MENU

カデコリー

2019年 買って良かった犬のグッズ 10選

小型犬用ドッグフード|シュプレモ 牧場のレシピの性能評価まとめ




こんにちわ、藤トです。


今回は小型犬用ドッグフード|シュプレモ 牧場のレシピの評価をまとめていきます。



簡単に説明すると、シュプレモ牧場のレシピは

  • 超小型犬〜小型犬の成犬が対象。
  • 穀物不採用(アレルギー、肥満防止になる)。
  • 第一主原料はビーフ。

このような特徴を持ちます。
特徴を見る限りでは、愛犬の健康を保つのに適した安全なドッグフードという印象を受けます。


全小型犬(超小型) 成犬

ドッグフード|シュプレモ 牧場のレシピは超小型〜小型犬に合わせて作られたドッグフードです。
それ以外の犬種が食べても害はないので安全ですが、理想の栄養価のバランス(カロリー含む)などが違うので、適応した犬種に食べさせるのが良いでしょう。

 

ドッグフード|シュプレモ 牧場のレシピの成分表

成分成分率乾燥重量比
粗タンパク29%以上約31.9%
粗脂肪16%以上約17.6%
粗繊維4%以下約4.4%
粗灰分11%以下約12.1%
オメガ6脂肪酸2.8%以上
オメガ3脂肪酸0.5%以上
水分10%以下
<原材料>
・主タンパク
ビーフ(肉)、ポークミール、ラムミール

・主脂肪
鶏油、亜麻仁、ひまわり油

・その他
タンパク加水分解物とミールを含む。
危険な素材などはなし。

栄養価の基準チェック
全米飼料検査官協会(AAFCO)が定めているドッグフードの基準

 

 タンパク脂肪
AAFCO成犬18/子犬22.5%以上成犬5.5/子犬8.5%以上
シュプレモ 牧場のレシピ約31.9%以上約17.6%以上

※乾燥重量比の基準

 

原材料の評価(栄養価や安全性)

  • AAFCO基準は余裕でクリア。
  • 動物性タンパクが豊富。
  • 穀物不採用。
  • 合成化学物質などの危険素材なし
  • タンパク加水分解物とミールを含む。

動物性タンパクが豊富で、基準も満たしているので栄養価はバッチリです!
安全性に大きな問題はないですが、材料が明確に分からないタンパク加水分解物やミールなどの素材が若干気になるといった感じです。

 

ただ単に「穀物不採用です」って言われても、実際どう凄いのか分かりませんよね。
穀物が犬に与える影響を知らない人のために解説します。

  1. 穀物は有害物質ではない。
  2. 犬に役立つ栄養素を含む。
  3. アレルギー持ちの犬も多い。
  4. 炭水化物なので肥満に繋がりやすい。
  5. 消化不良を起こす可能性。

簡単に説明するとこんな感じです。
穀物不採用って言うくらいなんで有害物質と思った人もいるかもしれませんが、穀物は一概に粗悪物質という訳ではありません。

犬は穀物を消化吸収しにくいという話もありますが、役に立つ栄養素も含みますし、消化吸収出来ない訳ではないので食べても問題ないです。
ただ、穀物アレルギー持ちの犬が多く、肥満に繋がりやすいので別に摂取する必要性もないといった理由です。

※穀物はコストが低いので、格安フードのカサ増しによく使われるので、結果的に粗悪フードに含まれていることが多いです。

 

ドッグフード|シュプレモ 牧場のレシピの推奨する1日の給与量と、商品の値段を元に必要なドッグフード代を計算しました。

体重(kg)給与量(g)1ヶ月のドッグフード代
130約1380円
245約2070円
360約2800円
475約3500円
590約4200円
6100約4700円
7115約5360円
8125約5124円
9135約5540円
10150約6165円

※体重7kgまでは 2kgの商品を、Amazon価格(3,006円)の場合で計算。
※体重8kg以上は4kgの商品を、Amazon価格(5290円)の場合で計算。
※Amazon価格=記事更新時の価格。

人気犬種の毎月のドッグフード代

体重(kg)犬種1ヶ月のフード代
10柴犬約6165円
4〜5Mダックス/トイプードル/パピヨン約3500〜4200円
1〜3ヨークシャテリア/ポメラニアン/チワワ約1380〜2800円

ドッグフード|シュプレモ 牧場のレシピ 2kg

容量2kg
値段3006円(更新時)


Amazonで購入


 


ドッグフード|シュプレモ 牧場のレシピ 4kg

容量4kg
価格5,290円

Amazonで購入

 


ドッグフード シュプレモ 牧場のレシピ 800g

容量

800g

価格1,880円

Amazonで購入

  • 栄養価は豊富である。
  • 穀物を含まない。
  • 動物性タンパクもしっかり摂取出来る。

犬に必要な栄養価は十分に含むので、愛犬の健康を維持するのに役に立つ安全なドッグフードだと思います。

 

  • ミール、タンパク加水分解物などの詳細が分からない素材を含む。
  • ライバルが多いこと。

ミールやタンパク加水分解物などの詳細情報が分からない素材を含んでいるのが少し気になります。

また、価格面でいえば特別安いわけでもない無難な値段なので、他の商品との明確な差別化をするのが難しいです。


例えば、人気商品のカナガンやモグワンなどが、もう少し値段を出せば手に入ります。
強力なライバルが近い価格帯に存在するのも、シュプレモ 牧場のレシピを選ぶ決定力に欠ける理由の1つです。

 

栄養価4点
安全性3.5点
価格(コスパ)3.5点
総合評価3.7【Bランク】

<評価理由>

  • 栄養価:動物性タンパクなども豊富なので4点
  • 安全性:ミールやタンパク加水分解物を含むので3.5点
  • 価格(コスパ):性能と価格で評価して3.5点

     

いかがだったでしょうか?
ドッグフード|シュプレモ 牧場のレシピは選ぶ価値のあるフードであることは分かりましたが、価格的に強力なライバルが多いのがネックですね。

しかし、モグワンやカナガンよりかは安いので少しでもコストを減らして高性能なドッグフードを与えたい人には適していると思います。

それでは以上になります。
何か質問などありましたらTwitter(藤ト@fujikennel)までどうぞ!

 

【関連記事】

 

「ドッグフード|シュプレモ 草原のレシピの評価まとめ」
同シリーズのドッグフード。
チキンが主原料なので、愛犬にチキンを与えたい人へオススメしたい商品です!

記事を読む


「小型犬用ドッグフード|シュプレモ 湖畔のレシピの成分や評価」
同シリーズのドッグフード。
ダックが主原料で、その他は他のレシピとほとんど代わりはありません。

記事を読む


「小型犬用ドッグフード|シュプレモ 地中海のレシピの成分や評価」
同シリーズのドッグフード。
ラムが主原材料で、その他は別のレシピとほとんど変わりはありません。

記事を読む


「穀物フリーのドッグフード|シュプレモ レシピの全商品比較と評価」
レシピシリーズ全商品の特徴を比較&評価しています。
どのフードを選べばいいか分からない人へオススメの記事です。

記事を読む

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です