MENU

カデコリー

2019年 買って良かった犬のグッズ 10選

犬の散歩に適切な時間や距離は?犬種別に解説

こんにちわ、藤ト(@fujikennel)です。

散歩は犬にとって、大切な運動なので、出来るだけ毎日いくのが理想です。

しかし、適度な運動量って、どれくらいの距離や時間を歩けばいいのでしょうか?

飼い主

1日に何時間くらい散歩すればいいんだろう?
とりあえず2〜3km歩けば十分なのかな?

飼い主

今回は、こういった悩みに答えます。

犬にとって散歩は、とても大切な意味を持ちます。

可能な限り、毎日外へ連れ出してあげましょう!

この記事でわかること
・犬の散歩の適切な時間や運動量など。

犬に散歩をさせる意味

犬に散歩させるのには、以下のような意味があります。

  • 欲求(ストレス)発散。
  • 身体能力の向上。
  • 健康維持。

どれも大切な要素ですが、欲求を満たさずに、ストレスを溜め込むと無駄吠えなどの問題行動にも繋がります。

愛犬

遊びたいワン!運動したいワン!走りたいワン!

散歩以外の犬の運動

毎日の運動は、別に散歩にこだわる必要はありません。

犬の運動欲求を満たすのに有効なものを、いくつか紹介します!

  • ランニング。
  • フリスビー。
  • アジリティ。
  • 水泳。
  • 引っ張りっこなど。

「飽きさせない」という意味でも、いろんな遊びや運動を、バランスよく取り入れるのが良いです。

遊びを飽きさせないのは、犬と良好な関係を築く上で、超重要ポイントになるので覚えておいて下さいね!

愛犬

今日は、フリスビーがしたい気分かも♪

犬の散歩に適した時間(量)

実は犬の散歩に、決まった運動量などはありません。

いろんなドッグトレーナーや、獣医師が散歩について解説をしていますが、どれもハッキリした運動時間は定めてないと思います。

また、散歩をする時間よりも、運動した内容(量)が大切です!

例えば、20分の散歩より、10分のフリスビーをした方が、運動量は多いはずです。

犬の散歩時間の目安

これまで説明してきたように、犬の運動量に決まりはありませんが、参考までに目安や、調整のやり方を紹介します。

「1日の散歩時間の目安」

超小型小型犬中型犬大型犬
15分30〜60分60分以上60分以上

最低でも、これくらいは必要です。

例えば、朝夕などの2回に分けて散歩させるのが良いと思います!

中型犬以上はより、運動量が必要なので、たまにフリスビーなどの激しい運動を取り入れるのが理想です。

犬の散歩に適した時間帯

犬の散歩に出かける時間帯も大切です。

例えば、夏はアスファルトが鉄板のように熱く、冬は凍った地面を歩くと肉球を痛めてしまうからです。

【理想の散歩の時間帯】
春〜夏秋〜冬
朝or夕方(夜)昼〜夕方

※気温の変化で調整が必要。

愛犬

季節によって、散歩に適した時間が違うんだよ!

よく分からない人は、散歩に行く前に地面に手を当ててみてください。

熱かったり、冷たすぎると感じた場合は、散歩に適していない時間帯です!

犬の散歩に適した時間や運動量まとめ

いかがだったでしょうか?

散歩は、愛犬とって大切な時間です。

飼い主の運動や、健康促進にも大きく繋がるので、ぜひ一緒に歩いて下さいね!

その他に「犬の散歩のマナーや、おすすめグッズなどのまとめ記事」もあるので、チェックしてみて下さいね。

それでは以上になります。
何かありましたらTwitter(藤ト@fujikennel)までどうぞ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です