2019年 買って良かった犬のグッズ 10選

ドッグフード ハロー|平飼いチキンを使った高品質商品の評価

こんにちわ、藤ト(@fujikennel)です。

ドッグフード選びって、難しいですよね。
高級なドッグフードはコストがかかりますが、安い餌は栄養価や安全性が低いので、愛犬の健康を損なうリスクが伴います。

飼い主

餌代はなんとかするから、犬に安全で、しっかり栄養が摂れるドッグフードを選びたいな!

今回は、このような飼い主さんへ向けて、高品質なドッグフード「ハロー」を紹介します。

記事の内容
・ドッグフード「ハロー」の成分や原材料から見る性能の評価。

・毎月に必要なドッグフード代など。

記事の信憑性
筆者の藤トも犬(ボーダーコリー)を飼っており、アスリート犬に育てるため、ドッグフード選びは勉強をした上で、慎重に行なっています。

今回紹介するハローも、成分や原材料をすべてチェックし、栄養価・安全性・コスパなどを評価しています。

ドッグフード ハローとは?

ドッグフードのハローは、岐阜県の「ベッツ・チョイス・ジャパン」という会社が販売している商品です。
※生産はアメリカです。

他にも、セレクトバランスなどの犬の健康を維持するためのドッグフードを販売しています!

国内の犬のイベントなどにも、出展しているような会社なので、身近に感じやすいのもポイントですね。

ハローの性能

今回は、ドッグフード ハローを代表して、アダルト 小粒〈平飼いチキン〉をピックアップして解説します。

「ドッグフード ハローの性能表」

評価ランクAランク(4.1点)
※5点満点中
主原材料平飼いチキン
栄養基準
AAFCO
クリア
好ましくない素材なし(小麦グレインを含まない穀物あり
危険な素材なし
価格900g=2,900円
1.8kg=5,500円

また、ハロー アダルトは、以下のような特徴を持つドッグフードです。

  • 基準を満たした環境で平飼いしているチキンが主原材料。
  • 小麦グルテンフリー、とうもろこし不採用。
  • 合成保存料、着色料、香料なし。
  • 皮膚と被毛を美しく保つ、必須脂肪酸を含む。
  • 遺伝子組み替えフリーの果物と野菜を使用。

これだけで、高性能なドッグフードだというのは、なんとなく伝わるのではないのでしょうか?

新鮮なチキンや、野菜&果物を使用しているので安全性が高く、犬に必要な成分もしっかり含んでいます。

愛犬

動物性タンパクもしっかり含むので、犬のためになるドッグフードだね♪
created by Rinker
Halo
¥5,500 (2020/09/29 12:54:33時点 Amazon調べ-詳細)

ハローの成分や原材料

ドッグフード ハローの成分と原材料をまとめました。

成分成分率乾燥重量比
粗タンパク質27%以上約29.7%
粗脂肪17%以上約18.7%
粗繊維5%以下約5.5%
粗灰分7.6%以下約8.36%
オメガ3脂肪酸0.9%以上
オメガ6脂肪酸3.7%以上
水分10%以下
原材料リスト
平飼いチキン正肉、チキンレバー、全卵、エンドウ豆、エン麦精白麦、エンドウ豆タンパク、濃縮大豆タンパク、鶏脂、亜麻仁(オメガ6脂肪酸・オメガ3脂肪酸源)、エンドウ豆繊維、ナチュラルフレーバー(加工醸造酵母)、バチルス・コアグランス発酵産物(バイオジェニックス)、ブルーベリー、クランベリー、ニンジン、サツマイモ、海洋微細藻類、イヌリン、タウリン、ミックストコフェロール(酸化防止剤)、L-カルニチン、ビタミン類(A、D3、E、B1、B2、B6、B12、ナイアシン、パントテン酸、葉酸、ビオチン)、ミネラル類(カルシウム、リン、ナトリウム、クロライド、カリウム、亜鉛タンパク質キレート、鉄タンパク質キレート、銅タンパク質キレート、マンガンタンパク質キレート、セレン、ヨウ素)

十分な動物性タンパクを含み、適度な脂肪を含むドッグフードです。

原材料に、穀物を含みますが、小麦グルテンを一切含みません

全体的に質が高い素材なかりなので、安全性はほぼ問題ないでしょう!

必須脂肪酸(オメガ3脂肪酸&オメガ6脂肪酸)も含まれるので、愛犬の被毛や皮膚をより美しく保つのに、大きく役立ちます。

また、L=カルニチンなどの、脂肪を燃焼するさいに必要な成分もしっかり含むのもポイントですね。

※鶏脂は、フードが酸化しやすくなるので、赤チェックを入れています。

ハローに必要なドッグフード代(1ヶ月)

犬のサイズ別に、毎月のドッグフード代を計算しました。

超小型
5kg以下
小型犬
5〜10kg
中型犬
10〜25kg
大型犬
25kg以上
9,300円9,300〜15,600円15,600〜30,000円30,000円〜

1ヶ月あたりのコストは、割と高めです。

他のドッグフードと比較しても、費用がかかるので、経済的な余裕がある人向けですね。

愛犬

高品質な素材使ってて、成分にも問題ないから、妥当な値段なんだけどね!
created by Rinker
Halo
¥5,500 (2020/09/29 12:54:33時点 Amazon調べ-詳細)

ドッグフード ハローの評価

ドッグフード ハローは、高品質な素材と、適切な成分の商品であることが分かりました。

しかし、コストの高さなども問題もありますが、実際に購入するとなると、どうなんでしょう?

ユーザー目線で、ハローの評価を採点していきます!

愛犬

コストさえ無視したら、最高のドッグフードなんだけどなあ♪

ハローを選ぶメリット

ドッグフード ハローを選ぶメリットを、紹介します。

  • 栄養バランスが良い。
  • 素材の品質が高い。
  • 必須脂肪酸なども、しっかり含む。

ハローは、とにかく品質が高く、愛犬に安心して食事を与えることが出来ます。

犬がより元気で美しく育つために必要な栄養を含むので、ぜひみなさんにおすすめしたい商品です!

ハローを選ぶデメリット

もうみなさんも、分かっているかもしれませんが、ハローには弱点があります。

  • かなり高コスト(高価)。
  • 一応、穀物を含む。

さきほど紹介した1ヶ月あたりのコストを見れば分かりますが、かなり高価です。

性能を考慮すると、妥当なコストなのですが、同じくらいの高性能で、少し安めのドッグフードは他にもあります。
<<中型犬&大型犬向け「ネルソンズ」
<<高タンパク&高品質「オリジン」

また、小麦グルテンは含みませんが、一応穀物を含むので、気になる場合は避けたほうが良いかもしれません!

ハローの総合評価

ハローの評価
栄養価(4.5点)
(4.5)
安全性(4.5点)
(4.5)
コスパ(3.2点)
(3.0)
総合評価(Aランク=4.1点)
(4.5)

藤犬舎のドッグフード評価基準に従って採点しました。

穀物などを含みますが、あまり危険視するような素材とも思わなかったので、4.5点の評価をつけています。

created by Rinker
Halo
¥5,500 (2020/09/29 12:54:33時点 Amazon調べ-詳細)

ドッグフード ハローのまとめ

いかがだったでしょうか?

ドッグフード ハローは栄養価・安全性ともに優れた商品ですが、価格の高さがややネックですね。

しかし、予算さえ許せば、安心して愛犬に与えることのできる餌なので、おすすめ度は非常に高いですよ!

それでは以上になります。
何か質問などありましたらTwitter(藤ト@fujikennel)までどうぞ!

モグワン ドッグフードとは?口コミや忖度なしの徹底評価! ブッチ ドッグフードの評判は?どんな犬におすすめ?【徹底評価】 カナガン ドッグフード|口コミや忖度なしの徹底評価 ドッグフード ロータス|成分や安全性を徹底評価

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です