MENU

カデコリー

2019年 買って良かった犬のグッズ 10選

失敗しないペット可(犬or猫)賃貸を選ぶ【4つのポイント】

こんにちわ、藤トです
みなさんはペットが飼いたいけど賃貸だから飼えなくて悩んだことはありませんか?

僕は家の都合で人生27年間で8回引っ越しをして色々な物件を見て来ました。
最終的にはマイホームを購入しましたが、それまではペット可賃貸を選んでいました。

そんな引っ越し経験が無駄に豊富な僕ですが、今回は犬や猫を飼いたい人に向けて「失敗しないペット可物件の選ぶポイント」を紹介していきます!

ペット可(犬or猫)物件を選ぶポイント

世の中には色々な大家さんや住人がいるのでいろいろな問題が起こり得ます。
実際にあった例を挙げると

  1. ペット可物件のマンションにペット嫌いな人が住んでいる。
  2. なぜか玄関前で虫を飼う猛者もいました。
  3. 吠え癖が酷い犬がいてマンション中に音が響き渡っている。
  4. 物件サイトにペットOKと書いていても犬or猫(片方のみ)の場合。

他にもありますが、代表的なものをピックアップしました。
これらの体験を元にペット可賃貸を選ぶ上での注意点を紹介していきますね!

飼いたい犬種が本当に飼えるのか確認する

中型〜大型犬を飼おうと思っている人がするべき確認事項です。
大家さんも家賃収入を手に入れるのが本来の目的なので、空部屋対策でペット可賃貸にしているケースがあります。

空部屋対策でペット可にしている物件の多くは、中型〜大型犬は飼育許可されていない場合が多く、物件情報の中に「小型犬のみOK」としっかり記載しているなら良いのですが、記載してない賃貸もあります!
また、どの犬種までが小型犬なのかの線引きも大家さんによって違う場合が多々ありますね。

例えば)

  • 柴犬
  • コーギー
  • ビーグル
  • ボストンテリア
  • その他

これらの犬種はグレーゾーンなので事前確認をしておくのが確実です。

その物件は、建てた当初からペット可な物件なのか?

ペット可物件に住むなら、楽しく気持ちよく過ごしたい所ですが、世の中には色々な人がいるのでペット自体が嫌いな人や、何かと難癖つけて文句を言いたがる人(クレーマー)も多くいます。

ペット可賃貸なら、みんなペットが好き!」と思いがちですが、中には大家さんの都合で、途中からペット可物件になったケースもあります。

そういった物件には、ペットが苦手な人もいる可能性があるので、お互い気持ちよく過ごす為には、最初からペット可だったのかどうかを聞いておくのも重要なポイントの1つになるでしょう。

エレベータはあるかどうか

1階の部屋なら問題ないのですが、防犯的に2階以上の物件方が良いと言われているので、上の階に住みたい人も多いのではないでしょうか?

そんな場合には、やはりエレベータの存在は絶大です!
他に荷物があって犬を抱っこ出来ない場合や、腰を痛めやすい犬種(コーギー等)には階段を毎回上り下りするのは苦行だと思います。

犬が若いうちは良いですが、シニア犬になって介護が必要になったときに(特に大型犬)エレベーターが必須になるでしょう!

近くに遊びに行けるペット可の公園や、すぐにいける動物病院はあるか

近隣の施設は本当に大事です!
犬を飼う場合は近くに歩いていけるペット可の公園などがあると便利ですので家の条件だけでなく近隣の情報をある程度調べておくと良いでしょう。

これは全てのペット共通ですが、良い先生がいる動物病院が近所にあると不意に火傷・異物を飲んだ・怪我をした等の場合にすぐに駆けつける事が出来るので安心です。

ペット可(犬or猫)物件の選び方まとめ

いかがだったでしょうか?
日本は狭い空間の中に沢山の人が住んでいる密集状態なので、ペットを飼うのにも心労が尽きない国ですが、そんな中でも探せば良い物件には沢山巡り合えます!

また不動産の中にはあらかじめ自分の飼いたい犬種と賃貸条件を伝えておくと、物件が空いたときに電話で知らせてくれる所もあります。

実際に僕の場合はボーダーコリーを飼える賃貸が無くて困ってた時にエイブルさんに条件を伝えておいたのですが半年後に物件が空いた事を電話で伝えて来てくれました!

なので、実際に不動産と相談して見る事を僕は強くおススメします!
良い物件が見つかると良いですね!

それでは以上になります。
何か質問などありましたらTwitter(藤ト@fujikennel)までどうぞ!

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です