2019年 買って良かった犬のグッズ 10選

【完全版】良質な犬のペットショップを見分ける7つのポイント

こんにちわ、藤トです!

「新しく犬を飼いたいんだけど、どのペットショップを選べば良いの?」
「ショップが多すぎて、どの店が信用出来るかわからない><」

ペットショップってどこに住んでいても大抵近くのショッピングモールなどに店舗があるので手軽にペット(犬)を購入することが可能なのが最大のメリットなのですが、世の中には動物を売りつけることしか考えていない悪徳ペットショップが存在するのも事実です。

これから大切な家族になる愛犬をしっかりしたお店で購入するためにも、今回は良質なペットショップの選び方を紹介していきます。

この記事でわかること
・良質なペットショップの特徴や選び方。
・誤った情報に騙されてはいけないということ。

良質で信用出来るペットショップとは

はじめに言っておくと、悪徳ペットショップを確実に見抜くことは不可能です。
なぜなら、粗悪な商売をしている経営者もいろいろ知恵を働かせて、見せたくない場所は隠している場合は多いからです。

実際に悪徳ショップが絶滅せずに、世の中を渡り歩けている現状があるので自分がしっかり騙されないように努力する他ありません。
そのためには良質で信用出来るペットショップを見極める必要があります。

具体的どうすればいいのかと言うと
「店内の雰囲気や店員(バイト含む)の対応などを見る」ことです!
チェックするべき項目は幾つかあるので、順番に解説していきます。

販売している仔犬の情報をしっかり教えてくれる

仔犬の出身場所や、親犬に遺伝疾患がないかどうかなど知っておくべき情報はたくさんあります。
例えば、購入前の段階で歯並びが悪いという細かい情報もしっかり教えてくれるショップはしっかりしているなと思います。

逆に店員に質問しても誰も分かる人がいなかったり、あやふやにされるようであれば、あまり信用は出来ません。

店内(ショーケース内)が清潔に保たれている

動物を管理している場所なので、店内やショーケース内がきれいに保たれているのは当たり前のことですよね。
不潔な生活環境は免疫力のひくい仔犬にとって悪い環境なので、店内すべての清潔度は要チェックです。

実際に下痢まみれの子犬や、トリコモナスが寄生した子を販売していた業者は過去に存在します。

スタッフに動物関する知識がある人がいる

動物でも物でも同じことが言えますが何かを販売する以上、売り場に専門の知識がある人がいるというのは企業(会社)として常識です。
スタッフ全員にそれを求めるのは厳しいですが、簡単な質問をして誰かしらから返答がないようであれば、その店での購入を考え直したほうがいいかもしれません。

ショーケース内の仔犬に元気がある

管理状態がわるいと、仔犬が病気や疲労・ストレスでぐったりしている場合も考えられますね。
寝ている場合もありますが、ショーケースを叩いて無理やり起こすのはやめましょう(店員さんに触らせてもらえるか確認するのが良いと思います)

排泄物がいつまでも放置されていない

お店にも忙しい時間帯があるので、毎回すぐに片付けるのは不可能ですが、何時間経っても排泄物が残っているようであれば管理状態に問題があるかもしれませんね。

仔犬同士が触れ会う時間が設けられている

仔犬はワクチン接種が完了していないので、ほかの犬と接触することは出来ませんが、菌をもっていない仔犬同士なら接触しても大丈夫です。
最近は仔犬の社会化に力をいれているペットショップもあるので、仔犬同士を遊ばせたりする時間を設けているのもポイントですね。

店員さんに服装や格好が常識の範囲内である

人を見かけで判断するのは間違っていますが、ペットショップで働くうえでの最低限の服装や格好というものがあります。
極端な例でいうと、プンプン強烈なにおいがする香水をつけていたり、爪が異様に長かったり動物に悪影響を及ぼすもの。

これらの全てポイントをしっかりクリアしていることが、良質な店の最低条件だと思います。

ネットの口コミを鵜呑みにするのは危険です

ペットショップから犬を迎え入れるときに、ネットで情報を得てから購入しようと考える人も多いと思いますが、全てを鵜呑みに信じてしまうのは危険です。
なぜなら書いていることが全て真実とは限らないからです。

なぜネットの情報を鵜呑みにしてはならないのか?

ネットでの情報を鵜呑みしてはいけない理由は2つあります。

  1. お店側が良いレビューをしている可能性がある
  2. お客側が無茶苦茶な理由でクレームをつけている可能性がある

嘘のようでよくある話です。

店側が良いレビューを付けている可能性がある

ネットは匿名で書き込みが出来るので、お店側が自作自演で高評価を付けたり、自分の店を簡単にオススメすることができます。
お金を払って第三者に良いレビューを書かせることも可能なので、例え高評価がついていても真実かどうかは保証されていません。

客側が無茶苦茶な理由でクレームを付けている場合

今度はまったく正反対のパターンで、客側が無茶苦茶な理由をつけて店に悪い評価をつけようとしているケースです。
人は良い評価をわざわざネットなどで書き込むことは少ないですが、悪い評価はどうしても周囲に拡散させようとしてしまう傾向が強いです。

特にクレーマーの人は何でもない事を大げさに拡散しようとするのでネットでの低評価は信頼性に欠けています。
つまり不確実な情報もおおいので、鵜呑みにするのは良くないという話ですね!

まとめ

いかがだってでしょうか?
良いペットショップとの出会いは、楽しい犬との生活に繋がります。
せっかく迎え入れた愛犬が、実は先天性の病気持ちや遺伝疾患があり子だった場合は飼い主も辛い思いをすることになります。

今回はこれで以上になりますが、なにか質問などあったら遠慮なくこちらへ
<<藤ト@藤犬舎(fujikennel)|Twitter

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です