2019年 買って良かった犬のグッズ 10選

ドッグフード ウェルネス|動物性タンパクが豊富な商品の評価

こんにちわ、藤ト(@fujikennel)です。

飼い主

栄養バランスが良くて、犬にたっぷり動物性タンパクを与えれる、ドッグフードが知りたいな。
でも、高すぎる餌は経済的に厳しいんだよな・・・。

飼い主

愛犬に栄養たっぷりのドッグフードを与えたいけど、なかなか予算に合うものって見つからないんですよね。

ドッグフードは、良質な餌になるほど、驚くくらい値段が高くなります。

僕の体感的に、ドッグフードの値段と品質の関係は、こんな感じです!

価格(1kgあたり)品質
500円以下
1,000〜2,000円ほど
2,500円以上

多少のズレはありますが、いい餌を買おうと思えば、このくらいのコストが必要になります。

飼い主

なるべく安いコストで、良質な餌を手に入れるのは、大変そうだね。

今回は、そんな悩みを解決するために、品質と価格のバランスが良い「ドッグフード ウェルネス」の商品を紹介していきます!

ドッグフード ウェルネスとは?

ドッグフード ウェルネスは、ウェルペット社が1977年に生み出したブランドです。

長い歴史があるドッグフードで、動物栄養学の専門家や科学者などが開発した、犬にとって安全性が高い商品です。

ウェルネルのドッグフードは、以下のような特徴を持ちます。

  • 商品の種類が多い(通常・穀物不採用・高タンパクなど)。
  • 主原材料は、動物性タンパク。
  • 乳酸菌を4種類配合。
  • 天然の酸化防止剤を使用。
  • 必須脂肪酸をバランス良く含む。

スタンダードなドッグフードから、穀物不採用・高タンパク・アレルギー対策などの、いろんな種類の商品があるので、愛犬に合ったものを選べます。

今回は、全商品を代表して、ウェルネス 小型犬 成犬用(1~6歳)を評価します!

愛犬

ウェルネスは、ほとんどの商品が、小型犬向けのドッグフードだよ!

ウェルネスの性能

ドッグフード ウィルネスの性能表。

評価ランクAランク(4.0点)
※5点満点中
主原材料七面鳥、チキンミール、サーモンミール
栄養基準
AAFCO
クリア
好ましくない素材穀物(グレインフリーの商品もあります)
ミール
危険な素材なし
価格1.8kg=約3,700円
※小型犬成犬用 (1歳~6歳)

愛犬

穀物がダメな犬は、グレインフリーの商品を選べるから最高だね♪


ウェルネス ドッグフード 小型犬成犬用 (1歳〜6歳)1.8kg 当社専売品

ウェルネスの成分や原材料

ウェルネスの成分や原材料をまとめました。

成分成分率乾燥重量比
粗タンパク28%以上約31%
粗脂肪17%以上約18.7%
粗灰分8.5%以下約9.4%
粗繊維4.25%以下約4.7%
オメガ3脂肪酸0.6%以上
オメガ6脂肪酸4.2%以上
水分10%以下
原材料リスト
骨抜き七面鳥、チキンミール、オートミール、サーモンミール大麦粗挽き玄米オート麦鶏脂(ミックストコフェロールで酸化防止)、トマトポマス、メンハーデン(魚)ミール、トマト、えんどう繊維、サーモン油、チキンエキス、にんじん、ほうれん草、粗挽き亜麻仁、さつまいも、ブルーベリー、りんご、チコリ根抽出物、乳酸菌(ラクトバチルス・プランタルム、エンテロコッカス・フェシウム、ラクトバチルス・カゼイ、ラクトバチルス・アシドフィラス)、ユッカ抽出物、ビタミン類(コリン、E、L-アスコルビン酸-2-ポリリン酸、ナイアシン、A、アスコルビン酸、B1、パントテン酸、B6、B2、D3、ビオチン、B12、葉酸)、ミネラル類(塩化カリウム、食塩、亜鉛タンパク化合物、硫酸亜鉛、炭酸カルシウム、硫酸第一鉄、鉄タンパク化合物、硫酸銅、銅タンパク化合物、マンガンタンパク化合物、硫酸マンガン、亜セレン酸ナトリウム、ヨウ素酸カルシウム)、酸化防止剤(ミックストコフェロール、ローズマリー抽出物、緑茶抽出物、スペアミント抽出物)、アミノ酸類(タウリン)

主原材料が肉を使用しているので、十分なタンパク質量を摂取できます。
※ミールを含む。

粗タンパク質が約31%も含まれるので、犬の体を健康で丈夫に育てるのに、大きく役立つでしょう!

MEMO
七面鳥やチキン=高タンパクで、脂肪が少なめでヘルシー。

サーモン=ビタミンDやB12が豊富で、タンパク質も十分含む。

粗脂肪も、特に問題はないですが、運動しない犬には、個人的にすこし高いと思います。

原材料に穀物を含みますが、ウェルネスには穀物フリーの商品もあるので、そちらをチェックしてみて下さい。

また、乳酸菌も4種類ふくみますが、基本的には整腸などの役割を果たします。

乳酸菌の種類
ラクトバチルス・プランタルム
エンテロコッカス・フェシウム
ラクトバチルス・カゼイ
ラクトバチルス・アシドフィラス

全て善玉菌で、整腸作用以外には、病原菌から体を守る免疫の効果などもあります。

愛犬

栄養のバランスも良いし、安全性もとくに問題なさそうだね♪

ウェルネスの維持コスト(1ヶ月)

ウェルネスの販売価格(楽天)と、推奨給与量をもとに、毎月に必要な餌代を計算しました。

超小型犬小型犬
1,900〜6,600円6,200〜11,700円

多めの給与量で、コストを計算しているので、やや高めの値になっています。

実際は、小型犬でも毎月10,000円以下くらいで済むはずなので、愛犬の体型や生活スタイルに合わせて、給与量を決めてください!


ウェルネス ドッグフード 小型犬成犬用 (1歳〜6歳)1.8kg 当社専売品

※ウェルネスは、楽天の専売商品です。

ドッグフード ウェルネスの評価

ドッグフード ウェルネスは、たっぷりの動物性タンパクと、十分な安全性の商品であることが分かりました。

値段(コスト)も高めですが、他の高級ドッグフードなどに比べると、少しだけ安い価格で手に入る良質な餌だと思います。

しかし、実際に購入するとなると、どうでしょう?
ユーザー目線で、ウェルネスを評価していきます!

ウェルネスを選ぶメリット

ウェルネスを選ぶメリットは、以下の通りです。

  • 動物性タンパクをたっぷり摂取できる。
  • 穀物不採用(グレインフリー)の商品もある。
  • 乳酸菌や、必須脂肪酸なども適度に含む。

基本的に、栄養がしっかりしていて、高品質なのがウェルネスの良いところです。

愛犬が健康で元気に育つのを、ちゃんとサポートしてくれるドッグフードだと思います。

ウェルネスを選ぶデメリット

  • ミールを含む。
  • 楽天の専売商品である。
  • 強力なライバル(ドッグフード)が存在する。

ウェルネスは、安全性が高いドッグフードですが、詳細不明なミールを含みます。

また、楽天の専売商品ということなので、AmazonやYahoo!ショッピングには売っていませんでした。
※店頭販売は、確認出来なかったので不明。

Amazonなどのアカウントしか持っていない人は、購入するのがすこし面倒かもしれません。

また、ウェルネスには、ドッグフードランキング上位の「モグワン」などの強力なライバルが存在します。

全ての面で、劣っている訳ではないですが、性能を比較してみました。

ウェルネスとモグワンの比較

 ウェルネスモグワン
評価ランクAランクSランク
タンパク質約31%約30%
脂肪/カロリー(100g)約18.7%/388kcal約13%/344kcal
主原材料チキン/七面鳥/魚などチキン&サーモンのみ
コスパ(1.8kgあたり)約3,700円3,168円

大きな差はないですが、万能なのはモグワンです。
とくにコスパ・安全性の面でウェルネスに勝っています!

ただ、運動をよくするアクティブ犬には、エネルギーやタンパクがより必要なので、ウェルネスの方が優れていると言えるでしょう。

このように、完全に優劣はつけれないので、愛犬の生活スタイルで決めるのがおすすめです!

愛犬

どっちの商品も、犬にとって意味のある食事なのは、間違い無いんだけどね♪

ウェルネスの総合評価

ウェルネスの評価
栄養価(4.5点)
(4.5)
安全性(4点)
(4.0)
コスパ(3.5点)
(3.5)
総合評価(Aランク=4.0点)
(4.0)

動物性タンパクが豊富で、栄養バランスも良く、安全性に問題がないことから、Aランクのドッグフードと認定しました。

高品質な餌なので、ぜひ愛犬に食べさせてあげて欲しい商品です!


ウェルネス ドッグフード 小型犬成犬用 (1歳〜6歳)1.8kg 当社専売品

ドッグフード ウェルネス まとめ

いかがだったでしょうか?

ドッグフード ウェルネスは、決して安くはないですが、そこそこの値段で愛犬の食生活を、素晴らしいものに変えてくれます。

誰にでもおすすめ出来る、Aランクのドッグフードなので、ぜひチェックしてみて下さいね!

それでは以上になります。
何か質問などありましたらTwitter(藤ト@fujikennel)までどうぞ!

ブッチ ドッグフードの評判は?どんな犬におすすめ?【徹底評価】 オリジン ドッグフード(オリジナル)|評価や、最安値での入手法 カナガン ドッグフード|口コミや忖度なしの徹底評価 ドッグフード ロータス|成分や安全性を徹底評価

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です