MENU

カデコリー

2019年 買って良かった犬のグッズ 10選

シェパードってどんな犬?性格や飼いやすさなどを評価

こんにちわ、藤トです。

みなさんはジャーマン・シェパード・ドッグってご存知ですか?
警察犬や軍用犬などの作業をする犬としてTVなどで特集されることも多いので有名な犬種です。
知能が非常に高く、飼い主に対する忠誠心や服従心が強いので、正しい飼い方をすれば頼もしいパートナーになってくれるでしょう!

シェパードは他にもホワイト・スイスシェパードや、オーストラリアンシェパードなど色々種類が存在しますが、今回はジャーマン・シェパードの性格や飼いやすさについての話をしていきます。

シェパードってどんな犬?

ジャーマン・シェパードは育った環境が性格の形成を大きく左右する犬種です。
生まれてから飼い主に引き渡されるまでに正しい飼い方をしていないと問題犬になってしまう可能性が高いので信頼出来るブリーダーなどから迎え入れましょう。

性格の傾向

正しい環境で育ったジャーマン・シェパードの4つの性格の特徴。

  1. 勇気があってどんな事にも挑戦していける。
  2. 主人に忠順でコントロールしやすい。
  3. 意外と怒られると打たれ弱い一面もある。
  4. 知能が非常に高く、指示に対して柔軟な対応が出来る。

頭が良くて、忠実で勇敢ってところはなんとなくイメージ通りですが、意外と打たれ弱いのはギャップですね。

体重/体高

大型犬なので、他の犬種に比べて相当体が大きいです。

 体重体高
オス30〜43kg60〜65cm
メス25〜33kg55〜60cm

小学生くらいの子供より遥かに大きく、高校生男子と同じくらいのサイズはありそうです。
見た目の迫力も凄いので、飼う際は近所の子供たちを怖がらせないように注意しましょう!

毛色/毛質

ジャーマン・シェパードのカラーはブラック系が4種類存在します。

  • ブラック
  • ブラック&タン
  • レッド&ブラック
  • ブラック&シルバー

他にセーブル、グレーの色もあります。

被毛はダブルコートなので抜け毛が多く、最近が繁殖しやすいのでやや体臭が気になる場面もあるでしょう。

寿命

約10〜13年。
大型犬は小さい犬種より全体的に寿命が短い傾向にあります。

シェパードの飼い方

ジャーマン・シェパードは愛玩犬とは違い、しつけを行うことを前提に飼う必要があります。
主導権を握られるととんでもない問題犬に成り果ててしまう可能性が高いので、必ずある程度の知識を積んでから飼い始めましょう。

しつけ

オスワリ、マテなどの基本的なコマンドはコントロールがしやすくなるので必ず習得させましょう。
飼い始める前から仔犬のしつけ手順を決めておくとスムーズに進みます。

十分な運動

警察犬や災害救助犬などとして働くことが出来る作業犬なので、1日の運動も相当量必要です。
1日2回以上の長時間の散歩(ランニング)を基本とし、ボール遊びやアジリティなどのスポーツも取り入れて体を動かしましょう。

また雨の日は室内で引っ張りっこなどの最低限の遊びをしてあげましょう。

トレーニング(訓練)

ジャーマン・シェパードは賢いが故に、飼い主との関係がしっかり出来ていないと訓練が上手く行かない時もあります。
まずは飼い主が頼れるリーダーポジションを取ることから始めましょう!

互いの信頼関係を築くことが出来れば、レベルの高いフリスビーやアジリティなどのドッグスポーツを楽しめるのが魅力的です!
犬との遊びの基本のレトリーブを教えることから始めていきましょう!

シェパードとの生活面での注意点

ここまでの話だと、ジャーマン・シェパードの飼育は大変そうに思えるかもしれませんが、信頼関係を築けてさえしまえば最高のパートナーになります。
しっかり育てていける自身がある人には凄くおすすめの犬種です!

しかし、いざ飼い始めるとしつけや訓練以外でも問題は起きます。
最後に世話をする上での注意点をいくつか紹介します。

部屋が汚れる

ダブルコートなので抜け毛が非常に多いです。
体も大きいので想像以上の毛の処理をする必要があるでしょう!

ジャーマン・シェパードは基本的に室内飼いになるので、日頃から掃除をしておかないと部屋中が毛だらけになってしまいますね。
時間がない人にはお掃除ロボットがおすすめです!

ルンバe5 (e515060)

サイズ52.2 x 43.6 x 14.4 cm
重量5.58kg
吸引力5倍
価格52,268円(記事更新時)

<主な3つの機能>

  • wifi&音声操作対
  • 洗えるダスト容器
  • 毛が絡まりにくいブラシ

必要な性能はすべて満たしていて、申し分ない性能なのでルンバを購入するのであればe5で良いかなと思います。
もちろん犬の抜け毛回収以外の用途にも使えるので、日常の掃除を任せてることも出来るので購入して損をすることはないでしょう。

Amazonで購入

匂いが気になる

大型犬なのでどうしても若干の匂いやすさはあります。
毛もダブルコートで、よだれも多めなので細菌が繁殖しやすいのも原因でしょう。

特別臭いが強烈な犬種ではありませんが、若干の臭さは覚悟しておきましょう。

食費が結構かかる

体が大きいので必要な食事量も比例して増えます。
たっぷり運動をさせながら飼う犬種なので高タンパク&エネルギーな餌を選ぶのが条件になります。
粗悪なフードなら安く買えますが絶対に勧めません、多少価格は上がりますが大容量パックで割安になるアカナのドッグフードをオススメします!

アカナより高品質でタンパク質の含有量が多いオリジンのドッグフードもありますが、値段が高いので好みで選んで問題ありません。

排泄量が多い

大型犬なので当然ウンチやおしっこなどの排泄量は多いです。
想像以上に大きな排泄物が出てくるのでトイレシートも大きなものが必要になります。

片付けが少し大変なのもありますが、そういった諸費用もかかることを覚えておいて下さい!

まとめ

いかがだったでしょうか?
ジャーマン・シェパードは可能であれば広い庭付きの家でのびのびと飼ってあげたいですが、今の日本の住宅環境だと厳しい状況にあります。
飼うのにも色々な条件がある犬種なので実際に飼育するのは難しいですが、最高のパートナーになってくれる犬です。

それでは以上になります。
何かジャーマン・シェパードについてや、その他の質問などありましたらTwitter(藤ト@fujikennel)までどうぞ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です