2019年 買って良かった犬のグッズ 10選

犬のサークル|屋外で愛犬が自由に過ごせる、おすすめの商品

こんにちわ、藤ト(@fujikennel)です。

犬のサークルといえば、屋内で愛犬に専用のスペースを与えるのが一般的ですが、屋外で使用するタイプの商品も存在します。

飼い主

愛犬を庭に出してあげたいんだけど、ずっと見守るのは大変なんだよね・・・。

庭がある家に住んでいる人は、愛犬を外に出してあげたくなると思いますが、目を離すと何をするか分からないので、不安になりますよね。

そんな悩みを、即解決してくれるのが、屋外用のサークルなんです!

この記事でわかること
・犬のサークル(屋外)の選び方や、おすすめの商品。
・安心して、犬を庭で遊ばせる方法など。
この記事の信憑性
筆者の藤トは、現在ボーダーコリーとコーギーの2匹を飼っており、普段から庭で遊ばせています。

牧羊犬や、牧畜犬として活躍するような犬種なので、敷地内といっても、安全面などに最善の注意を払いながら、自由にさせています。

今回は、僕が愛犬たちを庭で遊ばせる際に気をつけていることや、持っていると便利な屋外用のサークルを紹介していきます。

屋外で犬のサークルを使用する理由

わざわざ屋外で、犬のサークルを使用するのには、とても大切な理由があります。

  • 愛犬の安全を守るため。
  • 近隣住民に迷惑をかけないため。
  • 飼い主が安心するため。

屋外でもサークルを使用することで、愛犬が遊べる範囲が限られるので、安全が保たれ、飼い主が安心することが出来ます。

また、近隣住民にも犬が嫌い(苦手)な人がいるかもしれないので、そういった方達への最低限の配慮が必要です。

いくら敷地内といっても、犬が飛び越えられたり、簡単に脱走できるような環境で自由にさせていては、他の人は不信感や不満を感じてしまいます。

気持ちよく犬を遊ばせるためにも、最低限の配慮は、するべきだと思います。

愛犬

ご近所さんと、不要なトラブルを起こすのを避けるために、重要なポイントになるよ!
たとえ小型犬でも、怖いと感じる人は、当然いるんだよ・・・。

小型犬でも苦手な人

屋外でサークルを使うデメリット

当然ですが、屋外で犬へサークルを使うのには、デメリットも存在します。

  • 設置が面倒くさい。
  • そこまで広くない。
  • やや高価である。

ずっと庭に置いたままなら良いのですが、どうしても邪魔になるので、出し入れすることになると思います。

サークルは結構大きくて、出すのもなおすのも、大変で面倒な作業です。

また、犬が駆け回るほどの広さはないので、そこも難点です。

愛犬を庭で元気いっぱい走らせるのであれば、敷地内にフェンスを設置するのが無難かと思います(設置費用が数十万円を超える可能性あり)。

愛犬

あったら本当に便利だけど、必須って感じではないんだよね。

犬のサークル(屋外)の選び方

屋外で使用する、犬のサークルは、以下の点に注意して選びましょう!

  • 錆びにくい。
  • 収納しやすい。
  • 出し入れしやすい。

屋外なので、雨風に当たることもあるので、なるべく錆びにくいものを選ぶか、こまめな手入れをしましょう!

使わないときは、折りたためて収納出来たり、持ち運びやすいものだと、使い勝手が良いのでおすすめです。

メッシュのサークルは、出し入れしやすいので、実はありです!

おすすめの屋外のサークル

使い勝手やコスパをチェックしながら、屋外で使えるサークルをピックアップしました!

意外と種類が多いので、予算やサイズと相談しながら、愛犬にあったものを見つけて下さいね。

愛犬

今回紹介する商品は、小型犬から中型犬に適したサークルが多い印象だよ!
大型犬に合ったものは、価格とサイズが大きくなりすぎるから、仕方ないんだよね。

飼い主

①アイリスオーヤマ ワイヤーサークル PWC-628 ブラウン

素材パネル:スチール(エポキシ紛体塗装)
ジョイント:ポリプロピレン
台座:ABS樹脂
サイズ奥行149 × 幅149 × 高さ61.5cm
重量約7.24kg
適応犬種超小型〜中型犬
価格5,356円

このサークルのメリットは、価格の安さ(コスパ)と、収納や出し入れのし易さです。

重さは組み立て時で約7.2kgですが、分解できるので、女性でも楽々組み立てられそうです。

また、収納も楽なので、庭だけでなく、キャンプなどのアウトドアで活躍するのもポイント。

しかし、屋外用の商品ではないので、支柱はゴム素材&雨などで錆びる可能性のあるのが難点。

手軽さが最大のウリなので、コスパ重視な方へおすすめです!

Amazonで購入

created by Rinker
アイリスオーヤマ(IRIS OHYAMA)
¥4,851 (2020/03/31 22:01:16時点 Amazon調べ-詳細)

②DUDUPET ペットフェンス

素材長持ちのさび防止金属
サイズ奥行240 cm × 幅80 cm × 高さ100 cm
適応犬種中型犬〜大型犬
価格18,960円

こちらも折りたたみ&分解が可能なので、使いたい時だけ使用出来ます。

さびに強い素材を使用しており、構造もしっかりしているので、中型犬から大型犬まで適していますよ!

フェンスの組み合わせ次第で好きな形にできたり、工具なしで組み立てできるので、気軽に設置できるのもポイント。

脱走防止に、鍵はスライド式安全ロック(2本)が付いているので、安全面でも評価が高いサークルです!

Amazonで購入

③Petneces 八角形 メッシュサークル

素材防水オックスフォード布+PVCプラスチックネット
サイズ[Sサイズ]
収納:32×43cm
組立:73×73×43cm

[Lサイズ]
収納:37×58cm
組立:91×91×58cm

重量760/960g
適応犬種小型犬(超小型犬)〜中型犬
価格3,380円

アウトドアに限っては、この商品がダントツでおすすめ!

軽くて、持ち運びがしやすく、おまけに色やサイズの選択肢が多いのがポイント。

重さが760〜960gなので、かなり軽いってことが、分かりますね。

コスパもトップクラスで良く、買って後悔しないランキングでは1位です。

耐久性にやや不安はありますが、アウトドアにしか使わないのであれば、問題ありません。

Amazonで購入

屋外で使う犬のサークル まとめ

いかがだったでしょうか?

屋外で使う犬のサークルは必須ではないですが、意外と使うタイミングや、使い勝手は良いのでおすすめです。

みなさんの愛犬を、庭やキャンプなどで自由にさせたい時は、ぜひ活用して下さいね!

それでは以上になります。
何か質問などありましたらTwitter(藤ト@fujikennel)までどうぞ!

小型犬のサークル|おしゃれで機能性バツグンのおすすめ商品【5選】 中型犬のサークル|おすすめ度が高い最高の商品【5選】 大型犬のサークル|快適に過ごすための商品の選び方 ペティオのサークル|犬のトイレの仕切り付【レビュー・写真付】 激安な犬のサークル|コスパ最高でおすすめの商品【3選】
藤犬舎おすすめのサークル

サークルは、犬を飼いやすさを何倍もアップさせるアイテムです。

問題行動の抑制や留守番に役立つので、持っておいて損はないでしょう!

\CHECK NOW/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です