2019年 買って良かった犬のグッズ 10選

なぜ犬のブリーダーを選ぶのがいいの?失敗しない見極め方を紹介

こんにちわ、藤トです!

「仔犬を迎え入れたいけど、どんなブリーダーを選べば良いのか分からない」
「しっかりパピーを選びたいから、専門的知識が豊富な人を選びたい」

今回は仔犬のブリーダー選びについて悩んでいる方に向けての記事です。

この記事でわかること
・良質なブリーダーを見極める方法。

犬専門ブリーダーを選ぶべき理由

ペットショップの方が手軽に子犬を選べるのに、どうしてブリーダーを選ぶ必要があるのでしょうか?

ブリーダーを選ぶメリット

子犬選びにブリーダーを選ぶ4つのメリットを紹介します。

  1. 特定の犬種に対して専門的な人が多い。
  2. ブリーダー自身が愛犬家である可能性が高い。
  3. 子犬が社会期を兄弟や母犬と過ごせる。
  4. 親犬が見れるので、成犬時の姿が想像しやすい。

順番に解説していきます。

特定の犬種に専門的な人が多い

ブリーダーは基本的に特定の犬種しかブリーディングしていません。
必然的に専門性が高まるので知識が豊富な人が多いです。

ブリーダー自身が愛犬家である可能性が高い

ブリーダー自身が犬好きでドッグスポーツの大会や、イベントなどに参加している人も多いくらいに愛犬家が多いです。
犬が好きだからこそ知識が豊富になっていくのでしょう!

子犬が社会化期を家族と過ごせる

子犬時期を母犬や兄弟たちと過ごすのは、犬として優れた性格を形成していくのに大切な要素です。
ペットショップ出身の子も十分に家族と過ごせていた可能性はありますが、確認をとれないのでブリーダーを推奨しています。

母犬と会えるので成犬時の姿が想像しやすい

遺伝子が同じなので基本的に両親の特徴を受け継いで生まれてくるので、両親犬を見ることで子犬の将来の姿が想像付きます。

犬が成長して理想見た目や性格と違ったなどのトラブルを回避しやすいです。

オススメのブリーダーサイト紹介

いろいろなブリーダーサイトが存在しますが、記載されてある情報量が豊富で、ユーザーからのレビュー数も多いみんなのブリーダーが一番おすすめのサイトです。

犬専門ブリーダー選びで確認すべきポイント

良いブリーダーを選ぶには、チェックしておくべきポイントがあります。

webサイトでチェックすべき3つのポイント

WEBサイトからでも得られる有効な情報は沢山あります。
まずはじめにチェックすべき3つのポイントを紹介します!

  1. 犬舎の見学が可能である。
  2. 両親犬に遺伝疾患などがない。
  3. 子犬の状態が明確に記載されている。

ちゃんとしたブリーダーは、しっかり自己PRをしているので情報は得やすいです。
逆にこれらのポイントですら記載がないのであれば信頼性に欠けます。

実際犬舎に見学しにいった際のチェックポイント

犬舎見学で自分で得た情報はかなり信頼性が高いです。
チェックするべき4つのポイントを紹介します!

  1. ブリーダーの人柄。
  2. 犬舎の清潔感。
  3. 親犬に会わせてもらう。
  4. 可能であれば兄弟犬にも会っておく。

子犬が人間から菌を貰う可能性を下げたり、その日の子犬の体調によっては会わせてもらえない場合もあるので注意しておきましょう。

まとめ

いかがだったでしょうか?
今回はブリーダーを選ぶメリットと、選ぶ際にチェックすべき項目について話をしました。

なかなかブリーダー探しは大変ですが、専門的な知識をもった人からアドバイスをもらえる場合もあるので、今後しつけをしていく上でも役に立ちます。
人生を共に歩むパートナー選びなので慎重に話を進めていきましょう!

どうしてもブリーダーがダメな場合は、良質なペットショップの選び方で店を探してみてくださいね!

どちらを選べば良いかわからない人はペットショップとブリーダーの比較記事を読んでみてください!
それぞれの適した選び方などを紹介しています。

これで以上になります!
何か質問などありましたら遠慮せずにTwitter(藤ト@fujikennel)までどうぞ!

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です