MENU

カデコリー

2019年 買って良かった犬のグッズ 10選

犬と猫 飼いやすいのはどっち?世話のしやすさや問題点を元に比較

こんにちわ、藤トです。

ペットは僕たち人間の癒しの存在として昔から飼われていますが、その中でも特に人気で飼いやすいのは犬と猫でしょう。

僕も何年も前から犬と猫をどっちも飼っているので、互いの良さや悪さも沢山しっています。
今回はこれからペットを飼う予定だけど、どちらを選ぶか悩んでいるという人に向けて話をしていきます。

この記事でわかること
・犬と猫を飼う上でのメリットや、デメリット。
・結局、犬と猫 飼いやすいのはどちらか?

犬と猫の飼い易さは?(飼い主の感想)

犬と猫は互いに人気のペットとして常にランキングトップを独占している状態ですが、飼う上での注意点や、生活内容が全く違います。

ペットは飼いたけど、犬と猫のどちらを飼うか悩んでいるという人は、まずはそれぞれの飼い易さの特徴を知るのが重要だと思います。

犬を飼う場合

犬と言えば、飼い主に忠順で互いに寄り添える存在というイメージを持っている人は多いのではないでしょうか?
僕個人の意見ですが、まさにその通りでリーダーだと認めた人間には徹底して忠順に従う生き物だと思います。

そんな犬を飼うメリットやデメリットを紹介します。

メリット

  • 圧倒的に忠順で、寄り添ってくれるパートナーになってくれる
  • 教えたことを理解し行動出来る能力がある。
  • 一緒に何かをする喜びを分かち合える

犬は一言で例えると「頼れる相棒」です。
もちろん、しつけをすることが前提となりますが、一緒に遊びに出かけたり、ボールやフリスビーを使ってスポーツをしたり、とにかく寄り添ってくれる相棒になれる生き物だと思います。

デメリット

  • トイレを教えるのが苦手な人は苦労する
  • 犬種によってはよだれが出まくるので部屋が汚れる。
  • 犬種によっては匂いがきつい子もいる。

犬はトイレを決まった場所でする習性がないので、どこでも排泄をします。
ただし、飼い主がトイレの場所をしっかり犬に教えることで、トイレはきちんと決まった場所で出来るようになります。

他には、よだれ・抜け毛・匂いなどが猫に比べてキツイ犬種もいるので、犬を飼う際にはそのような飼い易さに注目して犬種選びするのが重要です!

猫を飼う場合

猫はとにかく綺麗好きなので、匂いやよだれなどの問題は少ないです。

独立心が強いので、ずっと構ってあげなくても一人で逞しく生きていけますし、たまに甘えてくるのがたまらなく可愛い生き物だと思っています。

メリット

  • トイレをすぐに覚えてくれる
  • 犬に比べて臭わない(我が家の猫はほぼ無臭に近い)
  • 飼い主への依存度が低い。

猫はトイレを決まった場所でしてくれるので、トイレトレーニングはスムーズに完了するでしょう。

僕の体感ですが犬はそこそこ獣臭がする生き物ですが、猫はほとんど匂いはないと思います。
(調べた結果、やはり猫は比較的臭いにくいようです。)

飼い主への依存度は低いけど、たまに甘えてくるのがたまらなく可愛いです。

デメリット

  • 飼い主より家や部屋を好きになる生き物。
  • 一緒に何かをする喜びは得にくい
  • たまに毛玉を吐き出すので驚く。

猫は飼い主よりも、自分が住んでいる家や部屋を好きになるので、ペットから愛されたいという人には不向きかもしれません。

ペットを一緒に何かしたいという喜びはあまり感じることが出来ないでしょう。
(おもちゃ遊び程度なら出来ます。)

結局犬と猫はどっちが飼いやすい?

当然ですが、一概にどっちが上ということはありません。
昔は、猫は部屋を傷つけるので犬のみ許可の賃貸などもありましたが、近年は猫の人気も高くなってきているので逆に猫のみ許可された賃貸も多いです。

現代の人間の居住環境が狭い空間化されてきているので、なかなか犬を飼うのも難しいので猫の人気が上がってきているのではないでしょうか?

結局のところどっちが飼いやすいかは、飼い主さんの居住環境やペットに求める条件で変わってくるので、飼い主さんのスタイル別に優劣を決めていきましょう!

忙しくてあまりペットに割ける時間がない人

「勝者=圧倒的に猫」
犬は散歩や、コミュケーションを密にとる必要があるので、忙しい人にはあまり向きません。
また、時間的余裕がないとトイレトレーニングが上手くいかずに、帰宅すると愛犬がウンチまみれということも珍しくはないのでオススメ出来ません。
 
独立心が強く、適度にコミュニケーションを取るだけで飼える猫を選ぶのが良いでしょう。

ペットと出かけたり、一緒に運動したい人

「勝者=圧倒的に犬」
猫は飼い主と遊ぶというより、自分が興味がある獲物を追いかけているだけです。
一緒に楽しんで遊ぶのにはあまり適していないでしょう。
また、外に出かけても怖がったり、一緒に並んで歩ける訳でもないので、ペットと外出をしたい人は無難に犬を選ぶのが良いでしょう!

ただ癒しのみを求めている人

「勝者=個人的に猫」
どちらも人を癒すのは上手ですが、癒しを求めるだけであれば飼育費用や手間が犬に比べてかからない猫の方を個人的にはオススメします。
僕はどちらも飼っているのでよく感じるのですが、たまにデレてくる猫の癒し能力は半端がないです!

飼育費用が気になる人

「勝者=個人的に猫」
猫の方が体が小さいので必要な餌の量なども少なく、トイレの砂も安いので飼育費用はそこまでかかりません。
お出かけのお金もかかりませんし、ドッグランなどに連れて行くこともないので維持費が気になる方へは猫をオススメします!
 

犬と猫の飼い易さ比較まとめ

以上が犬と猫のどっちを飼うか悩んでいる人への話でした!

結局は飼い主さんの好みで決まりますが、特にこだわりがないのであれば猫を選んだ方が良いんじゃないかなと個人的には思います。
それは僕自身が初心者飼い主だった頃に犬のしつけやトイレトレーニングで苦労したからです。

つまり、犬は割と覚悟をして飼わないと育てるのが大変と思っているので、特にこだわりがない人には猫をオススメしますよ!って話です。

それでは今回はこれで終わりになります。
何か質問などありましたらTwitter(藤ト@fujikennel)までどうぞ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です