2019年 買って良かった犬のグッズ 10選

ドッグフード レガリエの成分や原材料などを評価

レガリエ ドッグフードとは?
  • 世界一の品質を目指している国産商品。
  • 生肉種原材料(鶏・牛・魚)。
  • 穀物不採用(グレインフリー)。
  • ヒューマングレード(人間が食べられる)。
  • 室内飼いの小型犬むけの商品。
評価ランクAランク(4.1点)
※5点満点中
主原材料チキン、牛など
栄養基準
(AAFCO)
クリア
好ましくない&危険な素材なし
適応犬種

全犬種・全ライフステージ

※室内飼いの小型犬がおすすめ!

価格

定価 5,480円

定期 4,280円(22%OFF)

※初回限定!たった500円で食いつきを試せます!

こんにちわ、藤ト(@fujikennel)です。

出来ることなら、愛犬に高品質なドッグフードを与えたい。

犬を飼っている人なら、誰しも一度は考えたことがあるのではないでしょうか?

また、高級フードはコストがかかるので買えないけど、どんな性能なのか興味がある人もいるのではないでしょうか。

飼い主

小型犬を飼っているんだけど、品質が一番良いドッグフードって、どんな感じなんだろ?

今回は、世界一の品質を目指すドッグフード「レガリエ」の成分や評価を、みなさんに紹介していこうと思います。

記事の内容
・ドッグフード レガリエの栄養価・安全性など。

・毎月に必要なドッグフード代の目安。

記事の信憑性
筆者の藤トも、犬を飼っており、ドッグフードの勉強をしつつ、最適の餌を選んでいます。

当ブログでは、いままでに約80種類いじょうの商品を徹底評価しているので、他のドッグフードとの違いを踏まえ、レガリエを紹介します!

【レガリエ】国産×グレインフリードッグフード

ドッグフード レガリエとは?

冒頭でかるく紹介しましたが、レガリエは以下のような特徴をもつドッグフードです!

  • 動物性タンパクが豊富(鶏・牛・魚)。
  • 人間が食べれるほど高品質。
  • 穀物を含まない、国産のドッグフード。
  • 10kg以下の小型犬に最も適している。
  • 初回500円でお試しパックの購入可能。

犬にとって必要な栄養をバランスよく含み、世界一を目指すほど、品質にこだわりがあるドッグフードです。

実際に国産ドッグフードは、輸入する際に鮮度の劣化する心配がないのが、大きな強みです!

また、輸送コストがかからないので、商品価格を無駄に高くしなくて済むというメリットもあるんです。

MEMO
ドッグフードは、輸出される際に、高温のコンテナなどで運ばれる場合が多いです。

そういった環境は、餌にとって良質なものとはいえばいので、品質の劣化につながる可能性が考えられます!

また、レガリエは、どんな犬にでも与えることができますが、10kg以下の小型犬に標準を絞って製造されています。

フードも小粒で、口が小さな犬でも食べやすいので、小型犬たちの食いつきも期待が持てます!

愛犬

初回限定だけど、たった500円で、食いつきを試せるのが凄いんだよ♪

レガリエの製造方法

レガリエは、低温加熱製法という製造法を用いており、素材の栄養をこわさない温度で、ドッグフードを作っています。

他の多くのドッグフードは、120〜180度の高温化で製造されているのに対し、レガリエは80〜90度で管理されています。

時間がかかってしまう方法ですが、素材の栄養を壊しにくいという、大きなメリットがあるんです!

愛犬

品質の高いドッグフードは、この低温加熱製法を用いてる場合が多いよ♪

レガリエの成分や原材料

成分成分率乾燥重量比
粗タンパク28%以上約30.8%
粗脂肪10%以上約11%
粗灰分3%以下約3.3%
粗繊維7%以下約7.7%
水分10%以下
原材料リスト
生肉(鶏肉)、牛肉(ニュージーランドorオーストラリア)、金沢港の旬の魚、鶏レバー、イモ類(じゃがいも、サツマイモ)、ヤシ粉末、豚油かす、カツオとマグロの魚粉、ひよこ豆、アルファルファ、ひまわり油、ごま油、リンゴ、トマト、鶏油、マグロオイル、乳清、脱脂粉乳、カルシウム粉末、アミノ酸類(タウリン、メチオニン、リジン)、クランベリー、改装、フラクトオリゴ糖、乳酸菌、ビタミン類(B1、B2、パントテン酸、B6、B12、ナイアシン、葉酸、E、K)、ミネラル類(亜鉛、銅)

鶏・牛・魚などの、動物性タンパクを豊富に含み、脂肪は抑え気味になっています。

レガリエは、室内飼いの小型犬を想定して作られたドッグフードなので、脂肪は低めで問題ないと思います!

愛犬

アクティブに運動する犬には、向かないけど、普通の室内犬の肥満防止にはかなり役立つよ♪

原材料も、これといった粗悪な素材が見当たらず、犬にとって意味のあるものが、たくさん入っています。

MEMO
お腹の菌活をサポートする働きもあります!
  1. 乳酸菌は、便秘の改善などの腸内環境を整える効果があります。
  2. オリゴ糖は、乳酸菌の活動を活発にしてくれます。

レガリエの保存期間(賞味期限)

レガリエは、保存料などを使用していないので、未開封でも約9ヶ月しかもちません。

開封後は遅くても1ヶ月以内には、食べきったほうがいいですが、商品が850gろ小分けされているので、すぐに食べきれるでしょう!

愛犬

保存期間が長いほうが、ドッグフドの安全性に、問題がある場合があるんだよ!

レガリエに必要になるドッグフード代

推奨給与量と、商品の価格をもとに、1ヶ月あたりの餌代を計算しました。

超小型
5kg以下
小型犬
5〜10kg
中型犬
10〜25kg
大型犬
25kg〜
3,500〜7,800円6,800〜16,500円13,900〜36,800円24,000円〜

※1.7kg=4280円で計算。

愛犬

コストが高いって意味でも、小型犬むけのドッグフードだと思うな!

最安値で購入するには?

レガリエは、定価1.7kg=5,480円ですが、実際にはもっと安く購入できます。

レガリエを最安で購入する流れ
  1. 公式サイトの、ページ最下部を開く。
  2. 注文情報を記入し申し込む。
  3. 最初はサンプル品が届く。
  4. 気に入れば定期継続へ変更する。
  5. 定期価格4,280円で購入可能になる(22%OFF)!

1回の購入で、2個以上たのめば、送料が無料になるので、おすすめです!

また、試供品が届いて、気に入らなかった場合は、到着から5日以内のキャンセルすればOKです!

何もなければ、到着から10日後に、次の商品がとどくので、楽しみにまっておきましょう。

愛犬

配達周期は、最大90日で設定できるので、愛犬のペースに合わせて決めてね♪
【レガリエ】国産×グレインフリードッグフード

ドッグフード レガリエの評価

ここまでの話で、ドッグフード レガリエが何となく優秀な商品というのは分かりましたが、実際に購入するとなると、どうでしょう?

ユーザー目線で、レガリエを評価しました!

レガリエを選ぶメリット

レガリエを選ぶメリットは、以下の通りです。

  • 栄養バランスが良い。
  • 国産ドッグフードである。
  • 製法や素材が優れている。

レガリエは、高タンパク&低脂肪と、室内飼いの犬に適した成分をしています。

基本的に太りにくいので、シニア期を迎えても、そのまま与えて問題ないドッグフードです。

栄養価を壊しにくい製法や、安全であたえる意味のある素材で作られているので、とても選ぶ価値が高いと思います。

レガリエを選ぶデメリット

レガリエを選ぶデメリットをまとめました。

  • コストが高い。
  • 中型犬、大型犬には不向き。
  • 運動する犬にも適さない。

レガリエは、完全に室内飼いの小型犬に適したドッグフードなので、大きな犬やアクティブな犬には不向きです。

小型犬に必要な餌の量くらいなら、一般の家庭でもなんとかなる価格で済みますが、中型犬以上だとかなりコストも高くなります。

レガリエの総合評価

レガリエの評価
栄養価(4)
(4.0)
安全性(5)
(5.0)
コスパ(3.2)
(3.0)
総合評価(Aランク=4.1点)
(4.0)

レガリエは、コストが高いドッグフードですが、栄養価や安全性が高いので、コスパ自体は悪くないと判断しました。

しかし、室内飼いの小型犬にとっては、これ以上ないくらいの、おすすめ商品と断言します!

ドッグフード レガリエ まとめ

いかがだったでしょうか?

レガリエは、安全性がかなり高く、栄養バランスも、室内飼いの小型犬の適したドッグフードです!

小型犬を飼っている人は、ぜひチェックしてくださいね。

それでは以上になります。
何か質問などありましたらTwitter(藤ト@fujikennel)までどうぞ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です