2019年 買って良かった犬のグッズ 10選

国産ドッグフード 馬肉自然づくり|成分や毎月の餌代などを調査





こんにちわ、藤ト(@fujikennel)です。

馬肉ってヘルシーで美味しい高級食材ですよね!
高タンパク&低カロリーで、鉄分・カルシウム・ビタミンも豊富な栄養満点の肉素材です。

動物性タンパク質の摂取が重要な犬にとっても馬肉はぜひ食べさせてあげたい食材の1つです。
今回は馬の新鮮肉を使った国産ドッグフードの成分や毎月の餌代などを調査します。

この記事でわかること
・馬肉自然づくりの成分や安全性。
・毎月にかかるドッグフード代の目安。

ドッグフード「馬肉自然づくり」とは?

ドッグフード「馬肉自然づくり」は馬刺しなどで有名な熊本県で肥育された馬を主原材料として製造されています。
栄養のバランスの非常に良いのでぜひ愛犬に食べさせてあげてほしい一品です!

また、「馬肉自然づくり」は以下のような特徴があります。

  • 馬刺し専門店の人間用の素材を使用。
  • 添加物、防腐剤、着色料、香料なし。
  • 高い衛生管理水中にある熊本中央食肉センターを通過した馬肉を使用。
  • HACCP(食品を安全で効率的に製造する手法)に対応する工場で製造。
  • 気温、湿度などを計算し、毎日製造方法を微調整。

愛犬

栄養満点の熊本県産の馬肉が食べれるなんて夢みたいだよ!
ランクAランク
【4.1点】
AAFCO
栄養基準
クリア
主原材料馬肉(熊本県産)
好ましくない素材穀物
危険な素材なし
価格1kg 3,000円
(定期コースで割引可)

商品を購入する

国産ドッグフード「馬肉自然づくり」の性能

馬肉自然づくりは成犬からシニア犬まで幅広い範囲の犬に適しています。
子犬に与えてはいけないわけではありません。

成分や原材料

成分成分率感想重量比
粗タンパク質27%以上約29%
粗脂肪11.1%以上約11.9%
粗繊維5.2%以下約5.6%
粗灰分2.2%以下約2.4%
水分7%以下
原材料リスト
馬肉(熊本産)、鶏肉(鹿児島産)、玄米、大麦、黒米、きなこ、かつお粉、米ぬか、馬油、おから、ハト麦、卵、わかめ、小松菜、昆布、ビール酵母、卵殻カルシウム

AAFCO(栄養管理基準)をしっかりクリアしています。
成分のバランスは良く、原材料は九州地方の新鮮な食材をメインに使用した安心・安全のドッグフードです。

しっかりした栄養素を摂取出来るので、元気がない愛犬やドッグフードにこだわりがある飼い主へ強くおすすめしたい商品です!

毎月に必要なドッグフード代

馬肉自然づくりの毎月にかかるドッグフード代の目安。
定期コース(1kg×3袋=7,695円)で購入した場合で計算しています!

超小型
5kg以下
小型犬
5〜10kg
中型犬
10〜25kg
大型犬
25kg以上
6,000〜8,0006,000〜13,000円13,000〜25,000円25,000円〜

1歳(未去勢)の成犬の場合で計算しているので、やや高めになっています。
生活スタイルや年齢、給与量などによって大きく変動します。

商品を購入する

国産ドッグフード「馬肉自然づくり」のユーザー評価


国産ドッグフード「馬肉自然づくり」をユーザー目線で評価していきます。

「馬肉自然づくり」のメリット

  • 熊本県産の馬肉で作られている。
  • 商品や製造場所の安全性が高い。
  • 栄養バランスが優れている。

安全性が抜群で、栄養価も余裕でAAFCO基準をクリアしています。

「馬肉自然づくり」のデメリット

  • 高級ドッグフードなので維持費が高い。
  • 馬肉アレルギーだと食べれない。
  • 玄米などの穀物を含む。

高級ドッグフードなのでコストがかかるとは当然です。
他には穀物や馬肉アレルギーを引き起こす子には向かない場合もあります。

しかし、馬肉自然づくりの穀物は比較的犬に安全な玄米などの食材を選んでいるので、あまり深く心配する必要はないと思います。

「馬肉自然づくり」の総合評価

栄養価4.5点
安全性4.5点
コスパ3.2点
総合評価4.1点【Aランク】

栄養価・安全性がともに高く、安心して愛犬に与えることが可能です。

予算さえ許すのであれば、素晴らしい餌になってくれるでしょう!

商品を購入する

国産ドッグフード「馬肉自然づくり」まとめ

いかがだったでしょうか?
今回は国産ドッグフード「馬肉自然づくり」の調査をしました!

いま与えているドッグフードの食いつきが悪い場合や、より高品質な餌を与えない人におすすめできる商品でしたね。

馬肉をメインに使った贅沢で高タンパクなので、犬に必要な動物性タンパク質をしっかり摂取できるので最大のポイントです!

それでは以上になります。
何か質問などありましたらTwitter(藤ト@fujikennel)までどうぞ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です