2019年 買って良かった犬のグッズ 10選

肥満な犬のダイエットは超簡単!運動より食事改善で解決します。

こんにちわ、藤トです。

みなさんは愛犬の体型について気にしたことはありますか?
太った犬は可愛いですが骨や関節に負担をかけたり、糖尿病などのリスクも高まるので確実に寿命が短くなってしまします。

我が家のコーギーは太りやすい犬種なので、油断するとすぐに肥満になってしまうので定期的にダイエットをさせています。
僕自身も毎年1回は10kg以上の減量をしているので、ダイエット法のノウハウはかなり豊富であると自負しています。

基本的には犬も人間も脂肪を減らすという原理は同じなので、今回は肥満犬の健康的なダイエット方法について解説していきます。

この記事でわかること
・肥満犬になりやすい犬種や、太った犬が抱えるリスクなど。 ・やれば必ず成功する犬のダイエット法。

犬の肥満の定義と判断方法

人間が太っているかどうかの定義はBMI(人間の肥満度を示す体型指数)などで判断出来ますが、犬の場合はどうやって肥満を判断するのでしょう?
動物病院などに行けば体脂肪率を測れる場合もありますが、毎回病院に行くのは面倒ですよね!
なので、犬にはもっと手軽に肥満具合を判断するためのスコアが環境庁が出しているガイドラインの中で定められています。

ボディ・コンディション・スコア(BCS)とは?

飼い主が実際に愛犬を視て触って肥満度をチェックする方法です。

スコア愛犬の状態
BCS1
痩せ

・肋骨、 腰椎、骨盤が外から容易に見える。
・触っても脂肪が分から ない。
・腰のくびれと腹部 の吊り上がりが顕著。

BCS2
やや痩せ
・肋骨が容易に触る。
・上から見て腰のくびれは 顕著で、腹部の吊り上 がりも明瞭。
BCS3
理想的
・過剰な脂肪の沈着なしに、肋骨が触れる。
・上から見て肋骨の後ろに腰のくびれが見られる。

・横から見て腹部の吊り上がり、脇腹にひ だがある。
BCS4
やや肥満
・脂肪の沈着はやや多い が、肋骨は触れる。
・上から見て腰のくびれは 見られるが、顕著では ない。
・腹部の吊り上がり はやや見られる。
BCS5
肥満
・厚い脂肪におおわれて 肋骨が容易に触れな い。
・腰椎や尾根部にも 脂肪が沈着。
・腰のくび れはないか、ほとんど見 られない。
・腹部の吊り上 がりは見られないか、むしろ垂れ下がっている。

※引用:環境庁「飼い主のためのペットフード・ガイドライン ~犬・猫の健康を守るために~」

この表でのBCS3「理想的」の体型を維持するのが目標になります。
痩せすぎていても、太りすぎていてもいけません。

愛犬にダイエットをさせるべき理由

何となく愛犬が肥満のままではイケないと気が付いてはいるけど、具体的にどんなリスクがあるか分からないという人もいるんじゃないんでしょうか?
基本的には犬も人間も肥満のまま生活していると身体に大きな負担がかかります。

肥満が原因になりやすい病気

代表的な病気は以下の通りです。

  • 心臓・血管系。
  • 関節・皮膚系。
  • 糖尿病系や高脂血症など。

もちろん他にもありますが、種類が多すぎるので省略します。
それでけ肥満が病気を引き起こすリスクを高める要因になってしまうと言うことですね!

一度大きな病気にかかってしまうと、そこから別の病気を引き起こしてしまうので注意が必要です。
例えば、糖尿病は目の病気や、糖尿病性腎不全などにも繋がります。

また、中型犬以上の犬は元々体が大きいので、肥満は骨や関節に相当な負担をかけます
大きな犬を飼っている人は特に注意が必要ですね!

手軽に出来るダイエット法

人間にはサプリや呼吸法によるダイエット法(実は大体効果がない)がありますが、犬は食事改善と運動のみしかダイエットをする術はありません。
その中でも特に食事がダイエットに与える影響は絶大なので、今回は食事による減量法を紹介していきます。

まずは、なぜ犬が肥満になってしまうかの原因から解説していきましょう!

愛犬が太っていく原因

愛犬が太ってしまうのには明確な理由があります。
その原因を知っておくだけで飼い主が行える対処法も増えておくので是非把握しておきましょう!

①摂取カロリー>消費カロリーになってしまっている

愛犬が運動や基礎代謝などで消費しているカロリーより多くのカロリーを体の取り入れてしまっている状態です。
身体の中に余分なカロリーが入ってきている訳なので、当然脂肪として蓄えられてしまいます。

改善するには、ドッグフードやおやつを見直す必要があります。
基本的にはおやつはあまり与えなくても大丈夫なので頻度を減らしましょう!

②運動量が少ない

どちらかというと食事改善の方がダイエット成功には繋がりますが、運動量も大切です。
運動をしないと消費カロリーも減ってしまうので当然太りやすくなります。

また、運動をしないと犬の筋肉量が減ってしまい基礎代謝量も下がるのでさらに太りやすくなる悪循環が生まれてしまいます。

③太りやすい体質や犬種

去勢や避妊をした犬や、子犬の頃から太っていて細胞増殖性肥満になっている子は体質的に太りやすいです。

また、元々太りやすい犬種も存在します。
これらの犬種は特に注意が必要なので紹介します。

<小型犬>
パグ、Mダックスフンド、キャバリア、スコティッシュ・テリア、柴犬

<中型犬>
コーギー、ビーグル、コッカー・スパニエル、バセット・ハウンド、ダックスフンド、ボストンテリア、フレンチブルドッグ

<大型犬>
ラブラドール・レトリーバー、ゴールデン・レトリーバー、ロットワイラー

※人によっては多少意見が異なる場合があります。

食事改善によるダイエット方法

それでは早速ダイエット方法を紹介していきます。
ここまでの解説で気づいた人もいるかもしれませんが、一番簡単な痩せる方法はドッグフードやおやつからの摂取カロリーを低くしてあげることです。

摂取カロリーを減らす方法は以下の通りです。

  • 給与量を減らす。
  • おやつを無くす。
  • ダイエットドッグフードに切り替える。

肥満度が軽度であるなら、まずはドッグフードの給与量を減らし、おやつを無くすのが良いでしょう。
ただ、おやつをしつけやご褒美に使いたい場合は、ドッグフードを1粒あげるだけでも愛犬は喜んでくれます。
愛犬が喜ぶ姿を見るのが好きな人には辛いかもしれませんが、少しでも長生きしてもらうためには必要なことと思って心を鬼にしましょう!

それでも改善が出来ない場合はダイエット用ドッグフードがおすすめです!
基本的に必要な栄養素は含まれていて、脂肪(カロリー)だけ少ない設定にされているので減量するには最適のフードです。

理想は高タンパクで低脂肪な安全度の高い商品なので、適したドッグフードを2つ紹介します。

アカナ ライト&フィット

成分成分率乾燥重量比
粗タンパク質35%以上約39.2%
粗脂肪11%以上約12.3%
粗繊維8%以下約9%
粗灰分7%以下約7.8%
オメガ6脂肪酸2.2%以上
オメガ3脂肪酸0.9%以上
水分12%以下

代謝エネルギー 100g=307kcal

表を見れば一目瞭然ですが、高タンパクで高脂質なダイエット用ドッグフードです。
素材も低GI値の炭水化物を使用しており、タンパク質の含有量もかなり多いので愛犬に必要な栄養素は豊富なままに、太りやすい原因を減らした商品になります。

安全度も申し分ないくらいに高いので愛犬のダイエットに一番オススメするドッグフードです!
同じメーカーの商品にオリジンのダイエットフードもありますが、アカナより性能は高いですが、値段が高いのでこちらをオススメしています!

340kg2kg11,4kg
1,188円5,400円17,280円

※購入はこちら
公式サイトで購入する

シュプレモ 体重管理用

成分成分率乾燥重量比
粗タンパク質23%以上約25.3%
粗脂肪10%以上
13%以下
約12.7%
粗繊維4%以下約4.4%
粗灰分10.5%以下約11.6%
オメガ6脂肪酸2%以上
オメガ3脂肪酸0.4%以上
水分10%以下

代謝エネルギー 335kcal/100g

僕が個人的にダイエット用フードを購入するのであれば、先ほど紹介したアカナを選びましたが、価格や高タンパク過ぎるのが気になるという方はこちらのシュプレモの体重管理用ドッグフードをおすすめします!

2kg4kg7.5kg13.5kg
2,938円5,370円7,600円15,000円

Amazonで購入

飼い主が愛犬にしてあげるべき行動

食事改善は犬のダイエットに一番効果があると話をしましたが、それ以外にも飼い主が愛犬にしてあげれることがあります。
減量を頑張っている愛犬のために、人間が出来ることはしてあげましょう。

散歩にいったりボール遊びなどをする

愛犬と一緒に運動すれば消費カロリーは増えますし、飼い主さん自身の運動にも繋がります。
仕事や家事で忙しいときは仕方がありませんが、空いた時間が出来れば少しだけでも一緒に身体を動かすだけで結果は全然違ってきます。

小型犬などの小さい犬だったら家の中や庭でボール遊びをしてあげることも出来ます。
些細な運動でも良いので試してみてくださいね!

飼い主の心を鬼にする

さきほど軽く話しましたが、おやつは無駄なカロリーに当てはまります。
愛犬が喜ぶ姿を見たい飼い主さんにとっては苦行かと思いますが、おやつやご褒美はドッグフードをたった1粒与えれば犬は喜ぶはずです。

飼い主の心を鬼にすることが、愛犬の健康と長生きに直結します。
とは言っても、必要な栄養素はドッグフードでちゃんと摂取しているので犬があまり苦しい思いをすることはないと思います。

まとめ

いかがだったでしょうか?
今回は犬のダイエット法について話ましたが、人間のダイエットと違い犬の減量成功は完全に飼い主に掛かっているので、まずは意識改革から始めましょう!

それでは以上になります。
何か質問などありましたらTwitter(藤ト@fujikennel)までどうぞ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です