2019年 買って良かった犬のグッズ 10選

動物愛護法の改定で、犬や猫へのマイクロチップ埋込が義務化

こんにちわ、藤トです!

以前より話が挙がっていた動物愛護法の改定ですが、2019年6月12日に参院本会議にて全会一致で可決されました。
具体的な内容は以下の通りです。

  1. 販売用の犬猫へのマイクロチップ装着の義務化。
  2. 生後56日まで販売を禁止。
  3. 動物への虐待や殺傷などへの罰則を強化。

一体なぜ動物愛護法は改定されたのでしょうか?
また、今回新しく決まったルールによって犬猫たちへどのような影響を及ぼすかについて解説していきます。

今回の記事でわかること
・2019年6月12日に可決された新動物愛護法の詳細。
・改定によって犬猫、飼い主、販売業者などに及ぼす影響など。

今回の動物愛護法改定で起こる変化

冒頭で改定後の動物愛護違法について紹介しましたが、よく内容がわからないという人もいると思うので深掘りして解説していきます。

マイクロチップ埋込の義務化

動物にマイクロチップを装着すると聞くと、少し怖いイメージですが実際には注射器で皮膚に埋め込むだけなので、人間の予防接種のような感じです。

今までもマイクロチップを埋め込んでいる犬猫はいましたが、義務化はされていませんでした。
それが、今回の改定によって必ず装着しなければならなくなったのです。

一体なぜ義務化する必要があったのでしょうか?
その理由をまとめます。

  • 災害時などに遭難した犬猫の保護者を探すため。
  • 無責任な飼い主から捨てられた犬猫の飼い主を特定するため。
  • 主人が誰か分かってしまうので虐待防止にも繋がるため。

主に飼い主を判別するのが一番の目的です。
被災地に残されていたり、捨てられた犬猫が世の中にはたくさんいます。

そんな現状を打開するためにはマイクロチップの装着が一番の解決法だったので、新しい法律として認められたのだと思います。

生後56日まで販売を禁止

今までは生後49日以降から生体販売が認められていましたが、今回の動物愛護法の改定で56日まで延長されました。

母犬と長い期間ともに過ごすことで子犬の免疫力を高めるためというのが理由の1つですが、1番大きな要因は”可愛い子犬を見て衝動買いしてしまう行動”を抑制することなのではないかなと個人的には思っています。

現在はペットショップで生後49日頃の1番小さくて可愛い状態の子犬がショーケースで展示されているので、つい一目惚れをしてしまい衝動買いしてしまう人が世の中には多くいます。

ずっと可愛がるのであれば問題ないのですが、衝動買いで飼われた子犬たちは保護犬になってしまう割合が多いというデータがあるので、それを抑制する意味での改定でもあります 。

動物への虐待や殺傷などへの罰則を強化

ペットを虐待したり、殺傷した場合の罰則が大きく強化されました。
今までは動物を殺傷した場合「2年以下の懲役または200万円以下の罰金」でしたが、改定後は「5年以下の懲役または500万円以下の罰金」とより厳しい内容に変更されました。

厳しいとはいっても虐待しなければ何の問題もない法律なので、妥当な変更だと思います。
個人的には、動物虐待抑制のためにもっと厳しい罰則に強化しても良いくらいです!

動物愛護法改定によって及ぼす影響

今回の動物愛護法の改定によって、いろいろな場面での影響が考えられます。
一概に良い影響ばかりとは言えませんが、一部を紹介します。

ペットショップの売り上げへの逆風

ペットショップが悪という訳ではありませんが、企業や会社が経営する以上は利益を上げないといけないので様々な商法で犬猫を販売しています。

  • 人気種の犬猫を多く繁殖させ、販売する。
  • 可愛い子犬や子猫をショーケースに飾り衝動買いを誘発する。
  • 店員がやたら購入を勧めてくる。

などは一部の店舗で良く行われていますし、僕自身やたら購入を勧められたこともあります。(全てのペットショップではありません)

しかし、今後は1番可愛い時期の子犬をショーケースに展示できる時間が短くなったので、ペットショップにとっては大きな逆風になるでしょう。

子犬の社会化期間が短くなる

別記事にて解説していますが、子犬は生後4〜13週間の間が社会期間です。
この時期は恐怖や不安などを感じにくく、新しい経験を柔軟に吸収していくのに最適な時期なので、犬をしつける上で1番大切な時間です。

しかし、今回の改定で生後56日(8週)まで販売が禁止されてしまったので、残された社会化期間は残り5週間しかありません。
そしてワクチン摂取が終わっていないので外を歩かせることが出来ません。

つまり子犬の社会化をさせるのが困難になってしまったのです。
具体的には以下のような問題が生じる可能性があります。

  • 見知らぬ人や犬に吠えまくる臆病な性格になりやすい。
  • 車や物などに慣れることが出来ない。
  • インターホンの音などに過剰反応を示す。

そんな状況を避けるためには、以下のような対策が取れます。

  1. 販売までの間しっかり社会化訓練してくれる人から購入する。
  2. なるべく早い段階で迎え入れて、ワクチン摂取前に外出する。

この2つの条件を満たすだけで、社会化は十分に行えます。
ただ、いきなり社会化と言われても困ると思うので、もう少し深掘りして解説します。

子犬の生活環境が良い人から購入する

生まれ育った環境によって、その子の性格は大きく変わります(断定)
子犬の社会化期は感性がとても変動する期間なので、生後から迎え入れまでの間に過ごした環境がとても大切だからです。

なので子犬を迎え入れる際は購入先の情報を手に入れておくことが重要です!
具体的には以下のような点をチェックします。

  • 両親犬の健康状態や、生活環境(犬舎)のチェック。
  • 母犬や兄弟犬と共に生活出来ているか?
  • 繁殖者(ブリーダー)の人柄。

これらの情報を手に入れやすいのは圧倒的にブリーダーです!
犬舎の見学をさせて貰えばだいたいの生活環境は分かりますし、実際に産みの親に会うことで得られる情報を多いです。

今後は、信用できるブリーダーからの購入を強く勧めます!

ワクチン摂取前に出かける

子犬は免疫力が弱いので基本的にワクチン摂取完了までの散歩などは禁止されています。
しかし、菌に触れさせなければ問題はありません。

つまり、子犬を地面に下ろして歩かせるのは感染の危険があるのでダメですが、飼い主がだっこして近所を少し歩く程度なら問題はありません。
もちろん他の犬との接触はタブーですし、車の音などの慣れさせる程度の訓練で良いでしょう。

赤ちゃんの抱っこ紐を使った社会化訓練の方法や、僕が実際にワクチン摂取前の子犬を外に連れ出すために購入したスリングのレビュー記事などもあるので参考にどうぞ。

犬猫への虐待や遺棄が減る

完全に犬猫への虐待や遺棄を防ぐのは不可能でしょう。
しかし、今回の動物愛護法の改定によって、飼い主が特定されるようになったので抑制効果があると思っています。

また、衝動買いを減らす効果も期待できるので、少しでも保護犬や捨て犬などの不幸なペットたちが減るのを祈っています。
殺傷などの虐待への罰則も「5年以下の懲役または500万円以下の罰金」と、大幅に強化されているので良いですね!

また他の記事に、「犬や猫の飼いやすさの比較」や「初心者の犬猫をおすすめする理由」などもあるので、ぜひチェックして下さいね!

それではこれで以上になります。
何か質問などありましたらTwitter(藤ト@fujikennel)までどうぞ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です