2019年 買って良かった犬のグッズ 10選

ドッグフード|愛犬へのおすすめ度が最高評価の3つの商品

こんにちわ、藤トです。

今回は愛犬にぜひ食べさせたいおすすめ度最高のドッグフードを3つ紹介します。
どれも最高の商品ですが、それぞれ違ったメリットを持つので飼い主さんの理想に合わせて選べば問題ありません。

ドッグフード評価のチェック項目

  • 栄養価
  • 安全性
  • コストパフォーマンス

この3つの性能に優れたドッグフードを紹介していきます。
それぞれの部門で一番優秀なドッグフードが今回紹介する商品になります。

・それぞれの項目(栄養価、安全性、コスパ)に特化した商品。

・ドッグフードランキング上位を占めている3つの製品の特徴の違い。

愛犬へのおすすめ度が最高のドッグフードとは?

今回紹介する商品は以下の共通点があります。

  • 穀物不採用。
  • 危険&好ましくない素材なし。
  • 栄養基準(AAFCO)クリア。
  • ドッグフードランキングで最高の評判。

これらは質の高いドッグフードに求められる条件の一部です。
商品を紹介するまえに、おすすめ度が高い商品は他のものと何が違うのかを解説していきます。

穀物不採用(グレインフリー)

穀物には以下のような問題があります。

  • アレルギーを引き起こす可能性。
  • 消化不良を引き起こす可能性。
  • 炭水化物なので肥満になりやすい。
  • 粗悪ドッグフードのカサ増しに使われる。

穀物アレルギーや、消化不良がない犬であれば食べても問題はないのですが、特別に必要とされる栄養素もないので摂取しないに越したことはありません。

危険&好ましくない素材の使用

危険な素材が入っているのは問題外ですので、絶対に愛犬に与えることをオススメしません!

<危険な素材例>

  • 酸化防止剤、着色料など。
  • 4Dミート(死んだ動物や、病気もちの動物の肉)
  • タマネギ、キシリトールなどの素材

他にもあります。


好ましくない素材は、摂取しても大きな害はないですが少ないに越したことはありません。
商品の値段と安全性を考慮しながら妥協ラインを決めましょう。

好ましくない素材>

  • ミール(部位などの詳細がわからない肉)
  • タンパク加水分解物(発ガン性物質を含む可能性)
  • 塩、砂糖、ビートパルプ
  • 穀物(アレルギー、消化不良、残留農薬の可能性)

など挙げたらキリがないくらい存在します。

栄養基準(AAFCO)

全米飼料検査官協会(AAFCO)はドッグフードの栄養基準を定めています。

例)粗タンパク質と粗脂肪の基準

 粗タンパク質粗脂肪
AAFCO基準成犬 18.0%

子犬 22.5%
成犬 5.5%

子犬 8.5%

AAFCO基準で定められている値は低めであると言われているので、余裕持ってクリアしているのが望ましいです。

ドッグフードランキングなどでの評判

ドッグフードランキングが全てな訳ではありませんが、いろいろなブログやサイトでの口コミや評判などは商品を選択する際の大きな指標になります。

愛犬へのおすすめ度が最高なドッグフードの紹介

それでは質の高いドッグフードの基準についての話が終わったので、早速愛犬へのおすすめ度の高い商品を紹介していきます。

栄養価最高部門

栄養価◎ 他にないタンパク含有率の高さ!

ドッグフード|オリジン(全種類)

評価ランクA
【4.3点】
主原材料肉(商品によって異なる)
値段340g 1,300円
2kg 6,000円
5.9kg 14,500円
11.3kg 21,000円

※オリジナルの場合

特徴

  • かなり豊富なタンパク質(オリジナルは38%)
  • 原材料も動物の肉を使用した動物性タンパクがたっぷり。
  • 価格は高いが、安全性と栄養価は満点評価。

ドッグフードのタンパク質の含有率は約20〜30%であること殆どなので、オリジンはかなり割合が多いです。
全8種類存在し、子犬・シニア犬・肥満犬向けのフードまであるのでバリエーション豊かなのも評価が高いです!


<こんな人へおすすめ>

  • 1日の運動量が多いアクティブ犬。
  • とにかく高栄養で安全性の高い食事をさせたい。
  • 割安の大容量商品があるので大型犬など。

<こんな人には不向き>

  • あまり運動をしない犬(過剰な栄養)
  • 種類が多すぎるので選ぶのが面倒な人。
  • 高いドッグフードは経済的に厳しい人。

【オリジン公式サイトで購入】

安全性最高部門

人間が食べれるレベルで高い安全性を誇る!

ドッグフード|モグワン 

モグワンドッグフード

評価ランクS
【4.9点】
主原材料チキン&サーモン
値段定期コース3,168円(最安値)

特徴

  • ヒューマングレード(人間でも食べれるレベルの安全性)
  • 栄養バランスも価格も全てが高水準。
  • 定期コースは自由自在に停止、再開出来る。

さきほどのオリジンに比べるとタンパク含有率は低いですが、モグワンの栄養価は全ての犬に合った性能をしており、バランスも良いので問題ありません。
一般家庭で飼っている普通の愛犬にはオリジンよりモグワンの方が適しています。

<こんな人におすすめ>

  • 普通の一般家庭で飼っている愛犬用として。
  • とにかく最高レベルの安全性を求めている。
  • 高すぎるドッグフードを買いたくない。

<こんな人には不向き>

  • 大型犬を飼っている人(かなり値段が高くなる)
  • 一番コスパが良い商品を選びたい。
  • チキンやサーモンにアレルギーがある犬。

【モグワン公式サイトで購入】

コスパ最高部門

モグワンと同じ値段で200g量が多いコスパの良さ!

ドッグフード|カナガン

カナガンドッグフード

評価ランクS
【5点】
主原材料チキン
値段定期コース3,168円(最安値)

特徴

  • モグワンと同じ価格で200g容量が多い。
  • 安全性、栄養バランス、価格ともに最高水準。
  • 自由自在に定期コースを再開・停止可能。

モグワンとの差別化は安全性とコスパです。
安全性がより高いのがモグワン、コスパがより高いのがカナガンです!

<こんな人におすすめ>

  • 最高のドッグフードを少しでも安い維持費で納めたい。
  • 安全性は求めるけど、人間が食べれるレベルじゃなくて良い。
  • 普通に一般家庭で飼っている愛犬に与えたい。

<こんな人は不向き>

  • 完璧な安全性を求めている。
  • チキンにアレルギーがある。
  • 大型犬を飼っている人(値段がかなり高い)

【カナガン公式サイトで購入】

おすすめ度の高いドッグフードまとめ

今回紹介したドッグフードはどれも食いつきに関する評価が高く、おすすめ度が最高なので、どれを選んでも問題はありません。
個人的な意見ですが、犬の餌を人間が食べることなんてないので十分な安全性があるカナガンが一番コスパが高く汎用性が広いので薦めます!

それでは以上になります。
何か質問などありましたらTwitter(藤ト@fujikennel)までどうぞ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です