MENU

カデコリー

2019年 買って良かった犬のグッズ 10選

犬のブリーダー|正しい選び方と実体験から語る注意点

こんにちわ、藤トです。

犬(子犬)を購入しようと思うとペットショップやブリーダーから迎え入れるのが主な手段になると思います。
僕も最近あたらしく仔犬を飼うことになったのですが、いろいろな情報を集めて誰から買うのが一番良いのか考えました。

実際にこの1年間は情報集めや、ショップなどと連絡をとって仔犬探しをしていたのですが、先日ようやく納得のいく子犬と出会うことが出来ました。
今回は僕の経験をもとに良質なブリーダーを見つけるためにやるべき事を紹介していきます!

この記事でわかること
・理想のブリーダー候補を探し出すためのポイント。
・ブリーダーの質や人柄を見極めるための方法。

犬はブリーダーからの購入がおすすめ

犬はブリーダーから購入するのがおすすめです!
理由は以下の通りです。

  • 犬種に対する専門的な知識を持ってる人が多い。
  • 犬舎の見学をすることも可能なことが多い。
  • 親犬に会うことが出来る。

子犬が生まれ育った環境や将来の姿を把握しやすいブリーダーをおすすめします。
もちろん手軽に犬を購入出来るペットショップも悪くはないのですが、仔犬がどんな成犬になるか予想しにくいのが大きな弱点です。

ブリーダーの犬舎を見学した方がいい理由

ブリーダーの犬舎を見学することを推奨するのには理由があります。

  • 仔犬が生まれ育った環境が分かる。
  • ブリーダーの人柄も確認出来る。
  • 親犬は仔犬の将来の姿の参考になる。

とくに大切なのがブリーダーの人柄や生まれ育った環境です。
生後間もない時期の過ごし方は仔犬にとって影響が強い期間ですし、悪い人にお金のためだけに育てられた仔犬はおすすめ出来ないからです。

また、犬に対して理想がある人は親犬を見ておくことで仔犬の将来の姿のイメージが付きやすいので犬舎の見学を強くおすすめします!

 

犬のブリーダーの選び方

犬のブリーダー選びで大切なポイントを3つ紹介します。

  • 犬舎の見学をさせてくれる。
  • 最低限のコミュニケーションが取れる。
  • ブリーダーサイトなどの評価が低くない。

大事なのは仔犬を購入するまえの情報収集です!
世の中には利益のためだけに犬を販売している人や、適当に育てている人が多くいます。
良質なブリーダーから子犬を購入するためにも最低限の情報を得ておくのは必須です。

犬のブリーダーの情報収集の仕方

犬のブリーダーの情報収集は自分からコンタクトを取って判断するのと、ブリーダーサイトなどの総合評価をチェックする方法があります。

ブリーダーに連絡をしてみる

多くのブリーダーはネットや情報サイトに連絡先を載せているのでコンタクトを取ってみましょう!
ブリーダーサイトなどを利用すれば簡単に見つけることが出来ます。

ブリーダーが見つかれば連絡してみましょう。
最初は以下のようなメッセージを送れば良いと思います。

A子

はじめまして、A子と申します。 子犬の写真をみて気に入ったのですが、犬舎の見学は可能でしょうか?
これで犬舎の見学を断られるようであれば別のブリーダーを探す事をおすすめします!
何か特別な理由があるのであれば仕方ないですが、見せることが出来ないような環境で良いブリーディングをしているとは考えにくいからです。

犬舎見学に行く

日程を話し合って決定したら実際に見学に行きましょう。
当日にチェックするべき項目は以下の通りです。

  • 親犬の姿が自分の理想と合っているか。
  • 犬舎内の清潔さや雰囲気など。
  • ブリーダーの人柄。

自分の理想の犬とかけ離れていては意味がないので親犬には会っておきましょう!
また、ブリーダーの人間性なども見ておくのは重要です。
信用できる人から仔犬を迎え入れた方が、しつけの相談に乗ってくれたりアフターサービスも充実していることが多いからです。

 

ネットサイトの評価を見てみる

犬のブリーダーサイトはよほどの事がない限り高評価を貰えることが多いです。
そんな中で周りのブリーダーより低い評価を受けているのであれば何か問題がある可能性があるので慎重に情報を集めていきましょう!

他人の評価を鵜呑みにするのは間違っていますが、参考にはなるので軽く目を通すくらいはしておきましょう。

ブリーダーの人柄を見極める方法

完璧に初対面の人の人間性を見抜くのは難しいです。
ですが、最低限満たしておくべきポイントはあるので紹介します。

  • 連絡をすぐに返してくれる(遅くても1週間以内)。
  • 約束事をきちんと守ってくれる。
  • 犬に関する簡単な質問に答えてくれる。

当たり前のように感じるかもしれませんが、僕が1年間のあいだブリーダー探しをしている中でこれらの条件を満たしていなかった人は何人かいました。
最低限レベルの内容なので条件を満たしていない場合は候補から外した方が良いと思います。

失礼だった犬のブリーダーの例【実体験】

僕の実体験ですが失礼だと思って候補から外したブリーダーの話です。

失礼なブリーダーから受けた状況

  • 約1年間売れ残っていた犬を買おうと思って連絡をした。
  • 質問内容はほとんどスルーで短い返事が帰ってきた。
  • 後日写真を送ってくれる約束をしたが1週間以上しても連絡は無かった。

これだけでかなり失礼で適当なブリーダーだと判断したので候補から外させて貰いました。
当時の状況を詳しく解説していきます。

一番はじめに送ったメッセージの内容

はじめまして、藤トと申します。
今回は●●さんのブリーディングしている仔犬の写真を見て気に入ったので見学させて貰えればと思い連絡しました。

生後1年間経っているので現在の写真や性格などの特徴を知りたいのですが可能でしょうか?

こんな感じのメッセージでした。
次の日にブリーダーからの返事が来ました。

ブリーダー

明日写真を撮ります。

そっけない返事でしたが、忙しいのかもしれないと思い気長に待つことにしました。
しかし、結局1週間以上たっても連絡は来ませんでした。
忘れているだけの可能性も考慮しましたが、1年間も売れ残っている仔犬の見学を希望する連絡に対してあまりにも反応が薄すぎたので別のブリーダーを探すことにしました。
このブリーダーが悪い人と思ったわけではありませんが、別にもっと良い人がいるだろうなと思いました。
仔犬探しはとても重要なので慎重に選ぶのをおすすめします!
 

まとめ

犬のブリーダーの正しい選び方のポイントをまとめます。

  1. 実際に犬舎を見学しにいく。
  2. ネットでも評価をある程度参考にする。
  3. ブリーダーの人柄を信用出来るか判断する。

この3つだけです。
見学や情報収集をしたうえで自分が信用出来ると思えたのであれば、そのブリーダーさんが最適と判断して問題ないでしょう!

僕の場合は、連絡や質問に対して迅速に対応してくれるブリーダーでした。
犬舎が山奥の広大な私有地の中にあるので見学当日に迷子になってしまい約束の時間を過ぎてしまったのですが、電話対応で丁寧に道まで教えて頂き良くして貰いました。

実際に親犬にも合わせてもらい、自分の理想とマッチするか判断しました。
僕の希望よりややサイズが小さいのが気になったのですが、見た目の可愛さや性格がすごく気に入ったので購入を決定しました。

写真も撮らせて頂いたのですが、綺麗な配色のボーダーコリーの女の子です!

※ボーダーコリー仔犬(犬舎見学)

長い間ずっと仔犬探しをしましたが、いろんな情報を集めた結果として理想のパートナーを見つける事が出来て本当に良かったです!
みなさんもぜひ良いブリーダーさんを探してみて下さいね。

それでは以上になります。
何か質問などありましたらTwitter(藤ト@fujikennel)までどうぞ!

 

3 COMMENTS

竹下 真弓

はじめまして。竹下と申します。三カ月のトイプードルが来て、一週間になります。トイレトレーニングが全くうまくいかず、そちらのやり方を見させていただきました。昼間は仕事でいないので、ゲージに入れています。ゲージの中だとトイレにしたり、たまにベッドにしたりしています。いくつか質問なんですが、我が家では、ワンツーではなく、シーシ〜と声をかけているんですが、ワンツーに変えた方がいいですか?また、おしっこやうんちの素振りがわかったら、おやつでトイレまで誘導してますが、おやつに興奮してしまい、トイレについても、排泄してくれません。何かいいアドバイスがあればと思いメールさせていただきました。

返信する
藤ト

コメントありがとうございます。
お仕事をされながらのトイレトレーニングは、なかなか時間が取れないので、すぐにとは行きませんが、比較的簡単にマスターできるはずです。

先に質問に答えさせていただきます。

Q1.コマンドを「ワンツー」に変えた方が良いですか?
犬は言葉の意味は分からないので、どちらでもOKです!

Q2.おやつに興奮してしまう。
排泄のサインを見てから誘導すると、どうしても失敗のリスクが高まります。
なので、子犬の起床後・運動中・食事後などに、直ぐにおやつでトイレまで誘導してください。

興奮してしまうようでしたら、ダンボールや柵などで良いのでトイレを囲んで、ワンちゃんが排泄するまで中で待ってもらいます。
うまく排泄が出来たら、「ワンツー」などのコマンドをかけて、褒めてトイレから出してあげましょう。

これによって
①自分の足で向かい、トイレの場所を覚える。
②トイレで排泄すると、褒めれもらえる。
という、2つの学習が可能です!

また、ワンちゃんがトイレで排泄することを覚えていたとしても、犬は人間ほど視力がないので、トイレを目視ではっきり確認できない場合もあります。

トイレの周りに、簡易的な塀を作ってあげたり、トイレが覚えやすいサークルを使用することで、かなりトイレの場所を認識しやすくなるでしょう!

参考までに、僕が子犬のトイレトレーニングを3日間で終わらせたときの、トレーニングをマニュアル化しているので、よかったらチェックしてみてください。
3日間で済ませるトイレトレーニング法

トイプードルは頭がいいので、必ずうまくいくはずなので、何かあったら気軽に相談してくださいね!

返信する
藤ト

連投ですいません。

僕の愛犬も、おやつで誘導してもなかなか排泄してくれませんでした。

緊張や興奮など様々な原因があると思うのですが、子犬はおしっこを我慢できる時間も、比較的短いので、少し待つだけで排泄してくれると思います。

どうしてもしない場合は、少し水を与えてもいいでしょう!

返信する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です