2019年 買って良かった犬のグッズ 10選

柴犬(豆柴)の値段相場は?購入する際の注意点などを紹介

こんにちわ、藤トです。

現在はコーギーを飼っている愛犬家です。
近々、藤犬舎に新しいメンバーを迎え入れようと思っているんですが、候補の中にしば犬が入っているので、値段や性格の傾向などを詳しく調べました。

今回の記事でわかること
・柴犬(豆柴)の値段相場や、子犬の選び方。
・購入後の注意点や、おすすめのドッグフードなど。
柴犬は小型〜中型犬くらいのサイズの日本犬で、TVやネットなどで活躍しているワンちゃんも多く存在しているくらい有名な犬種です。
その圧倒的な人気のせいか、やや値段相場は高いように感じます。
犬の価格は、血統や時期などによって異なるので、それぞれの相場をまとめていきます!

柴犬(豆柴)の子犬の値段相場

柴犬は人気な犬種なので、値段の幅がかなり広いです。
売れ残って安くなっている子もいますが、基本的には高価で売買されます。
ショータイプや、良血統の子は約50万円くらいの値段が付くことも多いので、予め予算を決めてから子犬探しをすることをおすすめします!

時期によって相場が変動するようで、出産率が下がる冬の時期は価格が下がり、逆に5月くらいの暖かくなってきた時期は値段が上昇していくようです。

また、柴犬には小さいサイズの豆柴も存在します。
豆柴の方が値段相場が高いので、別々にチェックしていきましょう。

柴犬の価格相場

毛色値段相場
8〜20万円
10万円〜
10〜30万円
胡麻10〜20万円

赤は売れやすいので比較的安価です。
しかし、黒や胡麻などは希少なので、やや高めな相場になっていますね!
ブリーダーサイトや、ペットショップの値段を調べてみたところ、だいたい20万円くらいでした。
逆に格安の場合は何か問題を抱えている子犬の可能性もあるので慎重に購入しましょう!

豆柴の値段相場

毛色価格相場
25〜30万円
25〜30万円
28万円〜40万円
胡麻25〜30万円

柴犬より10万円くらい高い相場になっています。
上限は30〜40万円としていますが、豆柴には50万円以上の価格が付けられている子が結構存在しているので、血統や質にこだわりがある人は相当な費用がかかる覚悟をした方がいいです!

日本の住宅環境は密集しているので、基本的には小さいサイズの犬の人気が高いです。
豆柴は、可愛い柴犬を手頃なサイズで飼えるので、需要が落ちることがほぼありません。

値段が変動する理由

同じショップやブリーダーでも、柴犬の値段が数万円違う場合がありますが何故でしょう?

値段が高い犬がいる理由をまとめました。

  1. 人気の色や、希少なカラーだから。
  2. 親犬の血統が優秀だから。
  3. 子犬の段階での顔つきが良いから(美男美女)

一番分かりやすい理由はカラーによる値段の変動ですが、血統や子犬の段階での顔つき(体つき)などでも価格は大きく変わるようです。

やはり、優秀な遺伝子を持ったイケメンや美女が子犬として高い価値を持っているという事なのでしょう。

しかし、いくら親や顔つきが良くても、しつけが出来ていなければダメな犬になってしまいます。
どんな犬でも愛情持ってしつければ優秀な犬になりますよ!

柴犬の子犬を選ぶポイント

柴犬を迎え入れる選択肢として

  • ペットショップ
  • ブリーダー
  • 保護犬などの迎え入れ

などが考えられますが、おすすめは圧倒的にブリーダーです。
それぞれの特徴を説明したあとに何故ブリーダーがお勧めなのか解説します!

ペットショップ

ペットショップのメリットは圧倒的に購入しやすいことです。
柴犬は人気なので、どこの店舗にも大体いるので気に入った子を見つけ易いです!

しかし、親犬の正確な情報が手に入りにくく、店員も犬に関する知識が乏しいケースが多いのであまりオススメしません。

ブリーダー

家の近くにブリーダーがいれば問題ないですが、そうでない場合は遠くまで行かなければならないのがデメリットです。

しかし、親犬やブリーダーの人柄の情報を正確に得れて、専門的にブリーディングしている人も多いので経験&知識が豊富な人が多いのが最大のメリットです!

柴犬は噛み付きやすい血統の子や、体のサイズの把握など遺伝子情報がとても大切な犬種なので、良質なブリーダーを探すのが一番良いと思います。

保護犬などの迎え入れ

柴犬を飼うのに慣れている人はいいですが、保健所にいる柴犬たちも色々な問題を抱えているケースが多いので、初心者が迎え入れるのはリスクが高いと思います。
どうしても保護犬を迎え入れたいのであれば、あらかじめ近くのドッグトレーナーや獣医師に相談してから飼うのを勧めます!

柴犬の値段相場 まとめ

いかがだったでしょうか?
柴犬は値段相場が高いので簡単に買える犬種ではありませんが、正しい育て方をすれば飼い主にしっかり応えてくれる優秀な犬種です。
飼いやすい犬なので、情報を集めながら子犬選びをしてはいかがでしょう?

それでは以上になります。
何かありましたらTwitter(藤ト@fujikennel)までどうぞ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です