MENU

カデコリー

2019年 買って良かった犬のグッズ 10選

子犬のグッズ|しつけや生活に役立つおすすめの必須アイテム【6選】

こんにちわ、藤ト(@fujikennel)です。

子犬を迎え入れるときって、いろんなグッズを用意しなければならないですよね?

犬用のグッズにも、いろんな種類があるので、どれを買えばいいのか悩むと思います。

飼い主

子犬を買うのに、必須のアイテムって何だろう?
失敗しないために、おすすめのグッズを知りたい。

飼い主

今回は、このような子犬を飼うのに必要な、グッズを紹介します!

僕は今まで何度か子犬を迎え入れることがありましたが、買ってよかったものや、失敗した経験をもとに解説していきます。

この記事でわかること
・子犬を飼うのに役立つグッズの種類。
・おすすめの商品や、選んだ理由。

子犬を飼うのに必要なグッズ

子犬を飼うのに必要なグッズは以下の通りです。

  • 安心して過ごせる場所(サークル、クレート)。
  • トイレ(トレー、シート)。
  • 一緒に遊べるおもちゃ(ロープ、ボール)。
  • 餌入れ。
  • その他(首輪、リードなど)。

首輪やリードは、のちのち揃えればいいですが、他のグッズは迎え入れの前から用意しておきましょう!

愛犬

おもちゃも、お互いの関係作りや、運動に役立つので、必須だよ♪

子犬を飼うのに必要なグッズの役割

子犬を飼うのに役立つグッズは、それぞれ明確な役割を持ちます。

子犬が新しい環境で、安心&安全な生活を送るために、必要なポイントなので、しっかり役割を把握しておきましょう!

愛犬

僕たちが、楽しく生活するために、役立つアイテムばかりなんだよ♪

ハウスやクレート

ハウスやクレートは、子犬専用の空間として与えます。

子犬も、自分のテリトリーを与えれれることで、落ち着いて暮らすことが出来ます。

しつけ上の観点でも、犬に自分の場所を与えるのはプラスなので、ハウスやクレートは用意してあげましょう!

トイレトレーやシート

子犬を室内飼いするのであれば、絶対に必要です。

トイレトレーがないと、シートを固定出来ないので、必ずセットで用意しましょう!

子犬が3日間でトイレトレーニングをマスターするための方法」を行いながら、排泄場所を教えるのがおすすめです。

おもちゃ(ロープ、ボール)

子犬におもちゃを与えるのは、個人的に必須だと思っています。

愛犬との関係構築や、ワクチン接種まえで外出出来ない、子犬の運動のためにもメリットばかりです!

コスパが最高の、子犬に最適のおもちゃを用意して、たっぷり遊んであげましょう。

餌入れ

子犬の餌入れは、体のサイズにあったものを選びましょう!

しかし、子犬は成長のために、意外と多めの量を食べるので、食べやすさは重要です!

子犬でも、餌を食べやすいように、設計された餌入れがおすすめです。

その他

絶対に必要な訳ではないですが、のちのち子犬が成長したときに、必要になるグッズは揃えておいた方がいいです。

理由は、子犬の社会期(生後4〜13週)の間は、いろんな吸収しやすい時期だからです!

子犬のために、揃えておいた方がいいグッズをリストアップしました。

  • ブラシ、コーム、爪切り、歯ブラシ。
  • 首輪、リード。
  • 服や靴。

犬の被毛や爪などを美しく保つためのグッズや、散歩い必要な首輪などは必須アイテムです。

服や靴は、抜け毛対策や、避難時にも使えるので、慣らしておいて損はないですよ!

子犬におすすめのグッズ紹介

子犬を迎え入れるさいに準備しておくべき、おすすめのアイテムをまとめました。

ほとんど、僕が使ったことがある商品なので、使用感などのポイントも紹介していきます!

愛犬

どれも必要なものばかりだよ〜♪

子犬におすすめのグッズ【6選】

子犬におすすめのグッズは、全部で6種類あります。

数が多いので、なるべくコスパが良いものばかりを選びました。

①ペティオ トイレのしつけがしやすいサークル

サイズスモール/レギュラー/ワイド
カラーホワイト/ブラウン
価格12,951〜16,452円

トイレのしつけがしやすいサークルなので、かなりおすすめの商品です!

犬は、トイレと居住空間が分かれている方が、圧倒的にトイレトレーニングが成功しやすいです。

トイレのしつけに自信がある人は、ふつうのサークルでも問題ないです。

Amazonで購入

②リッチェル クレート

サイズM/S
カラーアイボリー/ダークブラウン/ライトピンク
価格3,723〜5,555円

とくにこだわりが無ければ、クレートはリッチェルの商品を選べばOKだと思います!

しっかり耐久もあり、開閉しやすい設計なので、清掃も楽なのがポイント!

子犬むけのクレートなので、MorSサイズを紹介していますが、中型犬以上の成犬には小さいです。

大きな犬を飼っている人は、子犬が成長したら、クレートを買いかえた方が良いです!

Amazonで購入

③リッチェル トイレトレー

サイズレギュラー/ワイド
カラーアイボリー/ダークブラウン/ライトピンク
価格1,791〜4.028円

子犬は、やんちゃ盛りで、トイレシートを破く犬が多いので、メッシュ付きの商品がおすすめ!

小型犬までならレギュラーサイズ、中型犬以上であればワイドタイプを選ぶのが良いと思います。

Amazonで購入

④デオシート トイレシート

サイズレギュラー
枚数112枚×4袋(448枚)
価格6,191円

トイレシートは生活必需品なので、割安の大容量パックを選ぶのが基本だと思います。

112枚×4袋の、計448枚入っているので、1回買えば長期間もちます。

価格だけで言えば、デオシートより安い商品はありますが、正直おしっこの吸収力が悪いです。

デオシートは、しっかりおしっこを吸い取ってくれるので、僕も愛用している最高のトイレシートです!

Amazonで購入

⑤おもちゃセット(12個)

おもちゃの種類ロープ、リング、ボール
セット個数12個
値段1,199円

全12種類のおもちゃが入ったセット商品です!

1個あたり約100円なので、壊れても経済的に痛くありません。

ロープからボールまでたくさん種類があるのもポイントで、子犬との飽きない遊びに最適です。

Amazonで購入

⑥餌入れ SuperDesign

サイズS/M/L
カラー全8色
価格1,394〜2,894円

子犬のドッグフードはふやかして与えるので、浅すぎる餌入れだと、溢れてしまいます。

また、この餌入れは、傾斜が15度あるので、愛犬が餌を食べやすいです。

サイズやカラーが豊富で、好みに合わせやすいので、イチオシの餌入れです!

Amazonで購入

子犬のグッズまとめ

いかがだったでしょうか?

子犬を迎え入れるのには、意外と費用が必要ですが、どれも必要なものばかりです!

なるべくコスパが良いものを選んで、全体的なコストを減らしていきましょう。

今回はグッズについて紹介しましたが、他にも子犬の飼い方のまとめ記事もあるので、チェックしてみて下さいね!

それでは以上になります。
何か質問などありましたらTwitter(藤ト@fujikennel)までどうぞ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です