少しづつ混ぜながら与えていきましょう!

餌の割合 ベッツプラン  今までのフード
1〜3日目 10% 90%
4〜6日目 30〜50% 70〜50%
7〜10日目 50〜70% 50〜30%
10〜14日 70〜100% 30〜0%

いきなりドッグフードが全て変わると、消化不良や嘔吐などを引き起こすリスクがあります。

また、穀物アレルギーなどの可能性もあるので、ゆっくり切り替えていってあげましょう!

ベッツプラン ドッグフードの購入方法

ベッツプラン ドッグフードは、ネットショップなどでも購入することが可能です!

好みのサイトやお店を選んでも問題ないですが、参考までに最安値を調べてみました。

Amazon 楽天市場 Yahooショッピング
3,502円 2,916円+送料

※ウエイトケア 3kgでの比較。

若干の価格変動はあるかもしれませんが、価格自体は楽天市場が最安値でした。

しかし、送料まで考慮すると、Amazonとほとんど変わらない値段になります。

値段におおきな差はないので、ポイントや使いやすさなどの好みで選んで問題ないと思います!

ベッツプラン ドッグフードまとめ

いかがだったでしょうか?

最後に、ベッツプラン ドッグフードの評価についてまとめます。

  • 健康ケアができる。
  • 栄養バランスはそこそこ。
  • 好ましくない&危険な素材を含む。
  • 犬に与えて害がある訳ではない。

こんな感じになりました!

「少しコストが上がっても愛犬に良い餌を!」と思う人もいるかもしれませんが、予算などによっては、ベッツプラン選択肢に入るドッグフードです。

他にも同じような価格帯で、おすすめのドッグフードはたくさんあるので、ぜひいろいろ比較してみてくださいね。

それでは以上になります。
何か質問などありましたらTwitter(藤ト@fujikennel)までどうぞ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です